MacBook Pro

  • Apple、MacBookを近くアップデート――6月5日のWWDCで発表か

    Apple、MacBookを近くアップデート――6月5日のWWDCで発表か

    Bloombergによれば、AppleはMacBookとMacBook Proのアップデートを近々行う予定だ。Appleはこれを6月5日のWWDCカンファレンスのキーノートで発表するはずだという。 Retinaディスプレイの12インチMacBookがアップデートされたのは1年前だが、このモデルは全体的に優れたデザインなので、新バージョンはスペックの強化程度にとどまるだろう。 続きを読む

  • LGのMacBook Pro用5Kモニターに、Wi-Fiルーターの近くで使えない問題が発覚

    LGのMacBook Pro用5Kモニターに、Wi-Fiルーターの近くで使えない問題が発覚

    モニターに1000ドル払ったからには、最低限の期待には答えてほしい。例えば、ルーターのすぐ近くでも使えるなど。LGのUltraFine 5Kディスプレーは、Appleの新しいMacBook Proに合わせて設計された製品だが、その部分で大きな問題が起きているようだ。 続きを読む

  • Apple、macOS 10.12.3を公開。MacBook ProのGPUとバッテリーの問題を修正

    Apple、macOS 10.12.3を公開。MacBook ProのGPUとバッテリーの問題を修正

    つい先ほどAppleはmacOS Sierraのアップデートを公開した。10.12.3はバグフィックスのアップデートだが、昨年末に発売された新しいMacBook Proにとっては待望の変更だ。今日のアップデートで、Appleは15インチモデルのグラフィックチップセットに関するいくつかの修正を実施した。またAppleは、バッテリー寿命に影響を与えていたSafariのアイコン取得バグも修正した。 続きを読む

  • Apple、MacBook Proのバッテリー問題を解明―Consumer ReportsのベンチマークとSafari双方に問題

    Apple、MacBook Proのバッテリー問題を解明―Consumer ReportsのベンチマークとSafari双方に問題

    先月、消費者向けプロダクトのテストのパイオニア、Consumer Reportsが新MacBook Proのバッテリー駆動時間について3.75時間から19.5時間という.いささか奇妙な結果を発表した。Appleユーザーと関係者の間ではこの結果についてMacbook Proのバグあるいはベンチマークのバグを疑う声が上がっていた。最新の調査結果によると原因は双方にあった。 続きを読む

  • MacBook Proの短いバッテリー寿命を指摘したConsumer Reports誌とAppleが問題をめぐって協議中

    MacBook Proの短いバッテリー寿命を指摘したConsumer Reports誌とAppleが問題をめぐって協議中

    Appleは全体的にあまり元気がなく、バッテリー技術には突然の予想外が襲った今年は、Consumer Reports誌がMacBook Proの推薦を断ったことが、そんな年のあまりにも完璧な縮図のように思える。 その最近アップグレードされたラップトップの寿命に関する苦情がネット上登場し、それに続いて、同誌によるそのラップトップの15インチバージョンの評価は100点満点で56点、13インチは標準バージョンとTouch Barバージョンがそれぞれ47点、40点と発表された。 続きを読む

  • PhotoshopがTouch Barに対応

    PhotoshopがTouch Barに対応

    去る10月のApple MacBook Pro大イベントで行われたサードパーティー発表の中でも、最も魅力的だったのがAdobeだった。Touch Barの披露から2ヵ月、Appleはこの新しい入力デバイスのアピールに、もっぱら自社ソフトウェアに頼ってきた。かなり有用なもの(Final Cut Pro)からちょっとシャレたもの(Photos)まで。 続きを読む

  • MacBook Proの新しいTouch BarでDoomを走らせた勇者現る

    MacBook Proの新しいTouch BarでDoomを走らせた勇者現る

    p>「その上でDoomが走るのか?」というのは何か新しいデバイスが登場するたびに繰り返されてきた質問だ。もちろんそのデバイスはDoomをプレイするために開発されたわけではない。不適切極まりない試みだ。しかし必ず「イェス!」と報告する人間が現れるのが通例だ。もっともこの答えは正確に言えば「イェス。しかしそもそもやらない方がいい」だろう。 続きを読む

  • さらば、F♯のMacの起動音

    さらば、F♯のMacの起動音

    Macbook Proの新モデルでポートが減ったこと、キーボードからいくつかのキーが消えたこと、MagSafeで充電できなくなったこと等々についてはさまざまな意見が出ている。しかし情報の洪水の中で忘れられがちがなのが、Macのもうひとつの機能がそっと廃止されたことだ。 続きを読む

  • MicrosoftはSurfaceを買ってくれたユーザーのMacBookを650ドルで下取りする(アメリカのみ、11月10日まで)

    MicrosoftはSurfaceを買ってくれたユーザーのMacBookを650ドルで下取りする(アメリカのみ、11月10日まで)

    Surface Bookのニューモデルは今週、どさくさまぎれで影が薄くなってしまった。しかしそれもしょうがない。ニューヨークで行われたMicrosoft自身のイベントでは、Surface StudioとWindows 10 Creators Updateと3Dコンテンツの制作という派手な話題に、すべてをさらわれてしまった。それにもちろん、Appleのイベントが追い打ちをかけた。 しかしMicrosoftは、簡単にあきらめる方ではない。 続きを読む

  • 新MacBook Proから他の端末とつなぐのに必要なポートのほとんどが消えた

    新MacBook Proから他の端末とつなぐのに必要なポートのほとんどが消えた

    Appleはものすごく薄くて、ピカピカのMacBook Proを発表した。しかしMacBook Proがそもそも誕生した目的を果たすため、広く普及した標準規格は姿を消すこととなった。 AppleからMacBook ProからMagSafe 2の充電ポートを取り除いた。HDMIポートもSDカードスロットも葬り去った。Thunderbolt 2ポート(これは多分3回くらいしか使ったことがないだろう)も消えた。そして最も顕著な変更は、標準USBポートが消えたことだ。これらのポートはデータ転送と接続した端末の充電に使うものだが、それらは4つのThunde… 続きを読む

  • Apple、Touch Barで遊ぶことを推奨せず

    Apple、Touch Barで遊ぶことを推奨せず

    Touch Bar は遊ぶところではない。Appleのインターフェース・ガイドラインは、新しいMacBook Proの情報が今週リークされて以来開発者たちが考え始めていたであろう楽しい使い方に、しっかりとくぎを刺した。Apple警察の厳しい目をかいくぐって創造性を発揮するアプリが出てくることは間違いないだろうが、Appleは明確に推奨していない。 続きを読む

  • 新Macbook ProのTouch Barではこんなことができる

    新Macbook ProのTouch Barではこんなことができる

    さきほど(米国時間10/27)、Appleは新しいMacBook Proを発表した。Appleのマーケティング担当上級副社長、フィル・シラーはステージで「ノートパソコンに新しい黄金の標準を作るもの」と宣言した。この新製品で特に注目すべき点は、ファンクションキー列をマルチタッチのミニスクリーンで置き換えた点だ。ステージで披露されたデモを見た印象ではこのミニスクリーンは非常に多機能なようだ。 続きを読む

  • 新MacBook Pro登場―ミニスクリーンはTouch Barだった

    新MacBook Pro登場―ミニスクリーンはTouch Barだった

    われわれは新しいMacBook Proを待ちこがれていた。AppleがMacebookのハイエンド・モデルを全面的にリニューアルしたのはなんと4年も前になる。その4年の間に、いってみれば製品のヒンジにはガタが来て、ディスプレイの魅力も薄れてきていた。 2012年以來の長い4年間だったが、ついに新モデルが発表されるときとなった。さきほど(米国時間10/27)、クパティーノのApple本社で開催された招待オンリーのイベントでティム・クックがステージに立ち、このところAppleが開発に全力を挙げてきた製品を紹介した。 続きを読む

  • これがMagic Toolbarだ―Apple、新MacBook Proの画像をうっかりリーク

    これがMagic Toolbarだ―Apple、新MacBook Proの画像をうっかりリーク

    macOSがSierra 12.1にアップデートされた際、システム・ファイルに2枚の重要な画像が隠されていたのをMacRumorsが最初に発見した。そういうわけで、上の写真が新MacBook Proだ。 すでに報じたとおり、新しいMacBook Proではキーボードの上部、現在のファンクションキーの位置にリボン状の第2ディスプレイが装備される。このタッチパネル・ディスプレイは作業の内容に対応してさまざまな機能を持つはずだ。 続きを読む

  • 新MacBook Proのファンクションキーを代替するミニ・スクリーンはMagic Toolbarと呼ばれるらしい

    新MacBook Proのファンクションキーを代替するミニ・スクリーンはMagic Toolbarと呼ばれるらしい

    Appleの新しいMacBook Proの詳細が次第に明らかになってきた。 従来のモデルとの最大の違いはなんといってOLEDのミニ・スクリーンだろう。これはキーボード上部に設置されてファンクションキーを置き換えるものだ。このミニ・スクリーンはMagic Toolbarと呼ばれるらしい。 続きを読む

  • Appleの新しいMacを待ちこがれている人へ。10月27日にわかる

    Appleの新しいMacを待ちこがれている人へ。10月27日にわかる

    この数週間、Appleが10月末のMacイベントの日程を決めかねているという噂を聞いていた。しかし私の情報源によると、日付は選ばれた。10月27日の木曜日だ。新しいMacBookを待っている人はもう少しの辛坊だ。そしてジャーナリスト諸君、フライトは厳しいがホテルはまだそこそこ安い。 続きを読む

  • 今年のAppleのハードウェアのアップデートはパワーユーザーが主なターゲット

    今年のAppleのハードウェアのアップデートはパワーユーザーが主なターゲット

    Appleの今年後半以降のロードマップは、高額機とパワーユーザーがターゲットらしい。BloombergのMark Gurmanが記事にした‘内部情報’はそう言ってるようだ。Gurmanの記事はいつもまともだが、とにかくiPad, MacBook AirとPro, そしてThunderboltディスプレイのアップデートを楽しみに待とう。 iPhone SEと超簡素なMacBookという昨年のシンプル指向から、今度はその逆に振り子は揺れるようだ。高機能なSurface Bookに誘惑されたかもしれない‘プロ的ユーザー… 続きを読む

  • この秋、MacBook Proが一新される―Touch ID装備 、ファンクションキーはミニOLEDスクリーンに

    この秋、MacBook Proが一新される―Touch ID装備 、ファンクションキーはミニOLEDスクリーンに

    近くMacBook Proが大幅にアップデートされる。Appleが準備しているノート・パソコンはretinaディスプレイを装備したMacBook Proの13インチ、15インチモデルだ。BloombergのMark Gurmanによれは、Macbook ProはTouch IDセンサー、、ファンクションキーを代替する OLEDミニ・スクリーンを始めとしてすべての面で新しくなるという。 続きを読む

  • Macのオート・アンロックは、次期MacBook ProにTouch IDが塔載される前兆

    Macのオート・アンロックは、次期MacBook ProにTouch IDが塔載される前兆

    Appleは次期バージョンのオペレーティングシステム、macOS 12をつい先ほどWWDCで披露した。そこで同社は、Macをアンロックする全く新しい方法を発表した。長くて面倒なパスワードを一日に何度もタイプする代わりに、Macは自動的にアンロックされる ― Apple Watchを着けていれば。 続きを読む

  • Apple、新15インチRetina MacBook Pro+Force Touchと27インチRetina iMacを発売

    Apple、新15インチRetina MacBook Pro+Force Touchと27インチRetina iMacを発売

    Appleは、15インチRetinaディスプレイMacBook Proと27インチiMacを改訂し、Intel Coreプロセッサーを含む新スペックとなった。新たにMacBookに塔載されたForce Touchは、独自の強いタッチとAppleのトレードマークである「タプティック」フィードバックによって、実際にはそうでないのにトラックパッドを物理的にクリックしたように感じる。27インチRetina iMacの価格は1999ドルから。 続きを読む

  • Appleからプレスイベントの招待状が来た―10月22日にiPad、iPad mini、各種Macの新製品発表

    Appleからプレスイベントの招待状が来た―10月22日にiPad、iPad mini、各種Macの新製品発表

    Appleは来週10月22日〔日本時間23日〕にプレスイベントを開催することを発表した。 この日付は最初にAllThingsDがスクープし、続いて LoopのJim Dalrympleも続報していた。噂が正しければ、このイベントでは第5世代のiPad、Retinaディスプレイの iPad mini、新世代のHaswellチップとRetinaディスプレイを採用し、電池駆動時間も改良されたMacBook Proが発表されるはずだ。もしかするとすでに発表されているMac Proの出荷時期も明らかにされるかもしれない。 続きを読む

  • ホリデーギフトガイド:クリスマスにもネットで過ごす自分に、MacBook Pro 13インチRetinaモデルは如何?!

    ホリデーギフトガイド:クリスマスにもネットで過ごす自分に、MacBook Pro 13インチRetinaモデルは如何?!

    登場が待望された機種で、かつ待ったかいがあったと納得させられるマシンだ。15インチモデルのRetina版は夏に登場していたが、13インチ版は秋まで待たされることとなった。やはりかなり高額の製品となっているが、しかし購入して後悔することはないだろう。 続きを読む

  • Appleの、インクレディブルにゴージャスなプロダクト紹介を3分のビデオにまとめてみた(警告:くだらないです)

    Appleの、インクレディブルにゴージャスなプロダクト紹介を3分のビデオにまとめてみた(警告:くだらないです)

    Appleは世界中のどの企業よりも製品ローンチないしプロモーションに長けた企業だというイメージがある。昨日は73分間におよぶスペシャルイベントにて、iPad mini、新しいMacBook Pro、Mac Mini、iMacなどがデビューを果たすこととなった。Appleの用語を用いてまとめると、アメージングなグレイとで、ベストでありとてつもなく信じがたく、想像したこともないほどのファンタスティックで、ゴージャスさもまた想定外、という感じだっただろうか。詳細な内容について知りたいと思う人も多いだろう。必要な内容を一本のビデオにまとめてみたので… 続きを読む

  • Apple、13インチMacBook ProにRetinaディスプレイ・モデルを発表―1699ドル〔14万4800円〕から

    Apple、13インチMacBook ProにRetinaディスプレイ・モデルを発表―1699ドル〔14万4800円〕から

    Appleは今日(米国時間10/23)のプレスイベントでRetina版の13インチMacBook Proを発表した。フィル・シラーによれば「信じられないほど薄い」この新モデルの厚さはわずか1.9cm、重量1.62kg、従来のモデルとくらべて450gほど軽くなっている。そしてなんといってもRetinaディスプレイだ。 このディスプレイの2560×1600という画素数は現行13インチMac Book Proの1080pに比べて2倍だ。コントラストは29%も高くグレアは75%も減少している。 続きを読む

  • 10月23日のAppleイベントではiPad miniに加えて13インチRetinaディスプレイのMacBook Proも発表されるとの情報

    10月23日のAppleイベントではiPad miniに加えて13インチRetinaディスプレイのMacBook Proも発表されるとの情報

    Appleは来週のプレスイベントでiPad miniに加えて新しく小型の13インチRetina MacBook Proを発表するのではないかという情報が流れている。 最初に記事を掲載したのは9to5Macだが、少ししてAllThingsDも後を追った。9t05MacのMark GurmanもAllThingsDのJohn PaczkowskiもApple報道にかけては実績のある記者だ。信頼性の高い情報といってよいだろう。 続きを読む

  • ご用心!「新MacBook Proは事実上修理不可能」とiFixit

    ご用心!「新MacBook Proは事実上修理不可能」とiFixit

    Retinaディスプレイ搭載の新MacBook Proは驚くべきマシンだ。スクリーンが美しいだけでなくコンピューティング・パワーもトップクラスだ。 だが、DIY修理の研究で有名なiFixitが先ほど公開した記事によると、修理は事実上不可能だという。 この記事でiFixitは新しいMacBook Proを完全に分解しているが、読者は自分のマシンで試さない方がよい。iFixitによれば「Retinaディスプレイ搭載のMacBook Proはこれまでにわれわれが分解調査した中でもっとも整備性に乏しいマシンだ」という。 続きを読む

  • よだれを拭きながら見てね: 新型MacBook Proの写真集

    よだれを拭きながら見てね: 新型MacBook Proの写真集

    それは、とても単純なことだ。“Retina”®ディスプレイを載せた新型MacBook Proの良さは、目の前に実物を見ないと分からない。今日のWWDCのライブ記事をいろいろ読んだだけでは、何も実感が湧かないだろう。でもそれは、本当はすごい製品なのだ。その画面を一度見たとたん、あなたは完全にとりこになる。もう、ほかのコンピュータの画面は見たくなくなる。iPhone 4や新型iPadでRetinaディスプレイを見たときの感動と似ているが、でもそれが増幅されている。あなたは、自分の目の前に500万ピクセル+αのディスプレ… 続きを読む

  • 次期MacBook ProはAir遺伝子導入?

    次期MacBook ProはAir遺伝子導入?

    AirシリーズのSandy Bridge採用によって、軽量ノートが主役に躍り出る準備が整った(と個人的に確信している)。しかし、これでは不足だというユーザーもいる。MacBook Proユーザーは、さらに大容量、大画面、そして多数のポートに慣れ親んでいる。もし噂を信じるなら、両世界のベストを結集したものが出来つつある。AirスタイルのデザインがProシリーズにやってくる。 ソースは曖昧であり( MacRumorsは「情報を得た」、TUAWが「聞いている」 )、眉につばを付けて聞く必要がある。しかし、たとえソースがなくても、これは理にかなった話だ… 続きを読む

  • Thunderboltですべてが変わる―Macbook Proにも採用されたIntelの高速I/Oを解剖

    Thunderboltですべてが変わる―Macbook Proにも採用されたIntelの高速I/Oを解剖

    初耳の読者も多いと思うが、Intelはここ数年Light Peakという超高速のデータ転送を可能にするI/Oテクノロジーの開発を続けてきた。それが今日(米国時間2/24)、Thunderboltという新しいネーミングで登場した。スペックは驚異的だ。スピードは10G/bps(アップロード、ダウンロード双方)、デュアル・プロトコル、バス給電のサポートなど、Light Peak…失礼、 Thunderboltはまさに明日のI/O規格というにふさわしい。 このテクノロジーは今日、Appleの最新版MacBook Proに採用されて市場に登場した。しかし… 続きを読む

  • Apple、MacBook Proをアップデート―CPUはIntel Sandy Bridge、GPUはAMD、 HD版FaceTime、そしてThunderbolt

    Apple、MacBook Proをアップデート―CPUはIntel Sandy Bridge、GPUはAMD、 HD版FaceTime、そしてThunderbolt

    ハッピー・バースデイ、スティーブ! 噂どおり、今日(米国時間2/24)Appleはステーブ・ジョブズの誕生日に合わせてMacBook Proの全シリーズをアップデートした。新モデルには革命的というほどの変化は見られない。同じユニボディー、同じレイアウト、同じバッテリーだ。今回のアップデートは次世代のMacbook Proに向けての漸進的改良というところだ。 新Macbook ProからNvidiaのGPUが消え、 Intelの最新CPU、Sandy Bridge〔Core i7/i5〕が搭載された。グラフィックスはIntelのCPU内蔵と独立のAM… 続きを読む