ISS

  • SpaceXの補給船、ISSから機器・データを無事回収

    SpaceXの補給船、ISSから機器・データを無事回収

    昨日(米国時間3/19)、SpaceXはISS〔国際宇宙ステーション〕へのCRS-10補給ミッションの最後の段階を実施した。2月19日に打ち上げられたDragonカプセルは2トンの物資および実験機器をISSに補給した。この数週間、ISSのクルーはペイロードを移動させるのに忙しかった。 続きを読む

  • SpaceXのDragon補給船、無事にISSにドッキング成功

    SpaceXのDragon補給船、無事にISSにドッキング成功

    日曜日にケネディー宇宙センターから2.5トンの観測機器などの物資を搭載して打ち上げられたSpaceXのDragon補給船はISS〔国際宇宙ステーション〕とのドッキングに無事成功した。Dragonは一度ISSに接近したもののGPS計器の示す値に異常があったためドッキングは一度中断された。 続きを読む

  • SpaceXのISS補給船がドッキングに失敗―金曜に再挑戦

    SpaceXのISS補給船がドッキングに失敗―金曜に再挑戦

    今日の明け方(米国時間2/22)、GPSに問題が起きてSpaceXのDragon補給船はISS〔国際宇宙ステーション〕とのドッキングに失敗した。補給船はISSから800メートル程度の距離まで接近していたが、ドッキングは中止された。NASAによればDragon補給船、ISSおよび乗員の安全に問題は生じていないという。 続きを読む

  • NASA、ISSに商用利用を予定する新ドックの設置作業中(ライブ映像あり)

    NASA、ISSに商用利用を予定する新ドックの設置作業中(ライブ映像あり)

    将来に予定されるISSの商用ロケット利用に備える準備のため、NASAの宇宙飛行士たちが作業を行なう。2017年よりボーイングやSpaceXなどによる人員の投入および帰還のために利用される予定の、新しいドックを準備するのだ。一般の企業がこのような行為を行うのは初めてのこととなり、ロシア独占の時代が変わることになる。 続きを読む

  • SpaceXが国際宇宙ステーション向けにBigelow社のゴムボート式居住区を打ち上げる

    SpaceXが国際宇宙ステーション向けにBigelow社のゴムボート式居住区を打ち上げる

    国際宇宙ステーション(ISS)への次回の物資補給に際して、SpaceXはBigelow Aerospaceが製作した膨張式の居住区を打ち上げる計画だ。4月8日に予定されているFalcon 9ロケットには「ビゲロー拡張式活動モジュール(Bigelow Expandable Activity Module, BEAM)が折り畳んだ状態で搭載される。宇宙ステーションの適切なノードに固定され、空気によって膨らませるこ… 続きを読む

  • 要注意!2020年退役の国際宇宙ステーションは地球に落ちてくる!

    要注意!2020年退役の国際宇宙ステーションは地球に落ちてくる!

    有り金残らずかき集めて、ISS(国際宇宙ステーション)に見物席を確保するのも、今のうちだけだ。ロシアとNASAとそのほかのISSパートナーたちは今日(米国時間7/27)、2020年に退役するISSを大気中で破壊する、と決定した。その理由は? 宇宙はもうこれ以上、ゴミを必要としないからだ。 ISSの最初の部位は1998年に打ち上げられ、その後徐々に、15ユニットから成る大きな宇宙ステーションに成長した… 続きを読む