photos

  • Instagram、投稿した写真を非公開にする「アーカイブ」機能を公開

    Instagram、投稿した写真を非公開にする「アーカイブ」機能を公開

    先月本誌はInstagramが 「アーカイブ」という新機能をテストしていることを報じた。ユーザーが自分の投稿を誰にも見られなくする機能だ ―― 永久にも一時的にも。今日(米国時間6/13)、同サービスは全ユーザーにこの機能を公開した。今すぐ写真を隠すことができる。 続きを読む

  • 写真フィルターのPrismaに便利な‘ストア’ができた、スタイルの自作機能も新設

    写真のフィルターを提供しているPrismaが、今週のアップデートで、同サイトの新しい閲覧方法を発表している。また一部のユーザーは、自分独自のスタイルを作ることができる。 新しい閲覧インタフェイスのことを同社は“ストア”と呼んでいるが、ユーザーがそこでお金を払うわけではない。このストアはむしろ、新しい閲覧方法のことで、とくにPrismaが次々の新たに加えていくスタイルが、分かりやすい。 続きを読む

  • Google、3D写真撮影に使うCardboard CameraのiOS版をリリース(共有機能も追加)

    Google、3D写真撮影に使うCardboard CameraのiOS版をリリース(共有機能も追加)

    Googleが新しいiOSアプリケーションをリリースした。「Cardboard Camera」というもので、スマートフォンを使って360度の3D写真を撮影するためのものだ。2015年の発表以来、Android版のみが提供されていた。今回のiOS版提供開始にともなって、Android版もアップデートされてている。 続きを読む

  • Googleフォト、共有アルバムを強化してFacebook Momentsに対抗

    Googleフォト、共有アルバムを強化してFacebook Momentsに対抗

    今週、Facebook MomentsがEUとカナダでも提供されたことを受け、Googleは同社の写真共有サービス、Google Photosに新たな機能を追加した。Momentsとの競争力を高めると共にソーシャル性も高めるのが狙いだ。新たに、コメントおよび “suggested addtions”[追加の推奨]機能が追加される。後者は、ユーザーが友達から受け取った共有アルバムに、自分の写真を追加するのに便利だと、Googleは説明している。 続きを読む

  • Flickr、Gear VRで360度パノラマ写真体験を提供

    Flickr、Gear VRで360度パノラマ写真体験を提供

    Flickrに置かれた150億枚の写真を、私たちはいつでも見ることができるが、ただ静止した写真を見る以上の、世界に飛び込んでいくような体験のアップグレードは何年も行われていなかった。 続きを読む

  • Taking the Clips App for a Spin in Washington Square Park

    Googleフォトの編集機能が強化される―人気のFly Labsを買収

    今日(米国時間11/6)、 Googleは画像処理スタートアップのFly Labsを買収した。同社はGoogleの写真チームに加わる。Fly Labsはスマートフォン上で簡単に写真や動画が編集できるようになることを目指していた。アプリは過去18ヶ月で300万回ダウンロードされるなど人気を集めてきた。 Fly Labsがこれまでに発表したアプリ3種類((Tempo、 Fly、 Crop)は向こう3ヶ月は従来どおり利用できる。しかしFly Labsから独自アプリは今後提供されない。 続きを読む

  • NASA、冥王星についての新データを着々と取得・解析中

    NASA、冥王星についての新データを着々と取得・解析中

    惑星としての地位は失っていても、それでも冥王星は興味深い星だ。探査機のニューホライズンズが冥王星のフライバイを成し遂げたのが今月14日のことだった。それからNASAはデータの解析にかかりっきりになっている。これまでのところ入手したデータは5%に過ぎないものの、それでもこれまでに誰も見たことのないようなデータや画像が満載であるのだそうだ。 続きを読む

  • Yahoo、写真関連サービスを展開してきたCoolirisを買収

    Yahoo、写真関連サービスを展開してきたCoolirisを買収

    写真関連のアプリケーションを扱ってきたCoolirisがYahooに買収されることとなった。 振り返ってみれば、ずいぶんと長い歴史を持つようにもなっていた。設立は2006年で、当初は写真などを3D wall風に表示するものだった。 続きを読む

  • Pryntは、スマートフォンをポラロイドカメラに変えるケース

    Pryntは、スマートフォンをポラロイドカメラに変えるケース

    先週Haxlr8rのデモデーでデビューしたばかりのハードウェアスタートアップ、Pryntが、TechCrunch本社オフィスに立ち寄り、彼らのスマートフォンケースの最新プロトタイプを披露してくれた。ケースはプリンターを内蔵しているので、友達と撮ったセルフィーをその場でプリントできる。 続きを読む

  • FlicとCleenは、iPhoneのカメラロールを簡単に管理できるアプリ

    FlicとCleenは、iPhoneのカメラロールを簡単に管理できるアプリ


    iPhoneユーザーがカメラロールの写真を整理するのを速く、かつおそらく楽しくするアプリを2つ紹介する。iPhoneの写真を簡単に削除できるようにすることでストレージ容量を空けることができる。Flicと、公開されたばかりのCleenは、どちらも「カメラロールのためのTinder」と言ってもよいだろう。人気の出会い系アプリと同しように、ユーザーは写真を左か右(Cleenでは上か下)にスワイプして削除あるいは保存する。 続きを読む

  • 「流出」を気にせず気軽に写真を共有できるXim、Microsoftより登場

    「流出」を気にせず気軽に写真を共有できるXim、Microsoftより登場

    誰かにスマートフォンの写真を見せてもらうとき、不適切なものが見えてしまわないかという確認にやけに時間がかかってしまうということを経験した人も多いだろう。あるいは気軽に見せてもらったものの、意図しなかったものが見えてしまい気まずくなってしまったりしたことがある人もいるかもしれない。Microsoftのリサーチ部門が、こうした面倒をなくそうとするアプリケーションをリリースした。名前をXimという。 続きを読む

  • スマートフォンを渡して写真を見てもらうときの「心配」を軽減するOverswipe

    スマートフォンを渡して写真を見てもらうときの「心配」を軽減するOverswipe

    iPhoneで撮影した、いわゆる「プライベート」な写真を隠しておくために、「シークレットフォルダ」を作るためのアプリケーションがたくさんある。便利なのかもしれないが、有効に使うためには、まず撮影した写真をきちんと管理する必要がある。アプリケーションに「シークレット」指定するための写真を読み込み、そしてオリジナルのフォトストリームから該当の写真を削除しておくなどといった手間が必要になるのだ。そうした面倒に、逆転の発想で対処しようとするのがOverswipeというアプリケーションだ。隠したいものを管理しておくのではなく、その場で相手に見せ… 続きを読む

  • 老朽化FlickrがPhotoDriveの天才Jeff Bargmannをスカウト、ついに本格的な化粧直し(インタフェイスの現代化)が始まる

    老朽化FlickrがPhotoDriveの天才Jeff Bargmannをスカウト、ついに本格的な化粧直し(インタフェイスの現代化)が始まる

    Flickrを利用するすばらしい写真アップロードサービスPhotoDriveが、閉鎖される。でもそれは、ファウンダのJeff Bargmannが当のFlickrに移籍するからだった。 この社員兼社長一人だけのスタートアップがわれわれの目と心にとまったのは、彼のモバイルアプリと、その後の写真アップロードサービスPhotoDriveを見てからだ。 続きを読む

  • タイムマシンの楽しみを感じさせてくれるTimehop、待望のAndroid版がついに登場

    タイムマシンの楽しみを感じさせてくれるTimehop、待望のAndroid版がついに登場

    過去にFacebook、Instagram、Foursquare、そしてTwitterなどに投稿した記事や写真を、Timehopで楽しんでいるという人も多いことだろう。このTimehopについにAndroid版が登場した。 ご存じない方のために説明しておくと、Timehopは1年前や2年前、あるいはさらにその前の今日(同じ日)に、自分がいったいどのような投稿をしたのかを見せてくれるサービスだ。自分自身の投稿で振り返る「今日は何の日」風のアプリケーションだと言えばわかりやすいだろうか。 続きを読む

  • Twitter、写真のタグ付けと複数写真のシェアを追加

    Twitter、写真のタグ付けと複数写真のシェアを追加

    Twitterは今日(米国時間3/27)、画像機能の追加をいくつか発表した。貴重な文字数を割くことなく写真に最高10人までダグ付けする機能もある。また、1件のツイートに4枚まで写真を添付できるようになり、Twitterが自動的にコラージュまで作ってくれる。 続きを読む

  • GoogleのiOS/AndroidアプリPhotowallはChromecast+TVでグループスライドショウを楽しめる

    GoogleのiOS/AndroidアプリPhotowallはChromecast+TVでグループスライドショウを楽しめる

    Googleが、iOSやAndroidデバイス上の写真をChromecastからテレビに送り込む、というアプリPhotowallをリリースした。個人の写真だけでなく、ネットワークにつながっているお友だちなどからの写真も表示できる。写真の上にいたずら書きやメッセージを書くためのツールもついている。また、複数の写真からフォトモンタージュを作って、それをYouTube上で共有することもできる。詳しい紹介記事が9to5Macに載っている。 続きを読む

  • Apple、iPhoneのカメラでフル解像度毎秒30枚の撮影ができるアプリのスタートアップ、SnappyLabsを買収

    Apple、iPhoneのカメラでフル解像度毎秒30枚の撮影ができるアプリのスタートアップ、SnappyLabsを買収

    Appleはファウンダーがたった1人で運営しているカメラ・テクノロジーのスタートアップ、 SnappyLabsを買収したという情報が入った[アップデート:2014/ 1/5 太平洋時間9:15am:Appleはこの買収を確認した] 。 SnappyLabsのファウンダー、John Papandriopoulosはめるボルン大学から電気工学の博士号を得た技術者で、彼の発明したテクノロジーにより、SnappyCamはフル解像度でiPhoneのカメラで毎秒20コマから30コマの画像をフル解像度で撮影することができる。 続きを読む

  • 過去へのタイムトラベル気分を味わえるPic A Moment(Instagramの指定日時検索)

    過去へのタイムトラベル気分を味わえるPic A Moment(Instagramの指定日時検索)

    過去のある時点、とある場所に、いったい何があったのかを見てみたくなることがある。新しいシンプルなPic A Momentというモバイルアプリケーションが、それを可能にしてくれる。具体的にはInstagramの写真を検索するもので、都市名や店舗名などの場所と日付を指定して検索すると、指定した時期にその場所で撮影された写真を表示する。 続きを読む

  • ジャスティン・ビーバーも出資する、自分撮り写真交流アプリケーションの「Shots Of Me」

    ジャスティン・ビーバーも出資する、自分撮り写真交流アプリケーションの「Shots Of Me」

    夕焼け? 風景写真? それともラテアート? これまでに撮った写真を見なおしてみると、誰も人物が写っていないことで、退屈に感じてしまうことも多いようだ。素人写真を満足気に公開して、コメント欄がひどいことになっているティーンたちも多い。そのような状況を変えようと、RockLiveはジャスティン・ビーバーからの出資を受けて、自分撮り写真をシェアするためのiOSアプリケーションであるShots of Meの提供を開始した。 続きを読む

  • Amazonのクラウド・ドライブ・アプリがビデオのアップロードをサポート―Androidデバイスで再生もできる

    Amazonのクラウド・ドライブ・アプリがビデオのアップロードをサポート―Androidデバイスで再生もできる

    モバイル・デバイスから写真をAmazonのクラウド・ストレージにアップロードするアプリ、Amazon Cloud Drive Photosが新たに動画もサポートした。ビデオはマニュアルでファイルごとにアップロードすることも可能だが、デバイスにオートセーブを設定すれば、自動的にアップロードが行われる。 写真の自動アップロードは今年初めのアップデートで可能になっていたが、ビデオのアップロードはマニュアルだろうと自動だろうとこれまでサポートされていなかった。Amazonによればアップロード/ダウンロード可能なビデオは1ファイル最大2GB、最長20分… 続きを読む

  • Groopicは集合写真の最大の問題を解決するiPhoneアプリ―画像合成で撮影者を仲間に入れてくれる

    Groopicは集合写真の最大の問題を解決するiPhoneアプリ―画像合成で撮影者を仲間に入れてくれる

    スマートフォンの驚くべき点の一つは、カメラとコンピュータを常時持ち歩けるコンパクトなパッケージに収めただけでなく、以前だったらPhotoshopのような高価なソフトウェアを使わなければできなかった高度な画像処理がだれでもできるようにしたところにある。 今日(米国時間7/10)、App Storeで公開されたGroopicがまさにそういったアプリで、集合写真を撮ったときに撮影者もその写真内に合成してくれるという。 7月4日、独立記念日の週末に私がビーチでリラックスしていると、近所でテイーンエイジャーたちが海を背にiPhoneを手から手に渡しな… 続きを読む

  • Yコンビネーター出身のLoomは、より良いiCloudを目指す

    Yコンビネーター出身のLoomは、より良いiCloudを目指す

    Yコンビネーター出身の写真共有サービスPopsetは、スタートしてわずか2月後に、自分たちが間違った問題を解こうとしていることに気付いた。ユーザーはグループ内で写真を共有したいのではない。必要なのは様々なプラットフォームやサービスを横断してフォトライブラリーを整理・管理するためのツールだ。そこで方向転換を決断したこの会社は今日(米国時間5/23)新サービスを発表した。Loomは、クラウドストレージと同期のサービスで、iCloudを置き換える改善版だ。 続きを読む

  • これは便利―Google+/Picasa Webにアップロードした写真が画像認識によってキーワード検索できるようになった

    これは便利―Google+/Picasa Webにアップロードした写真が画像認識によってキーワード検索できるようになった

    先週Google+の写真セクションが完全リニューアルされた。しかしなぜかGoogleは発表イベントで、そのいちばんクールな新機能を紹介しなかった。 Googleはコンピュータ画像認識と機械学習を利用して、ユーザーが「夕陽」とか「料理」とか「花」とかをキーワードにして自分の写真を検索できるようにした。私は「自動車」、「砂浜」、「自転車」などのキーワードも試してみたが、Googleは常に正しい結果を返してきた。この写真検索機能はGoogle+に組み込まれているが、通常のGoogle検索ボックスからでも[my photos of xyz]というフォ… 続きを読む

  • Google+の写真機能、大幅強化―全自動で色調・露出補正、GIF、パノラマ、HDR、 グループ写真の合成などを実行

    Google+の写真機能、大幅強化―全自動で色調・露出補正、GIF、パノラマ、HDR、 グループ写真の合成などを実行

    Google+の重要なセールスポイントは写真だったが、I/Oカンファレンスで発表されたGoogle+のリニューアルでも写真に重点が置かれていた。 今回Googleが発表したGoogle+写真のアップグレードには昨年11月に買収したNik Softwareのテクノロジーが多用されている。画像の補正と共有の自動化だ。たとえばホワイトバランスや肌色の調整、エッジのシャープ化、ノイズ除去などがワンクリックで自動的にできるようになった。画像処理はすべてクラウド上で実行される。 GoogleのVic Gundotraが事前のわれわれに取材で対して語った(… 続きを読む

  • Instagram、ウェブフィードを実装。コメントの閲覧・投稿も可能で、個々の写真へのリンクも簡単

    Instagram、ウェブフィードを実装。コメントの閲覧・投稿も可能で、個々の写真へのリンクも簡単

    Instagramのフィードがウェブでもアクセスできるようになった。スマートフォンで専用アプリケーションを使わなくてもコンテンツにアクセスでき、またコメントを閲覧したり、会話に参加することができるようになったわけだ。ウェブフィードはデスクトップ版およびモバイル版がある。つまり公式アプリケーションのないBlackBerryなどからでもInstagramを閲覧することができるようになるわけだ(写真の投稿はできない)。Instagramはしばらくモバイルのみのサービスとして運用されていたが、ついにウェブからも使えるようになった。 続きを読む

  • Google+、写真機能にパンとズームを追加。高解像度写真が活用可能に

    Google+、写真機能にパンとズームを追加。高解像度写真が活用可能に

    Google+は今日(米国時間1/9)、同サービスの写真セクションに新機能を追加して休暇を終えた。新たに加わったのは、パンとズームによって高解像度写真を詳しく見る機能だ。これはホリデーシーズン直前の壮絶な機能強化ブームに続くものだ。 Googleの様々なソーシャル機能は、あらゆるタイプのアーティストを引きつけてきたが、特にプロの写真家に人気が高い。写真のアップロードは超簡単で、ハイキングで撮ったばかりの山の写真をサークルで写真共有すれば、一般公開する前にフィードバックが得られる。 続きを読む

  • 東芝がLytro的なカメラセンサーを作って2013年にスマホやタブレットに搭載

    東芝がLytro的なカメラセンサーを作って2013年にスマホやタブレットに搭載

    東芝が今、Lytroみたいに、撮ったあとで焦点の合ってる場所を変えられるカメラ用センサーを、スマートフォンやタブレット向けに作ろうとしている。それだけでなく、写真のすべての深度をピントが合ってる状態にできるし、ビデオでも使えるし、それに形態やサイズでは、先駆者であるLytroカメラみたいにかさばらず、日常的に使いやすいカメラになりそうだ。Engadgetが見つけた朝日新聞の記事が、東芝のこのプロジェクトを詳報している。 このカメラは、カメラ用センサー(撮影素子)の上に50万個の小さなレンズを層状にかぶせたものになる。個々のレンズが、それ… 続きを読む

  • モバイル写真を制する者は宇宙を制す

    モバイル写真を制する者は宇宙を制す

    おかしな、ある意味で予想外のことが今日(米国時間12/12)起こった。Yahoo、今Marissa Mayerが舵を取るこの会社は、今が写真の共有とホスティングに関して世界に全く新しい体験をもたらす時であると決断した。それはFlickrのウェブサイトとiOSアプリにとっては全く新しいが、現在起きていることからすると、少々懐古的であり、そこが実に新鮮である。
    殆どの人がまだ気付いていない新しいFlickrアプリのキラー機能は、Flickr上のソーシャルグラフの構築と更新が超簡単なことだ。そう、他の会社に親切にすることには間違いなく良い面があ… 続きを読む

  • Twitter上でInstagramの写真がトリミング表示される問題発生―Kevin Systromは「将来はすべてInstagram.comで見てもらう」と説明

    Twitter上でInstagramの写真がトリミング表示される問題発生―Kevin Systromは「将来はすべてInstagram.comで見てもらう」と説明

    InstagramはTwitter Cardsとの連携を停止した。その結果、Instagramのユーザーのせっかくの傑作写真がTwitterではトリミングされた状態でしか見ることができなくなっている。 今日(米国時間12/5)、Instagramのファウンダー、CEOのKevin Systromはパリで開催中のLeWeb 12カンファレンスで、「これはリンクをわれれれのサービスに向ける自然な進歩によるものだ」と述べた。 「Instagramは今後もTwitterと連携していくが、その内容はいろいろに変化する」とKevinは語った。Instagr… 続きを読む

  • Twitter、フォトフィルタの導入を検討中。果たしてその真意は?!

    Twitter、フォトフィルタの導入を検討中。果たしてその真意は?!

    New York TimesのNick Biltonによると、Twitterが写真用フィルタの機能を付け加えようとしているらしい。しばらく前からTwitter内部で写真を扱えるようになっているが、そこに機能を付加しようとする試みなわけだ。こういうニュースを耳にすれば、誰もがFacebook/Instagramへの対抗策だと考えると思う。もちろんそうした意味もあるのだろう。しかしInstagramと真っ向から争おうとするものではないようにも思うのだ。 続きを読む