sensors

  • MITの研究者が消化管を監視する消化型センサーを開発

    MITの研究者が消化管を監視する消化型センサーを開発

    MITの研究者らは長年消化型技術を研究してきた。ここ数年で様々な服用可能デバイスが開発され、その中にはブタの組織からなるバッテリー不要のロボットもある。特に同大学のKoch Instituteはこの分野に焦点を当てており、薬物摂取等を監視する消化可能センサーの利用を研究している。 続きを読む

  • 小型高精度のレーダーシステムを作るEchodyneが$29Mを調達、ドローンや自動運転車にレーダー能力を実装

    小型高精度のレーダーシステムを作るEchodyneが$29Mを調達、ドローンや自動運転車にレーダー能力を実装

    自動運転車は自分の回りのものを検出して接触や衝突を避けるための、センサーを必要とうする。しかも車が高速で動いているときには、前もって、正確に、十分に早く、ものを認識して衝突を避けることが必要だ。 そのための既存のシステムの多くが、何らかの光測検出系とカメラを主に利用している。しかし、そういうLiDAR(レーザー光測装置)やカメラの効力は天候に左右される。彼らは霧や塵埃、悪天候の中では視力が落ちる。遠くの物も、苦手だ。そして、その多くが十分な堅牢性とコンパクト性を欠き、おそらくドローンなどでは使えない。 続きを読む

  • ボールと選手全員にセンサーをつけてバスケの試合をリアルタイムで分析するShotTracker、ファン用アプリもある

    今週のクールなスポーツハードウェアは、こいつだ: カンザスシティーのShotTrackerが作ったチーム用のシステムは、バスケットボールの試合の最初から最後までの経過データをリアルタイムで収集分析する。そのデモが、今週カンザスシティーで開催されているトーナメントNAIA D1 Men’s National Championshipの、31の出場チームすべてに対して行われている。トーナメント戦用のリアルタイムの自動化データ収集システムは、これが初めてだ。 続きを読む

  • 建設現場の健康環境をモニタするSmartSiteのハードウェアは一般市販のセンサーを使って低価格を実現

    建設現場の健康環境をモニタするSmartSiteのハードウェアは一般市販のセンサーを使って低価格を実現

    Y Combinator出身のSmartSiteが、建設労働者の労働環境をモニタするハードウェアとクラウド上のソフトウェアのペアをリリースした。 癌や呼吸器障害、皮膚炎などは肌や粘膜が危険物質に触れることで起こり、また過度な騒音や振動も健康被害をもたらす。これらの劣悪な環境にさらされることは、とくに建設労働者において多い。 アメリカ労働省のデータによると、建設労働者の労災死は最近増加傾向にあり、2014年には874名を数えた。 そこでSmartSiteのシステムは、ノイズのレベルと、空気中の微粒子、および紫外線をモニタする。 続きを読む

  • 服にワッペンのように縫い付けておける軽量薄型毒ガス検出器をMITで開発、当面は軍用を目指す

    服にワッペンのように縫い付けておける軽量薄型毒ガス検出器をMITで開発、当面は軍用を目指す

    MITの4人の研究者チームが、毒ガスを検知するウェアラブルセンサーを開発した。これとアプリによりスマートフォンなどのワイヤレスデバイスがユーザーに、危険を知らせることができる。 研究者たちが構想しているのは、送信機の回路も含めてクレジットカードよりも薄くて軽いバッジを作り、それを実戦用の軍服に縫い付けておくことだ。 “兵士はすでに大量の装備を身につけているし、その中には多くの通信機器もある”、とMITの化学の教授Timothy Swagerが、彼が中心になって書いたこのセンサーに関するペーパーで述べている。Journ… 続きを読む

  • Sony若手チームが「物のメッシュネットワーク」でクラウドファンディング…“事前知名度”をねらう

    Sony若手チームが「物のメッシュネットワーク」でクラウドファンディング…“事前知名度”をねらう

    昨年、シンプルなeペーパースマートウォッチをクラウドファンディングしたSonyが、またIndiegogoにプロジェクトを出している。どうもSonyにとってクラウドファンディングは、新しいアイデアの有効性を、宣伝しながらテストする試験紙なのかもしれない。 続きを読む

  • 新型バイオセンサーは、皮膚の下から体液を採取して喉の渇きを検出する

    新型バイオセンサーは、皮膚の下から体液を採取して喉の渇きを検出する

    ご存じの通り、植物(および人間)は電解質を必要としている。しかし、これまで私たちは、体が少し不調を感じた時、自分の感性を信じてペットボトル飲料を買いにいかねばならなかった。しかし、この新しいセンサーは、微小な針を使って貴重な体液を少しばかり盗み取り、あなたが補給を必要としているかどうかを見極めてくれる。 続きを読む

  • IoT
    ハードウェア音痴が物のインターネットのアプリケーション開発を容易に試行できるWunderBarセンサモジュールキット

    ハードウェア音痴が物のインターネットのアプリケーション開発を容易に試行できるWunderBarセンサモジュールキット

    【抄訳】
    ヨーロッパのスタートアップrelayrは、昨年の1月に創業され、今でもアクセラレータStartupBootcampの屋根の下にいるが、このほど、将来の市場が大きいと言われる物のインターネット(Internet of Things, IoT)のためのアプリケーション開発をデベロッパが容易に実験できるためのハードウェアキットで、クラウドファンディングによる資金募集を開始した。 続きを読む

  • スマートフォンのために多様なセンサーを揃えたNode, 用途は無限

    スマートフォンのために多様なセンサーを揃えたNode, 用途は無限

    ぼくは実は本物の科学者でもあるから、研究のためにときどき、なにかのg力や気圧などを知りたくなることがある。これまではそのために個別の測定装置などを使っていたが、これからはNodeがあれば、たいていのことは間に合う。 Kickstarterで育ったNodeは、要するにセンサーのチューブだ。そのチューブの先端に、加速度計、気圧計、温度計、ジャイロスコープなど、いろんなセンサーを装着して、省電力のBluetooth 4.0でスマートフォンに接続し、それらの値を読む。 Kickstarterを巣立って大人になった今のNodeは、多様なセンサーを揃え… 続きを読む

  • 新技術「センサーフュージョン」によるショッピングモール内ナビ

    新技術「センサーフュージョン」によるショッピングモール内ナビ

    たしかに、GPSはA地点からB地点へ行くときには助かるけど、でもショッピングモールの中でケーキ店Cinnabonを見つけたいとき、どうする? Fraunhoferが作った新製品のシステムは、いわば“店内ナビ”ないし“モール内ナビ”で、建物内のユーザの現在位置をとても単純なセンサーを使って判定する。 このシステムは、ユーザが建物内に入って、QRコードをスキャンすると動き始める。それによってシステムには、ユーザの現在位置が分かる。内蔵の歩数計と羅針盤により、ユーザがどっちへどんな速度で向かって… 続きを読む