Internet-Explorer

  • FirefoxがMicrosoftのIE + Edgeを抜く、しかしChromeの市場支配は続く

    FirefoxがMicrosoftのIE + Edgeを抜く、しかしChromeの市場支配は続く

    Microsoftは今日のインターネットに合った新しいWebブラウザーを作ったのかもしれないが、しかしEdgeを開発しInternet Explorerのプライオリティを下げるという決定は、ライバルたちを利したようだ。それが少なくとも、StatCounterが今日新たに発表した調査報告書の主旨だ。この著名なインターネット調査企業によると、今回初めて、MozillaのFirefoxブラウザーがEdgeとInternet Explorerを合わせたマーケットシェアを上回った。 StatCounterは毎月、300万のWebサイトとその推定150… 続きを読む

  • Microsoftが今日でWindows 8とInternet Explorer旧バージョンのサポートを終了

    Microsoftが今日でWindows 8とInternet Explorer旧バージョンのサポートを終了

    MicrosoftのWindows 10普及活動は、今もまだ続いている。今日(米国時間1/12)は同社はWindows 8のサポートを終了し、またWebブラウザInternet Explorerの旧バージョンIE 8, 9, 10のサポートも停止した。もちろんこれらのソフトウェアは、ユーザの手元にあれば依然として使えるが、バグフィックスやそのほかのセキュリティパッチのアップデートはもはや行われない。OSとブラウザを最新バージョンにアップグレードしなければ、マルウェア被害のおそれがある、とMicrosoftは警告している。 同社のWebサイトでMic… 続きを読む

  • Mozilla CEO、Windows 10の既定ブラウザー変更について、マイクロソフト宛に怒りのオープンレターを公開

    Mozilla CEO、Windows 10の既定ブラウザー変更について、マイクロソフト宛に怒りのオープンレターを公開

    Windows 10に塔載されたEdgeによって、Microsoftはついに、年を重ねたInternet Explorerに代わるべきブラウザーを提供した。MicrosoftはWindows 10を愛するあまり、EdgeをWindows 10のデフォルト(既定の)ブラウザーに設定した。これはChromeやFirefoxをデフォルトにしていたシステムからアップグレードした場合でさえそうなる。驚くべくもなく、Mozillaは不快感を示し、CEO Chris Beardは今日(米国時間7/30)、MicrosoftのCEO Satya Nadella宛のオ… 続きを読む

  • ブラウザから使えるSkypeの公開ベータがまず合衆国とイギリスから提供開始

    ブラウザから使えるSkypeの公開ベータがまず合衆国とイギリスから提供開始

    Skypeのビデオ/音声通話とIMが、Webから使えるようになる。その、Webアプリケーション版Skypeのブラウザ上のクライアントを、今日から公開ベータで使える、と同社が発表した。この人気絶大なるチャットと通話サービスのWebバージョンが出たのは昨年の終わりごろだったが、これまではアクセスを招待者に限定していた。それが今日からは、合衆国とイギリスのユーザを皮切りに、誰もが利用できるようになる。 続きを読む

  • Microsoftは今後のブラウザ(IEとSpartan)で“Do Not Track”のoffをデフォルトにする

    Microsoftは今後のブラウザ(IEとSpartan)で“Do Not Track”のoffをデフォルトにする

    Microsoftが今日(米国時間4/3)、Internet Explorerの今後のバージョンとSpartanでは”Do Not Track“機能*を、デフォルトではonにしない、と発表した。〔*: Do Not Track, Mozillaによる説明。〕 続きを読む

  • Googleサイトを訪れるユーザーの5%は広告マルウェアに感染している

    Googleサイトを訪れるユーザーの5%は広告マルウェアに感染している

    Googleがカリフォルニア大バークレー校と協力して行った研究によると、Googleのサイトやサービスを訪れた人の5%が、ブラウザーにアドインジェクター[広告挿入ツール]を1つ以上インストールされていた。 マルウェアの中では、アドインジェクターは比較的無害に思われがちだ。例えば、Google検索ページに本来そこに属さない広告を挿入する。迷惑ではあるが危険とは感じられない。しかし、実はアドインジェクションのやっていることはLenovoのSuperfishがやっていたことと変わらず、Superfishはユーザーに大きなセキュリティー問題を引… 続きを読む

  • Internet Explorerは死なず―しかしエンタープライズの闇に消えていくらしい

    Internet Explorerは死なず―しかしエンタープライズの闇に消えていくらしい

    一部の報道とは違ってInternet Explorerは死ぬわけではない。 しかし、いわば、シュレディンガーのブラウザとなり、半分生きて半分死んだ状態になる。 意味がわからない? テクノロジーの奇妙な世界にようこそ! つまりこういうわけだ。MicrosoftはコードネームSpartanという新しいブラウザを開発中で、これは現在プレビュー版が公開されている次世代OS、Windows 10の一部として提供される予定だ。 続きを読む

  • Microsoft、Internet Explorerではない新ブラウザを開発中との情報

    Microsoft、Internet Explorerではない新ブラウザを開発中との情報

    ZDNetのMary Jo Foleyの最新記事 によれば、MicrosoftはSpartanというコードネームのまったく新しいブラウザを開発しているという。 Foleyによれば、Spartanは「まったく新しいプロダクトであり、Internet Explorerではなく、Windows 10にバンドルしてリリースされる」そうだ。簡単にいえば、MicrosoftはInternet Explorerのレンダリング・エンジンを利用したより軽量で高速なブラウザを開発しているようだ。 続きを読む

  • マイクロソフトは、IEの名称変更を検討していた!

    マイクロソフトは、IEの名称変更を検討していた!

    RedditのAMA(何でも聞いてください)セッションで、Internet Explorerチームが、ブラウザーの再ブランド化を検討していたことを暴露した。Internet Explorerが世間から悪いイメージで見られているのでは、という質問に答えたコメントの中で語られた。 続きを読む

  • Internet Explorerのデベロッパチャネルが開設; 事前フィードバックの獲得と対応を重視

    Internet Explorerのデベロッパチャネルが開設; 事前フィードバックの獲得と対応を重視

    Microsoftが今日(米国時間6/16)、 Internet Explorerのデベロッパチャネルを立ちあげたことを発表した。 メジャーなブラウザの多くに複数のリリースチャネルがある中で、これまでIEは、新バージョンのリリースの数週間前にプレビューバージョンをリリースするだけだった。今度からそれが変わる。 続きを読む

  • IEの次期バージョンではHTTP/2、Web Audio、JavaScript Promisesを実装、WebRTCは予定なし

    IEの次期バージョンではHTTP/2、Web Audio、JavaScript Promisesを実装、WebRTCは予定なし

    今年初めのデベロッパカンファレンスBuildでMicrosoftは、Internet Explorerの今後のバージョンに関しては、導入を検討している新しい機能ついて積極的に情報開示をする、と約束した。そのとき同社は、そのためにstatus.modern.ie(GoogleのChromium Dashboardのようなもの)の初期的バージョンをローンチし、そして今日(米国時間5/28)は、このサイトのベータ期間の終了を告げた。サイトの一般公開は大事件ではないが、それと同時にMicrosoftは、IEの次のバージョンに導入される機能のリスト… 続きを読む

  • Microsoft、IEの深刻な脆弱性の修正アップデートをリリース―特例でXPユーザーにも

    Microsoft、IEの深刻な脆弱性の修正アップデートをリリース―特例でXPユーザーにも

    今日(米国時間5/1)、MicrosoftはInternet Explorerの極めて深刻な脆弱性を修正するアップデートをリリースした。この脆弱性はIE6以降のすべてのバージョンに存在するとあって、先週、l世界的に大問題となった。 < 続きを読む

  • MicrosoftはみんなにInternet Explorerを見直してほしいのでデモ集積サイトRethink IEをローンチ

    MicrosoftはみんなにInternet Explorerを見直してほしいのでデモ集積サイトRethink IEをローンチ

    Internet Explorerは長年、自業自得の悪評に悩まされてきたが、Microsoft自身もそのことを十分自覚していた。しかしIE9以降は、かなり良いブラウザになり、最新バージョンはWebのオープンな規格に準拠し、きわめて高速なJavaScriptエンジンを実装、タッチのサポートなど新しい機能も加えた。しかしそれでもIEは、Microsoftにとってすら、いまだに”嫌うことが好まれる“ブラウザだ。 昨年あたり、とくにIE11のローンチ直後から、MicrosoftはRed BullやAtari、GlacierW… 続きを読む

  • Internet Explorer 6の市場シェアが5%未満に。但しレガシー問題は続く

    Internet Explorer 6の市場シェアが5%未満に。但しレガシー問題は続く

    Internet Explorer 6は、まだ世の中に生き残っている。しかしいよいよ最期の時が迫っているようだ。実際のところ、未だにIE6に苦しめられているウェブ開発者も多いが、しかしNet Applicationsの最新データによれば、全世界での市場シェアは5%未満に低下している。 続きを読む

  • タッチが面倒で8にアップしないWin7ユーザ向けにIE10がリリース, CMもタッチを強調

    タッチが面倒で8にアップしないWin7ユーザ向けにIE10がリリース, CMもタッチを強調

    人を長く待たせたMicrosoftが今日(米国時間2/26)やっと、Internet Explorer 10を全世界のWindows 7ユーザに提供する、と発表した。これまではWindows 8だけだったが、昨年11月にはWindows 7用IE10のプレビューバージョンがローンチした。今日リリースされるのは、公式バージョンである。なお、全世界で7億人以上いるIE9のユーザと、前記プレビューバージョンのユーザに対しては、自動アップデートが始まる。 プレビューバージョンのユーザには自動アップデートがすぐに始まり、そのほかのWin7ユーザには今後数週… 続きを読む

  • WebKitの独占状態の是非

    WebKitの独占状態の是非

    Operaが自前のレンダリングエンジンの開発を停止し、オープンソースのWebKitエンジンを採用することにしたというニュースは各所から大いに注目を集めた。WebKitはGoogleのAndroid向けブラウザでも、またAppleのiOS向けブラウザにも採用されている。すなわちモバイル環境においては、既に事実上の標準の地位を獲得している。そしてさらにその触手をデスクトップ環境にも伸ばしつつあるところだ。既にChromeは、Tridentを採用しているMicrosoftのInternet Explorerや、MozillaのGeckoを採用… 続きを読む

  • 古いIEでも無事動くか?–Webサイトの互換性テストサービスmodern.IEをMicrosoftが立ち上げ

    古いIEでも無事動くか?–Webサイトの互換性テストサービスmodern.IEをMicrosoftが立ち上げ

    Microsoft自身がいくら変えたいと思っていても、いまだに古いバージョンのInternet Explorerを使っている人は多い。そのためデベロッパは、自分のWebアプリケーションが、たとえばIE7やIE8で無事に動くよう、テストや手直しに余計な時間をかけなければならない。IE9とIE10は、Microsoftが懸命にHTML5やCSS3などの標準規格の忠実な実装に努力した。そして、今や古いIEの問題を自覚した同社は、“デベロッパが自分のサイトをInternet Explorerとそのほかの現代的ブラウザで確実に動くように… 続きを読む

  • Google AppsがInternet Explorer 8のサポートを打ち切る–ブラウザ対応方針を発表

    Google AppsがInternet Explorer 8のサポートを打ち切る–ブラウザ対応方針を発表

    今日(米国時間9/14)Google Appsのチームが、今後はInternet Explorer 8とそれより下をサポートしないと発表した。ありがたい。これは、Google Appsを使っている人たち全員に影響が及ぶ。企業も、教育機関も、政府機関も。サポートの取り下げは、公式には11月15日から、Internet Explorer 10のロンチから数週間後だ。 これからは、Internet Explorer 8の上ではGMailもCalendarもDriveも、何もかも使えない。やれやれ。すっきりするね。 以下は、Google Appsチームの発表声明だ… 続きを読む

  • オーストラリアのネットショップKoganがIE7のユーザに購入価格の6.8%を懲罰課税

    オーストラリアのネットショップKoganがIE7のユーザに購入価格の6.8%を懲罰課税

    オーストラリアのオンラインショップの開拓者として20代で大富豪になったRuslan Koganは今、消費者電子製品の製造販売サイトKogan.comのファウンダとして、1億ドルあまりの年商を誇っている。しかしこの際重要なのは、そんなことよりも彼が騒ぎを起こすことが大好きで、自分がだめだと思ったものをやっつけるのを恐れないことだ。 そんなKoganが今日(米国時間6/13)のブログ記事で、彼の会社が世界で初めてサイトのユーザに“Internet Explorer税”を課す、と発表した。ジョークのようだが彼は真剣だ。彼は… 続きを読む

  • MicrosoftのXbox 360が世界でもっとも売れているゲームマシンになった―秋には専用IEブラウザを搭載へ

    MicrosoftのXbox 360が世界でもっとも売れているゲームマシンになった―秋には専用IEブラウザを搭載へ

    MicrosoftはE3プレス発表会でheMicrosoft Xbox 360のセールスが北米のトップからPS3とNintendo Wiiを抜いて世界のトップに躍進したと発表した。この成功はKinectとXboxで視聴できるメディア・コンテンツの充実によるところが大きいということだ。 ロサンゼルスのGalen Centerで開催されたMicrosoftのプレス・イベントではHalo 4などの新ゲームに加えて新機能も数多く発表された。その1つがIEのXbox360への搭載だ。実現するのはこの秋になるという。 MicrosoftのMarc Whitten… 続きを読む

  • Google Apps、Firefox 3.5、IE7、Safari 3のサポートを8/1以降中止へ

    Google Apps、Firefox 3.5、IE7、Safari 3のサポートを8/1以降中止へ

    昨年、GoogleはGoogleドキュメントとGoogleサイトでのIE6のサポートを中止した。今日(米国時間6/1)、 Googleは旧世代ブラウザのサポートに関する大きなな決定を発表した。それによると、来る8月1日以降、Google AppsはFirefox 3.5、IE7、Safari 3、およびそれぞれのそれ以前のバージョンのブラウザのサポートを中止するという。 Googleは「Apps Suiteを含むGoogleの最新のアプリは旧世代のブラウザで正常に作動せず、ユーザー体験を損ねているため」と理由を説明した。例えば、Gmailの着信の… 続きを読む

  • IE上のChrome Frame…今日から公式安定版…のインストールが管理者権限不要になる

    IE上のChrome Frame…今日から公式安定版…のインストールが管理者権限不要になる

    Google Chrome Frameのコンセプトは大歓迎だ。それはGoogleからMicrosoftへの文字どおり”唾棄”の意思表明で、IEをGoogleのソフトに置き換えることによって、”おめえのソフトは今のWebじゃ使えねえよ”と言っている。MicrosoftはIE9で巻き返そうとしているが、それまでにすでに何年も経っている。だからGoogleは、それを待たずにFrameを投げ込んだ。いい度胸だね。 そのChrome Frameが、数か月のベータを終えて今日(米国時間9/22)正式に安定製… 続きを読む

  • IE9、ベータ版の公開に伴いダウンロードサービスも提供中

    IE9、ベータ版の公開に伴いダウンロードサービスも提供中

    この記事を読むような方は既にご存知かもしれないが、注目を集めているInternet Explorer 9がパブリックベータとして完全公開された。試してみようという方は、マイクロソフトの用意したBeautyOfTheWeb.comからベータ版をダウンロードすることができる。 既にレビューしたように、IE9は速度の面で改善されており、HTML5など最新の技術にも対応している。またUIもシンプルになっている。ちなみに現在のところはウィンドウズのみで動作し、標準の検索エンジンとしてBingが指定されている。 続きを読む

  • Internet Explorer復活!? 6月の統計で全世界における市場シェアが0.57%向上

    Internet Explorer復活!? 6月の統計で全世界における市場シェアが0.57%向上

    マイクロソフト社のInternet Explorerは、ここ数年シェアを失いつつあった。しかしどうやら6月にはその流れにストップをかけ、「復活」の兆しを示しつつあるようだ。上のグラフおよび統計データはNet Applicationsのレポートによるもの。 シェアの低下傾向の中にあっても、依然としてトップシェアを誇っているInternet Explorerが、Mozilla Firefoxのシェア低下をうけてその分のシェアを獲得している。Google ChromeおよびSafariについては堅実にシェアを伸ばす上半期となった。 続きを読む

  • Google、IEのChrome化に進展。Chrome Frameがベータ版に

    Google、IEのChrome化に進展。Chrome Frameがベータ版に

    昨年9月、Googleが興味深い(かつ、ちょっと笑える)新プロジェクトの初期段階を披露した。その名はChrome Frame。何をするのかと言えば、MicrosoftのInternet Explorerをプラグインを使ってGoogle Chromeに変えてしまおうというもの。今日(米国時間6/8)、そのプラグインが発展し、Googleが完全ベータ状態へと卒業させるレベルに到った。「本当に安定していると考えています」、とエンジニアのAlex Russelがベータ移行にあたって本誌にそう語った。 Chrome Frameを使うためにユーザーがやるべき… 続きを読む

  • IE6のシェア、欧米で5%を切る、IE8は上昇中、Chromeは6-7%

    IE6のシェア、欧米で5%を切る、IE8は上昇中、Chromeは6-7%

    Microsoftの厄介者のブラウザ、Internet Explorer 6は近く永遠の眠りにつけるかもしれない。そうなればウェブデベロッパーだけでなくMicrosoft自身も大喜びだ。. ウェブ調査会社のStatCounterが発表した最新の世界統計によると、 欧米におけるIE6のシェアは1年前の11.5%から4.7%へ半減した。一方、5月のアメリカでのIE8のシェアは30.5%と前年同期の8.5%から急増している。IE7のシェアも現在16.6%あるので、Microsoftにとっては悪くない状況だ。 続きを読む

  • Firefoxのシェアは今後大きく落ち込む: ファウンダの一人がそう予感している

    Firefoxのシェアは今後大きく落ち込む: ファウンダの一人がそう予感している

    Quoraは、製品に関して質問をすると、その製品の関係者のエライ人が答えてくれる便利な場所だ。ときどき関係者間の意見の不一致が公開されるという意味でも、グレートな場所である。今、Firefoxの未来をめぐって、ちょうどそんな状況になっている。 最近Quoraに、次のような質問が寄せられた: 3年ないし5年後にFirefoxのシェアは今の倍になっているでしょうか? 単純明快な質問だね。Mozillaの(もうすぐ退任する)CEO John Lillyの答えは「イエス」だ。しかしFirefoxの協同ファウンダBlake Rossは「ノー」だ。Quor… 続きを読む

  • MicrosoftがAppleやGoogleと同調"Webの未来はHTML5だ"–IE固有仕様がやっと一掃へ

    MicrosoftがAppleやGoogleと同調"Webの未来はHTML5だ"–IE固有仕様がやっと一掃へ

    本誌は、2010年がHTML5のビッグバンの年だなんて言ったっけ? HTML5はAppleとGoogleが大プッシュしているし、これからはMicrosoftもだ。Internet Explorer 9が出たときには、それはHTML5をサポートしており、Web全体への対応性もこれまでのIEに比べずっと良くなるはずだ。 “Webの未来はHTML5だ”、MicrosoftのIE担当ゼネラルマネージャDean Hachamovitchが、Webビデオに関するブログ記事にこう書いてる。Microsoftは今後もFlashをサポー… 続きを読む

  • Google製のJavaScript規格準拠テストでOperaとSafariがChromeより好成績

    Google製のJavaScript規格準拠テストでOperaとSafariがChromeより好成績

    昨年6月にGoogleが立ち上げたSputnikは、WebブラウザのJavaScript実装系の規格準拠性を5000項目以上にわたって試験するツールだ。先週Googleはこのツールの、Webブラウザの中で使えるバージョンを作ったので、誰もが簡単に使えるようになった。そして、それによる試験結果が、なかなかおもしろい。 中でもとくに、OperaとSafariはどちらもGoogleのChromeブラウザに勝った。上の図でお分かりのように、Operaはダントツで、エラーはわずかに78項目だった(的(まと)の中心に近いほど成績が良い)。Safar… 続きを読む

  • 3月4日にIE6の葬儀が厳粛に執り行われる予定―棺の中は空のようだが…

    3月4日にIE6の葬儀が厳粛に執り行われる予定―棺の中は空のようだが…

    長年にわたってウェブ・デベロッパーの頭痛の種だったInternet Explorer 6は徐々に姿を消しつつある。そしてなんと、近くその葬儀が執り行われる予定だ! コロラド州デンバーのデザイン会社、Aten Design Groupはそのための専用サイトをオープンした。 IE6funeral.com を訪問すると、IE6の葬儀に参列を希望するかどうか答えることができる。葬儀はデンバーにある同社の本社で執り行われるが、現地に出向くことができない場合は、花を贈れる。参列者は喪服を着用することが望まれている。 サイトの告知によると― 続きを読む