payments

  • 建設企業の請求決済事務をオンライン化して中小下請け孫請けの苦境を救うNet30

    建設企業の請求決済事務をオンライン化して中小下請け孫請けの苦境を救うNet30

    建築業界の請求と決済の処理は、今や破綻している。実際に払ってもらえるまで70日ぐらいかかるので、建設業者の多くは運転資本が枯渇する。そこで、Y Combinatorで育ったNet30は、その問題を解決しようと志(こころざ)した。 続きを読む

  • PayPal初の支払いボットがSlackに登場

    PayPal初の支払いボットがSlackに登場

    今日(米国時間2/7)午前PayPalは、Slackユーザーがチャット画面を離れることなく簡単に支払いができるボットを公開した。PayPalがボットを提供するのはこれが初めてだが、同社によると大手コミュニケーションサービスと統合するのは初めてではない。 続きを読む

  • Android Payが日本でも可利用に、まず楽天とパートナー

    Android Payが日本でも可利用に、まず楽天とパートナー

    Android Payが継続している国際展開の一環として今日(米国時間12/12)は、日本でローンチした。それは、Appleのモバイル決済サービスが日本に上陸してからほぼ6週間後になる。 続きを読む

  • Facebook、Messengerの送金機能を推進するオプションをテスト中

    Facebook、Messengerの送金機能を推進するオプションをテスト中

    Facebookは、同社のチャットアプリ、Messengerでピアツーピア[個人間]支払いができる機能の利用を促進するための、新たなオプションをテストしている。同社はメインアプリのメニューに、新たなオプションとして “Send or Request Money” を追加したことを正式に認めた。「この機能はFacebookユーザーが、Messengerで支払い手続きすることを促進し、Messengerをまだインストールしていないユーザーは、ダウンロードするためにApp Storeへ誘導する」と言っている。 続きを読む

  • Microsoft、WindowsストアのBitcoin取扱いを静かに終了【追記あり】

    Microsoft、WindowsストアのBitcoin取扱いを静かに終了【追記あり】

    MicrosoftはWindows StoreでのBitcoinによる支払いオプションを、暗号化通貨への対応開始から1年強が過ぎた今、静かに終了した。 続きを読む

  • Facebook Messenger支払いシステム、ニューヨークに到着。グループチャット内でも送金可能に

    Facebook Messenger支払いシステム、ニューヨークに到着。グループチャット内でも送金可能に

    Facebookは今日(米国時間5/27)、今年3月からFacebook Messengerに導入された新支払いシステムを、ニューヨーク市および周辺地域のユーザーにも拡大すると発表した。これはiOSとAndroidおよびデスクトップのFacebookメッセージングアプリを使って、金銭の授受を可能にする機能で、これまではシアトル、ポートランド、およびオースチン等少数の米国都市でのみ提供されていた。 続きを読む

  • Facebook Messengerには、支払い機能のコードが隠されている

    Facebook Messengerには、支払い機能のコードが隠されている

    FacebookのMessengerアプリは、友達同士で送金し合うしくみの準備を整えた。あとはFacebookがこの機能のスイッチを入れるだけだ。スタンフォードのコンピュータサイエンスの学生、Andrew Audeが、iOSアプリ解析ツール、Cycriptを使って撮ったスクリーンショットとビデオによる。 続きを読む

  • Amazon、電話料金や定額ストリーミングなどの繰り返し課金を代行するサービスを開始

    Amazon、電話料金や定額ストリーミングなどの繰り返し課金を代行するサービスを開始

    今日(米国時間6/9)、Amazonは新しい課金サービスを開始した。Reutersの報道によれば、これは繰り返し課金を代行するサービスで、Amazonはスタートアップや一般企業が広く採用することを狙っているという。Amazonもこの報道を確認した。 現在Amazonは2億4000万人の消費者のクレジットカード情報を持っており、同社はこれらのユーザーの多くが音楽ストリーミングや電話料金などの支払いに新しいサービスを利用することを期待している。 続きを読む

  • 複数のカードに変身する電子クレジットカードの「Coin」。予約目標を40分で達成

    複数のカードに変身する電子クレジットカードの「Coin」。予約目標を40分で達成

    われわれは今、支払い方法の端境期にいると私は考えている。クレジットカードは未だに王様で ― Squareに聞いてみるとよい ― 、NFCは殆どの国で単なるドリームだ。Coinが実に興味深いのはそのためだ。このクレジットカードサイズのデバイスには、他のクレジットカードを入れておくことができ、次々とカードを切り換えられ、超薄型本体の中に店のギフトカードを保存することもできる。 続きを読む

  • Amazon IDでサードパーティのサイトで支払ができる‘Login and Pay with Amazon’ がスタート

    Amazon IDでサードパーティのサイトで支払ができる‘Login and Pay with Amazon’ がスタート

    今日(米国時間10/8)、AmazonはMoney 2020カンファレンスでLogin and Pay with Amazonというサービスを発表した。このサービスのパートナーとなったウェブサイトの訪問者はPay with Amazonというボタンを」クリックするだけで一切の支払手続きが済んでしまう。クレジットカード情報を入力したりPayPalサイトに移動したりする必要がない。ライバルの支払サービスには大きな打撃となるかもしれない。 Amazon Payments担当副社長のTom Taylorは今日発表されたプレスリリースで次のように述べている。「Am… 続きを読む

  • Facebook、サードパーティー・サービスの支払情報の自動補完機能をテスト中(AllThingsDの「PayPal的サービス」というのは誤報)

    Facebook、サードパーティー・サービスの支払情報の自動補完機能をテスト中(AllThingsDの「PayPal的サービス」というのは誤報)

    Facebookがテスト中の新しい機能はPayPalのライバルになるようなものではなく、ユーザーの支払情報を自動的に補完入力して買い物を便利にする機能だと判明した。 今日(米国時間8/15)、AllThingsDは「Facebookはサードパーティー・アプリ向けに新機能をテストしている。これはPayPalのライバルになるようなサービスだ」と報じたが、詳細は明らかにしなかった。 続きを読む

  • 改良版Bitcoinを名乗るOpenCoinがAndreessen Horowitzらから資金を獲得

    改良版Bitcoinを名乗るOpenCoinがAndreessen Horowitzらから資金を獲得

    このところ、毎日のようにBitcoin関連の投資話がある。どうやらVCたちは、分散型デジタル通貨を取り巻くエコシステムへの投資に躍起になっているようだ。今日はOpenCoinが、Andreessen Horowitz、FF Angel、Lightspeed Venture Parnters、Vast Ventures、そしてBitcoin Opporunity Fundからエンジェル資金を調達したと発表した(額非公開)。最後のBitcoin Opporunity Fundは、SecondMarketのファウンダBarry Silbertが作ったBitco… 続きを読む

  • ストリーム内決済を実現したRibbon、サービス提供開始から1時間でTwitterによりサービス停止へ

    ストリーム内決済を実現したRibbon、サービス提供開始から1時間でTwitterによりサービス停止へ

    Ribbonというスタートアップが、Twitterを使った「ストリーム内課金」サービスを開始したという記事を掲載した。Twitter.comのサイトから離れることなく、ツイートに付加されているボタンをクリックすることで支払いを行えるという仕組みだ。しかし記事掲載から数時間、Twitterはこの機能を使えなくしてしまっている。リリースとほぼ同時にシャットダウンされるという事態となった。 続きを読む

  • プログラマでない人でも自分のサイトに簡単に支払システムを埋め込めるMoonClerk

    プログラマでない人でも自分のサイトに簡単に支払システムを埋め込めるMoonClerk

    正規の商業者でなくても誰もがオンラインで支払を受け取れるサービスStripeに欠点があるとすればそれは、デベロッパやそのほかの技術力のあるユーザのためのサービスであることだ。今日(米国時間4/5)ローンチした支払システムMoonClerkは、一度かぎりや今後何度もある支払をプログラマでない人が自分のWebサイトで容易に受け取れるようにするサービスだ。 これまでのStripeの使い方では、Stripe ConnectをサポートしているShopLocketやShopify、Wufooなどのプラットホームの上にユーザがeコマースのストアを作り、… 続きを読む

  • Web上のペイメント(支払決済)には共通APIがあるべきだ, と頑張るMozillaがFirefox OSに実験的実装

    Web上のペイメント(支払決済)には共通APIがあるべきだ, と頑張るMozillaがFirefox OSに実験的実装

    Mozillaはペイメントベンダ(payment vendors, Paypalなど)やWebの標準規格団体W3Cに働きかけて、支払決済の 共通APIを作ろうとしている。それはデスクトップとモバイルの両方で使える、使いやすくてセキュアなAPIだ。Mozillaはすでに、実験的なJavaScript APIをスマートフォン用のFirefox OSに実装している。それは最終的に、Webアプリケーションが支払を受け取るための共通APIになるものだ。支払を取り扱うための共通のAPIを複数のペイメントベンダが実装すれば、デベロッパやパブリッシャーにとって… 続きを読む

  • モバイル・クレジットカード決済のSquareは大規模施設でも活躍―ユニオン・スクエアのスケート・リンクに行ってきた(ビデオあり)

    モバイル・クレジットカード決済システムのSquareの利用法となると、まず頭に浮かぶのはスターバックスのコーヒーとか屋台の食べ物とか、週末のバザールの産直農産物などだろう。しかし現実にはSquareを利用したPOSシステムは極めて強力で、大規模なビジネスの場合も大いに利用価値がある。 昨日(米国時間12/8)、われわれはサンフランシスコのど真ん中ユニオン・スクエアのSafewayスケート・リンクを訪問した。Squareはこの地区に猛烈な勢いでデバイスを普及させている(しかもSquareは来年、この近所に本社の移転を予定している)。そこで… 続きを読む

  • クレジットカード要らずの直接自動決済だからGoCardless–さらに簡便なPayLinksサービスを立ち上げ

    クレジットカード要らずの直接自動決済だからGoCardless–さらに簡便なPayLinksサービスを立ち上げ

    GoCardlessは、Y Combinatorが支えるスタートアップで、2010年にオックスフォード大学の卒業生Hiroki Takeuchi、Tom Blomfield、Matt Robinsonの三名がイギリスで創業し、そして本日(米国時間5/31)、PayLinksと名付けた新しいプロダクトを立ち上げる。それは、ペイメント(payment, 支払い/入金トランザクション)のためのBit.lyとでもいうか、なにしろツイートなどに適した短いリンクを約60秒で作り、そこでただちにオンラインの支払い/入金処理を開始できるのだ。 そのペイメントは一… 続きを読む

  • ついに国の造幣局が公式にデジタル貨幣を作る–カナダ造幣局の“MintChip”

    ついに国の造幣局が公式にデジタル貨幣を作る–カナダ造幣局の“MintChip”

    日常的な決済のデジタル化は、もはや逆らえない動きのようだが、でもまだその最終解はない。既存のカードと銀行システムを使う寄生的な取り組み(Squareなど)や、NFCの単独技術を志向するプロジェクト(Google Walletなど)はあるが、まだどれも、ふつうの消費者が“これならお店に5ドルのお札を渡すのとおなじぐらい簡単”と言えるものではない。 そんなシステムを今、カナダの造幣局(Royal Canadian Mint)が作ろうとしている。プラットホームを特定しない、シンプルでセキュアな代替通貨だ。この言い方だと、Bi… 続きを読む

  • Pinterestの19歳のデザイナーが起業して110万ドルを調達―Gumroadはリンクから支払いができる画期的サービス

    Pinterestの19歳のデザイナーが起業して110万ドルを調達―Gumroadはリンクから支払いができる画期的サービス

    最近、大いに話題になっているGumroadはPinterestとTurntableアプリのデザイナー(なんと現在まだ19歳の大学ドロップアウト)、Sahil Lavingiaが単身で立ち上げたスタートアップだが、今日(米国時間3/11)、110万ドルのシード資金の投資を受けて正式にローンチされた。 投資家はAccel Partners、Chris Sacca、Max Levchin、SV Angel、Josh Kopelman、Seth Goldstein、Naval Ravikrant、Collaborative Fund、Danny Rimer.らの有… 続きを読む

  • 支払いサービスがAppleやGoogleにさえ難しい理由

    支払いサービスがAppleやGoogleにさえ難しい理由

    編集部注:本稿のゲスト寄稿者、Ohad Sametは、支払いシステムにおける詐欺その他のリスク管理の専門家である。同氏はPayPalの元上級管理職で、ブログ「As Risky At It Gets」を書いている。 最近の新しい支払いサービスに関して、プレーヤーは誰か、そしてもちろん誰がこの大きな市場を勝ち取るのかについて、多くの議論がなされている。AppleとGoogleが最近、相次いでデジタル出版の一環として新支払いシステムを発表し、ちょっとした小競り合いもあった。果たして両巨人は近々PayPalに取って代るのだろうか。 続きを読む