spacex

  • イーロン・マスク、TEDでトンネル計画を語る――SpaceX、自動運転等の事業も

    イーロン・マスク、TEDでトンネル計画を語る――SpaceX、自動運転等の事業も

    少なくとも3社のCEO、イーロン・マスクが先週金曜日にバンクーバーで開催されたTED 2017カンファレンスに登場した。上のビデオにその模様が収められている。マスクは注目の新事業、地下トンネルの掘削計画についてビジョンを語った。 マスクは地下トンネルの3Dネットワークによって現在の地上の交通渋滞が大幅に改善されるとしている。マスクはThe Boring Companyの事業計画についてこれまでになく詳しく… 続きを読む

  • SpaceX、NROL-76の打ち上げに利用したロケットの地上回収に成功

    SpaceX、NROL-76の打ち上げに利用したロケットの地上回収に成功

    NROL-76の打ち上げに利用したFalcon 9は、既報通りに無事回収された。Falcon 9は、打ち上げ後しばらくして第二段ロケットを切り離し、その後に予定通り地球に向けて下降した。 続きを読む

  • SpaceX、Falcon 9再利用による打ち上げコストは初回の「半分以下」

    SpaceX、Falcon 9再利用による打ち上げコストは初回の「半分以下」

    実際SpaceXはFalcon 9ロケットの再利用でいくら節約できたのか?それほどでもないと思うかもしれない。なにしろ今回のSES-10の打ち上げは彼らにとって初めてのロケット再利用だったのだから。しかし、SpaceXのプレジデント、Gwynne ShotwellはSpace Symposiumカンファレンスで、昨年の宇宙ステーション補給ミッションCRS-8で使用したFalcon 9ロケットの再生コストは… 続きを読む

  • SpaceX、中継切れのあのシーンを公開―Falcon 9ブースターがドローン艀に垂直着陸

    SpaceX、中継切れのあのシーンを公開―Falcon 9ブースターがドローン艀に垂直着陸

    SpaceXは衛星打ち上げミッションの一部始終を生中継で公開している。われわれも報じたとおり、前回のSES-10放送衛星打ち上げでは、回収したFalcon 9ブースターの再利用に成功し、さらに上の写真のように大西洋上のドローン艀への回収にも成功した。しかし SpaceXが公開していた生中継ビデオはブースターの大気圏再突入時にカメラの不具合でビデオの送信が途切れ、ドローン艀からの送信も中断してしまった。… 続きを読む

  • AppleがGPUを自社開発中、これまでのサプライヤーから技術者数名を引き抜く

    AppleがGPUを自社開発中、これまでのサプライヤーから技術者数名を引き抜く

    今では数社のスマートフォンメーカーが自社独自のモバイルプロセッサーを作っているが、しかしその中でAppleはさらに一歩進んで、グラフィクス用のプロセッサーも自社で
    開発するようだ。 Appleからの公式発表等はまだないが、長年のパートナーであるImagination TechnologiesがAppleから聞いた話としては、同社は15ないし24か月後に、他社の知財であるGPUの使用をやめる、という。つま… 続きを読む

  • SpaceX、Falcon Heavyの発射と2段目ロケットの回収に挑戦へ―火星植民への第一歩

    SpaceX、Falcon Heavyの発射と2段目ロケットの回収に挑戦へ―火星植民への第一歩

    Falcon 9ブースターの再利用の成功を受けて、イーロン・マスクはSpaceXがさらに大型のFalcon Heavyロケットのテストを実施することを発表した。このフライトでは2段目のロケットを地表に回収することも試みる。Falcon Heavyのブースターだけでなく2段目も再利用できるようにするのが目的だ。地表と宇宙をロケット全体が繰り返し往復できるようにすることは、SpaceXの最終目的である火星植… 続きを読む

  • SpaceX、再利用したFalcon 9の2度目の回収に成功

    SpaceX、再利用したFalcon 9の2度目の回収に成功

    SpaceXは今日の歴史的宇宙飛行でもう一つの重大任務を完了した。Falcon 9ロケットを浮遊ドローン船で回収することに成功した。これが大きな偉業である理由は、以前にも同じロケット同じドローン船で同じことをしているからだ。Falcon 9は昨年4月の国際宇宙ステーションの補給ミッションで打ち上げおよび回収に成功している。 続きを読む

  • SpaceX、軌道ロケットFalcon 9の再打ち上げに初めて成功

    SpaceX、軌道ロケットFalcon 9の再打ち上げに初めて成功

    SpaceXは、同社のロケットFalcon 9の再打ち上げに初めて成功した。地球周回軌道に乗るロケットを再利用した世界初の快挙だ。この実績は、ロケット打ち上げを低価格にして企業や政府機関が利用しやすくする、というSpaceXの長期事業計画にとって極めて重要な意味を持つ。宇宙飛行の経済を根本から変えることで野心的プロジェクトを推進し、最終的には火星旅行を目指す。 続きを読む

  • SpaceXの補給船、ISSから機器・データを無事回収

    SpaceXの補給船、ISSから機器・データを無事回収

    昨日(米国時間3/19)、SpaceXはISS〔国際宇宙ステーション〕へのCRS-10補給ミッションの最後の段階を実施した。2月19日に打ち上げられたDragonカプセルは2トンの物資および実験機器をISSに補給した。この数週間、ISSのクルーはペイロードを移動させるのに忙しかった。 続きを読む

  • SpaceX、EchoStar XXIII放送衛星を静止軌道に打ち上げ成功

    SpaceX、EchoStar XXIII放送衛星を静止軌道に打ち上げ成功

    SpaceXはEchoStarの放送衛星を静止軌道に打ち上げることに成功した。この打ち上げは2度目の試みだった。火曜日の打ち上げは地上の天候不順のため延期されていた。SpaceXはEchoStar XXIIIを水曜日(米国時間3/15)に高度35800kmの軌道に投入した。 発射されたのは火曜日の午前2時(東部時間)だった。 続きを読む

  • NASA、SpaceXの月旅行支援を発表―さらなる野心の現れだ

    NASA、SpaceXの月旅行支援を発表―さらなる野心の現れだ

    SpaceXが来年乗員2名を月周回軌道に往復させるという計画を発表して世界を驚かせたのに続いて、NASAがSpaceXのプロジェクトを支援するという声明を発表した。短い声明だが言外の意味は大きい。民間企業の宇宙進出は政府機関の宇宙開発も拡大させる追い風となるようだ。 続きを読む

  • SpaceXのDragon補給船、無事にISSにドッキング成功

    SpaceXのDragon補給船、無事にISSにドッキング成功

    日曜日にケネディー宇宙センターから2.5トンの観測機器などの物資を搭載して打ち上げられたSpaceXのDragon補給船はISS〔国際宇宙ステーション〕とのドッキングに無事成功した。Dragonは一度ISSに接近したもののGPS計器の示す値に異常があったためドッキングは一度中断された。 続きを読む

  • SpaceXのISS補給船がドッキングに失敗―金曜に再挑戦

    SpaceXのISS補給船がドッキングに失敗―金曜に再挑戦

    今日の明け方(米国時間2/22)、GPSに問題が起きてSpaceXのDragon補給船はISS〔国際宇宙ステーション〕とのドッキングに失敗した。補給船はISSから800メートル程度の距離まで接近していたが、ドッキングは中止された。NASAによればDragon補給船、ISSおよび乗員の安全に問題は生じていないという。 続きを読む

  • ボーイング、3Dプリントで衛星の小型化、製造の効率化へ

    ボーイング、3Dプリントで衛星の小型化、製造の効率化へ

    宇宙航空産業のボーイングは衛星の小型化、組立工程の省力化を進めようとしている。Wall Street Journalの記事によれば、ボーイングは衛星を運用可能にするまでの複雑な手順の多くをオートメーション化して製造を効率化するという。 続きを読む

  • SpaceX、Falcon 9ロケット第一段の垂直着陸に成功

    SpaceX、Falcon 9ロケット第一段の垂直着陸に成功

    今日のSpaceXミッションはあらゆる点で成功だった。打ち上げに成功したDragonロケットは国際宇宙ステーションに向かっている。SpaceXは、Falcon 9ロケット第1段をケープカナベラルに着陸させることにも成功した。 続きを読む

  • SpaceX、回収したFalcon 9の再利用も「間もなく」

    SpaceX、回収したFalcon 9の再利用も「間もなく」

    SpaceXといえば、打ち上げたロケットを安定的に回収している。しかし目的は回収ではなく再利用だ。その再利用がいつになるのかと期待して待っている人に朗報がもたらされた。回収したロケットの再利用に向けてのステップとして、Falcon 9ロケットの静止状態におけるエンジン点火実験に成功したそうなのだ。 続きを読む

  • SpaceX、事故調査を終了、1月8日にIridium通信衛星打ち上げへ

    SpaceX、事故調査を終了、1月8日にIridium通信衛星打ち上げへ

    SpaceXはケープカナベラル宇宙基地で大型ロケットが打ち上げ直後に爆発した事故の調査を完了したと発表した。調査はFAA、NASA、NTSB、空軍等の宇宙航空の安全に関わる連邦機関と協力して実施された。収集された残骸やデータを綿密に調査した他、カリフォルニア州ホーソンとテキサス州マクレガーのSpaceXの施設でも実験が行われた。 続きを読む

  • SpaceX、ドラゴンによる初の有人飛行は2018年を予定

    SpaceX、ドラゴンによる初の有人飛行は2018年を予定

    SpaceXは、NASAのミッションとして有人のDragon宇宙船を2017年中に打ち上げる予定にしていた。当初の予定より半年ほど遅れることとなったが、打ち上げは2018年に行う予定であることが発表された。9月の爆発事故をうけてFalcon 9の燃料搭載プロシージャの改善作業を行なっていたことも一因だ。 事故直後、SpaceXは「デザイン面、システム面、手順面」に及ぶ「調査と改善」が必要となると話して… 続きを読む

  • SpaceX、NASAの地表水探査計画でロケット打ち上げ契約を獲得

    SpaceX、NASAの地表水探査計画でロケット打ち上げ契約を獲得

    NASAは、2021年4月に予定している初めて地球全体の表層水を調査する計画で、ロケット打ち上げ事業者にSpaceXを選んだ。この「地表水および地形」計画の打ち上げには、SpaceZのロケットFalcon 9が使用され、カリフォルニア州ヴァンデンバーグ空軍基地の4E発射施設から飛び立つ。 続きを読む

  • 民間企業の宇宙レース激化―ボーイングCEOが「SpaceXより先に火星に着く」と宣言

    民間企業の宇宙レース激化―ボーイングCEOが「SpaceXより先に火星に着く」と宣言

    競争は進歩の源だ。ボーイングのCEO、Dennis Muilenburgが人間を火星に送り込むレースでSpaceXに勝つことを宣言したのは素晴らしい。 Bloombergによれば、Muilenburgば火曜日、シカゴで開催されたカンファレンスで「火星に足を踏み入れる最初の人類はボーイングのロケットを使うことは間違いないと確信している」と語った。 続きを読む