Stanford University

  • わずか20セントの子どもの回転おもちゃで1000ドル相当の医学用遠心分離器を作れた

    わずか20セントの子どもの回転おもちゃで1000ドル相当の医学用遠心分離器を作れた

    高速回転により液体中の物質を分離する遠心分離器という器具は、世界中の医学研究所にある。しかしその良いものは2000ドルぐらいするし、もちろん電気が必要だ。お金も電気も、世界の最貧国の田舎の病院にはないだろう。スタンフォード大学の研究者たちが作った代替品は、わずか数セントの費用でできるし、充電も要らない。彼らのヒントとなった子どもの玩具は、遠心分離器として意外にも高品質なのだ。 続きを読む

  • スタンフォード大学のロボット‘Jackrabbot’は歩行者が無意識に守っている説明の難しい複雑なルールを学習中

    スタンフォード大学のロボット‘Jackrabbot’は歩行者が無意識に守っている説明の難しい複雑なルールを学習中

    人間の大人でも、人混みの中を歩くのが難しいことがある。ましてや、不器用で素朴な脳のロボットはどうだろう? 人にぶつかることを避けるために、“右へ行くべきか左か?”を一瞬々々ぎごちなく考えながら歩く、…スタンフォード大学の研究者たちは、彼らのロボット”Jackrabbot”が、そんな路上のルールを学習できる、と期待している。 同大のComputational Vision and Geometry Lab(コンピューターによる視界とジオメトリ研究所)はこれまですでに、歩行者の動きを追跡して予測するコ… 続きを読む

  • 重度のアレルギーに苦しむショーン・パーカー、アレルギー研究センター建設に2400万ドル寄付

    重度のアレルギーに苦しむショーン・パーカー、アレルギー研究センター建設に2400万ドル寄付

    Napsterの共同ファウンダー、Facebook初代CEOにして大株主のビリオネア、ショーン・パーカーは小さいときから重度のアレルギーと喘息に苦しんできた。ピーナツに触れた食べ物を知らずに食べて救急病棟に運び込まれた回数は文字通り数えきれないほどだという。 私の電話インタビューに対してパーカーは「結婚してからだけでも14回入院している。ピーナツ、アボカド、甲殻類、全部ダメだ。大学4年のときには集中治療室に3週間も入院した」と語った。 続きを読む

  • 故スティーブ・ジョブズの妻、ローリーン・パウエル・ジョブズがスタンフォード大学評議員に

    故スティーブ・ジョブズの妻、ローリーン・パウエル・ジョブズがスタンフォード大学評議員に

    故スティーブ・ジョブズの妻、ローリーン・パウエル・ジョブズがスタンフォード大学評議員に選出された。任期は5年間で10月1日から始まる。 ローリーンは以前から教育関係の活動に熱心だった。また彼女はスタンフォード大学のビジネス・スクールで1991年にMBAを取得している。スティーブ・ジョブズ自身も、在学したことはなかったが、スタンフォードとは縁が深い。ジョブズは2005年にスタンフォード大学であの有名な卒業式のスピーチを行なっている。実際、ジョブズは1989年にスタンフォードのビジネス・スクールで講演したことがきっかけでローリーンと知り合っ… 続きを読む