Home Automation

  • Xiaomi、今度は858ドルのMacbook Proライバル機でAppleに対抗

    Xiaomi、今度は858ドルのMacbook Proライバル機でAppleに対抗

    本日(米国時間9/10)中国のIT大手Xiaomiは、Appleに何本もの矢を放った。同社はスマートフォンに続き、Macbook Airに対抗する低価格Windows機を発表した。 続きを読む

  • Parrot Bebop Drone Review

    ParrotのBebopドローンが自律飛行できる…カメラの向き(視点位置)も設定可能

    Parrot Bebopが今や自分で飛べる。Flight Modeを買ったら、Bebopのオーナーはウェイポイントを送信して、あとはドローンが自律飛行をするのを見守るだけだ。そのためにはアプリ内購入でFlight Planというアップグレードをしておくこと。20ドルだ。 モバイルアプリを何度かプレスして、航路や高度をセットする。作業はドラッグ&ドロップだけだ。HDカメラの視点もセットできる。 続きを読む

  • 新型機Roomba 980は家中をマッピングして‘ぶつかり認識’を減らす

    新型機Roomba 980は家中をマッピングして‘ぶつかり認識’を減らす

    今あなたが寝ていることが分かるし、起きてることが分かるし、子どもがシリアルをカウチの横にこぼして、それを犬で隠したことも分かる。Roombaの最新モデルRoomba 980は、円形のロボット掃除機に新しい仕掛けを加えている。前のモデルは物にぶつかったり、階段の端に来ると方向を変えたが、新型機の980には低解像度のビデオカメラがあって、ユーザの家の“地図”を作り、何がどこにあるかを覚え、仕事をしながら部屋のレイアウトを確認している。 新型Roombaは“仮想同時位置認識および地図作成(visual simu… 続きを読む

  • ガジェット紹介:スマートフォンを風力で充電するTrinity他

    ガジェット紹介:スマートフォンを風力で充電するTrinity他

    編集部注: Ross Rubinは、テクノロジー、メディア、および通信のコンサルティング会社、Reticle Researchの主任アナリストで、Backerjackのファウンダー。彼のブログはTechspressive。Backerjackは、毎週3件のIT系クラウドファンディングのニュースを紹介している。 ALYTは、声で制御するスマートホーム 続きを読む

  • Revolveは手頃な価格で簡単にスマートホームを実現する―モノのインターネット、さらに一歩前進

    Revolveは手頃な価格で簡単にスマートホームを実現する―モノのインターネット、さらに一歩前進

    ホームオートメーションという考えは別に新しいものではない。何十年も前から家庭の器具や設備をインターネットに接続しようとする努力が続けられてきたが、たいていは手間や価格に見合わない効果しか得られなかった。しかしそこに「モノのインターネット」(Internetof Things)が登場した。 スマートスピーカーのSonos、スマート照明のHue、スマートロックのKwiksetなとはどれもロケット科学者でなくても誰でも簡単に設定して利用できるプロダクトだ。箱を開いて説明書のとおりにスマートフォン・アプリをインストールするだけでよい。すばらしい。… 続きを読む

  • Googleの壮大なホームオートメーション事業Android@HomeとNexus Qはどうなった?–復活のきざしはあるが

    Googleの壮大なホームオートメーション事業Android@HomeとNexus Qはどうなった?–復活のきざしはあるが

    2年前2011年のGoogle I/Oカンファレンスで同社のVic Gundotraがキーノートで発表したAndroid@Homeは、その日の大きなサプライズの一つだった。それは、Googleがホームオートメーション市場に参入することを意味していた。そして同じキーノートで発表されたのが、のちにNexus Qと呼ばれるもののプロトタイプだ。それは“ソーシャルストリーミングメディアプレーヤー”と呼ばれ、翌2012年のI/Oでは来場者全員にプレゼントされた。 そして、ビデオを早回しして今日(米国時間3/24)、今年のI/Oま… 続きを読む

  • モバイルからのホームオートメーションはOSのレベルにあるべきだ

    モバイルからのホームオートメーションはOSのレベルにあるべきだ

    The Wall Street Journalの昨日の記事によると、今AppleもMicrosoftもGoogleも、ある一つのスタートアップを虎視眈々とねらっているかもしれない。そのスタートアップの名前は「id8 Group R2 Studios Inc.」、レーダーに映らない低空飛行を続けている、この分かりにくい名前の会社は、モバイルデバイス向けのホームオートメーションソフトを作っている。では、テク業界の最大の鮫たちがこのR2 Studiosのまわりをぐるぐる泳いでいるのは、なぜか? AndroidやiOSに代表されるモバイルオペレーティングシス… 続きを読む