Politics

  • 北朝鮮のハッカー、韓国とアメリカの軍事計画を盗難

    北朝鮮のハッカー、韓国とアメリカの軍事計画を盗難

    韓国国防委員会に所属する国会議員が、北朝鮮のハッカーは韓国の最重要機密文書を盗んだと発言した ―― 文書の中には北朝鮮のリーダー、金正恩の暗殺計画(「斬首作戦」)も含まれている。 続きを読む

  • 政治戦略家にしてVC、ブラッドリー・タスクがシリコンバレーで成功した理由を語る

    政治戦略家にしてVC、ブラッドリー・タスクがシリコンバレーで成功した理由を語る

    ブラッドリー・タスクは以前から政治の世界で著名だった。タスクはロッド・ブラゴジェヴィッチイリノイ元州知事(その後 オバマ上院議員の後継者を指名する際の汚職で有罪)の下で知事代理(deputy governor)を務めた後、選対幹部としてマイケル・ブルームバーグのニューヨーク市長3選を助けた。 続きを読む

  • EFFが緊急の公開書簡をテクノロジー企業に送付、新政権でインターネットの監視と検閲が強化されることを危惧

    EFFが緊急の公開書簡をテクノロジー企業に送付、新政権でインターネットの監視と検閲が強化されることを危惧

    インターネットの自由とオープン性を守ろう、という趣旨の、テクノロジーのパイオニアたちによるご意見番的非営利団体Electronic Frontier Foundation(EFF)〔日本語Wikipedia〕がこのほど、今後インターネットの監視や検閲が増えるかもしれないので用心しよう、とテクノロジー企業に訴える公開書簡を発行した。その中でEFFは、インターネットのコントロールやインターネットの中立性、そして言論と報道の自由に関する、Trumpと彼のアドバイザーたちの声明文を引用している。 続きを読む

  • テクノロジー世界がついに反Donald Trumpをカミングアウト、一部の大企業CEOは沈黙を守る

    テクノロジー世界がついに反Donald Trumpをカミングアウト、一部の大企業CEOは沈黙を守る

    予備選が行われているとき、テクノロジー産業のリーダーたちは、大統領選という話題と、そのもっともお騒がせな候補者Donald Trumpについて、比較的静観してきた。一部の投資家たちはTwitter上で彼を酷評し、また彼の選挙戦はシリコンバレーからごくわずかな寄付しか稼げなかった。しかし今や、多くのCEOたちがこの指名候補を公開書簡で糾弾している。 続きを読む

  • Facebook、トレンド記事の偏見疑惑を否定しつつ、手続きの改善を約束

    Facebook、トレンド記事の偏見疑惑を否定しつつ、手続きの改善を約束

    Facebookは今日(米国時間5/23)、トレンド記事機能に関する公式質問、具体的には担当チームが過去数週間にわたり、保守的意見を抑制したり、一部の記事を恣意的に浮上させたりしたとする疑惑に回答した。 続きを読む

  • Watson Elections

    大統領候補は誰がいい? IBMのWatson Electionsがあなたの気分に基づいて決めてくれる

    ここまでの大統領選レースに悲しみ、怒り、喜び、混乱しているあなた。もし、誰に投票すべきか本当に迷っているなら、IBMが教えてくれるかもしれない。あなたの気分に応じて。 続きを読む

  • 大統領選でニューヨークタイムズのネイト・シルバーの数理モデル予測が全50州で的中―政治専門家はもはや不要?

    大統領選でニューヨークタイムズのネイト・シルバーの数理モデル予測が全50州で的中―政治専門家はもはや不要?

    New York Timesの選挙予測専門家、ネイト・シルバーは昨夜、大統領選の勝敗を全50州で的中させた。 その一方で、いわゆる政治専門家たちの予想はほとんどが外れた。中には笑うしかないような外れ方をした者もいる。 ネイト・シルバーについてはテレビのゲストに呼ばれる政治専門家が口を揃えて「リベラルに偏った見解」と非難してきた。しかしシルバーは今回も彼の作った数理的予測モデルが古臭い専門家の勘や生半可な統計に基づく推測より圧倒的に優れていたことを証明した。 残る疑問は、数理モデルのこれほどの有効性を見た後でもテレビのプロデューサーたちは時代遅れ… 続きを読む

  • Twitter、利用者の感情分析に基づく大統領選挙予測ページを開設

    Twitter、利用者の感情分析に基づく大統領選挙予測ページを開設

    TwitterがTwitter Political Indexというページを開設したとアナウンスしていた。Twitterによれば、このページは「Twitter上で展開される大統領候補者に関連したツイートの内容を分析するもの」なのだそうだ。関連発言は1週間に200万件近くに達するのだとのこと。Twitterにて行われるBarack ObamaおよびMitt Romney関連の発言を日々抽出して解析していく。そして両候補者の人気度合いを採点して掲載するのだ。本稿英語記事の執筆時点では、Obamaのスコアが34(下降傾向にある)で、フォロワーの水増… 続きを読む

  • ミット・ロムニー大統領候補のTwitterフォロワーが大量に水増しされた疑惑が浮上

    ミット・ロムニー大統領候補のTwitterフォロワーが大量に水増しされた疑惑が浮上

    ミット・ロムニー大統領候補のTwitterフォロワーを金で買うというとんでもなく愚かな決断をした人間がどこかにいるらしい。 7月に入ってロムニー候補のTwitterフォロワーが不可解にも突如15万人増えた。The Atlanticの調査報道によれば、統計的分析によって新たなフォロワーの多くが架空アカウントである疑いが出てきたという。ただしその操作を実行したのがCamp RomneyというよくわからないPR部隊の誰かであるという証拠はない。政治家に関する虚偽はどんな軽いものであってもデモクラシーに対する脅威となり得る。アメリカ国民は真相を知る… 続きを読む

  • インターネットでは政治家の発言もみ消しは不可能–ツイートを永久保存するPolitwoops

    インターネットでは政治家の発言もみ消しは不可能–ツイートを永久保存するPolitwoops

    インターネットにいったん何かが載ったら、それを削除するのはかなり難しい。でもTwitterのツイートは、誰かがリツイートしないかぎり、本人が削除すれば永遠に消えてしまう。しかしSunlight FoundationのPolitwoopsは、一部のツイートを保存して後世に残そうとしている。Politwoopsがフォローしているのは国会議員433名のTwitterアカウントだ。さらにオバマ大統領と共和党大統領候補Mitt Romney(ミット・ロムニー)のアカウントもフォローしている。 Sunlight LabsのディレクターTom Leeが今日(… 続きを読む

  • 実際に国や大企業を動かすピープルパワーサイトChange.orgがユーザ数1000万を突破

    実際に国や大企業を動かすピープルパワーサイトChange.orgがユーザ数1000万を突破

    Change.orgは2007年に非営利事業のためのソーシャルネットワーキングサイトとしてスタートした。今日では、このサイトは呼びかけプラットホームみたいなものへと変貌していて、世界中の活動家たちを力づけ、同サイトが“人民パワーによるキャンペーン(people-powered campaigns)”と呼ぶものの展開を支えている。初めのころの成長はゆっくりだったが、今や全速だ。同サイト自身のデータによると、ユーザは1000万を突破し、このところ毎月200万ずつ増えている。昨年10月には1か月に30万の増だったから、… 続きを読む

  • インターネット政党「Americans Elect」の野望と無謀

    インターネット政党「Americans Elect」の野望と無謀

    アメリカの政治について話そうと思う。ちょっと待って、行かないでくれ、心配ない、大丈夫、私はカナダ人だ。あなたがたの国の異常なデススパイラルも、理不尽な血の抗争も、吸血イカ的泥棒官僚も、そして摩訶不思議な積荷崇拝も、私には何も関係ない(そこに否定できないエンターテイメント性があることを除き)。そう、私はあなたの国の両政党のことを言っている。意味のあるものが2つしかないのは実に奇妙だ。われわれには〈5つ〉ある。南のみなさんは、どうしてそんなに少くてやっていけるのだろうか。 私は長い間、アメリカには第3党が必要だと論じてきた ― 〈どんな〉党であ… 続きを読む

  • マケインがオバマ追い上げ、ネット注目度も差が狭まる

    マケインがオバマ追い上げ、ネット注目度も差が狭まる

    党全国大会のシーズンも終わり、次の4年間の国のリーダーを選ぶ最後の決戦まで残すところ約8週間に迫った。終盤戦を前に、ここらで各候補のオンライン注目度を比べてみよう。 Google Trendsのデータによると、ジョン・マケイン共和党候補の支持基盤はバラク・オバマ民主党候補に急速に迫っており、ランニングメートの副大統領候補をサラ・ペイリンにする発表があった日にはマケインの検索数急増が見られた。ところがこの日はオバマもそれを上回る突出を見せている。これはたぶん、その前夜に全国大会で行った演説の影響と、ペイリンつながりで両陣営を比べる検索が増え… 続きを読む