スタートアップ

  • 手持ちコントローラーが要らない(足の裏でコントロール)電動スケボーZBoardは慣れると快適

    電動スケートボードは効率が悪いし楽しくない、という説には誰も反論しない。最新の電動スケートボードであるBoosted BoardやInBoard M1は、手持ちのコントローラーがBluetoothでボードと通信することによって運転する。でもロサンゼルス生まれのZBoardはコントローラーを廃し、ボード本体のセンサーと足の裏の圧力で操作する。 続きを読む

  • ミリ波ビームによる高速インターネット接続網を提供するStarry Internetが新たに$30Mを調達

    ミリ波ビームによる高速インターネット接続網を提供するStarry Internetが新たに$30Mを調達

    今年の初めにステルス状態を脱したStarry Internetは、その後もずっと試行に終始し、そのユニークな技術をボストンの本社周辺で小規模にテストして、一部のメディアにのみ取材を許してきた。 Starryのソリューションはこれまで、多くの人が憶測をめぐらし、あるいは興奮を招(よ)んできた。それはミリ波のビームを使ってブロードバンド級の速さの無線インターネットを空中にはりめぐらし、特定ISPへの閉じ込… 続きを読む

  • Googleが検索結果に映画やテレビ番組の評価を含めることを実験中

    Googleが検索結果に映画やテレビ番組の評価を含めることを実験中

    Googleがまた、ちょっとした軽いサービスを検索結果の中に直接入れることによって、既存の業界を破ろうとしている。今回は、映画格付けのRotten TomatoesやIMDbとGoogleが、検索すると映画の評価も分かる、という機能をテストしている。 GoogleがSearch Engine Landに確認しているところによると、現在この機能は単なる実験であり、現時点では何も発表することはない、ということ… 続きを読む

  • AngelListがスタートアップのプロダクト発見サイトProduct Huntを買収

    AngelListがスタートアップのプロダクト発見サイトProduct Huntを買収

    スタートアップのためのLinkedInと呼べるAngelListは、ユーザーがスタートアップのプロダクトに投票できるProduct Huntを買収した。買収額は非公開だ。 ここ数ヶ月、Product Huntは資金調達に動いているという噂があった。だが、AngelListへの売却がProduct Huntの未来にとって最適な道であり、手を組むことにしたとProduct Huntのファウンダー、Ryan Hoo… 続きを読む

  • 翻訳サービスから東大門市場のファッションアプリまでーー韓国の有望なスタートアップ8社を紹介

    翻訳サービスから東大門市場のファッションアプリまでーー韓国の有望なスタートアップ8社を紹介

    日本から韓国まで飛行機で3時間もかからないが、すぐ隣の国のスタートアップについて知る機会は案外少ない。11月28日、韓国のスタートアップ支援を行う官民ネットワークStartup Alliance Koreaと日本のベンチャーキャピタル、グローバルブレインは韓国スタートアップのピッチイベントを共催し、勢いのある韓国スタートアップ8社が登壇した。 ブロックチェーンやVRといった全世界的に注目が集まっている分… 続きを読む

  • ヘッドフォンを秘かにマイクロフォンに変えて、盗聴ができる(“実用化”はまだだ)

    ヘッドフォンを秘かにマイクロフォンに変えて、盗聴ができる(“実用化”はまだだ)

    イスラエルのベングリオン大学のセキュリティ研究者たちが、ヘッドフォンをマイクロフォンに変えて会話を秘かに録音する方法を見つけた。その技術はまだ概念実証の段階だが“Speake(a)r”と呼ばれ、最初はPCにつないだヘッドフォンをマイクロフォンに変え、そのPC上で録音の音質を本物のマイクロフォンと比較した。その結果ヘッドフォンは、パッシブ(無電源)のマイクロフォンと同じぐらい… 続きを読む

  • 電話カウンセリング「ボイスマルシェ」のバーニャカウダが6000万円を調達、法人向けの福利厚生サービスに軸足

    電話カウンセリング「ボイスマルシェ」のバーニャカウダが6000万円を調達、法人向けの福利厚生サービスに軸足

    女性専用の電話カウンセリングサービス「ボイスマルシェ」を運営するバーニャカウダは、SMBCベンチャーキャピタル・みずほキャピタル・三生キャピタルを割当先とする第3者割当増資を実施した。調達額は約6000万円で内訳は非公開。調達した資金を元手にさらなるサービス拡大を図る。ボイスマルシェは、女性専用の電話カウンセリングサービスだ。ユーザーは、心理カウンセラーやキャリアコンサルタント、コーチなどの専門家… 続きを読む

  • 「iPhone版DayDream」でGoogleに挑む──スマホVRコントローラーのVroomがKickstarterで出資募集中

    「iPhone版DayDream」でGoogleに挑む──スマホVRコントローラーのVroomがKickstarterで出資募集中

    「DayDreamに対抗するVRプラットフォームを創りあげる」──こう語るのはワンダーリーグの代表取締役社長・北村勝利氏だ。同社はiPhoneや既存のAndroid端末でも使えるスマホVR用のモーションコントローラー「Vroom」を開発し、Kickstarterで出資の募集を開始した。目標金額は約100万円で、2017年1月後半の出荷を予定する。 続きを読む

  • なぜシリコンバレーのトップ投資家たちは今、ラテンアメリカに投資するのか?

    なぜシリコンバレーのトップ投資家たちは今、ラテンアメリカに投資するのか?

    ラテンアメリカは、今地球上で一番見落とされているている市場かもしれない。同地域のベンチャー市場規模はインドや中国には及ばない。ウォールストリートジャーナルによれば、2016年前半の中国における新規ベンチャーキャピタルファンドは118億ドル(14%減)に上るのに対し、ラテンアメリカでは2億1800万ドルだった。「真のスタートアップ」となるには10億を超えるユーザーが必要だと考える投資家たちは、同地域… 続きを読む

  • プログラミング学習ゲームを提供するCodeSparkが410万ドルを調達

    プログラミング学習ゲームを提供するCodeSparkが410万ドルを調達

    ロサンゼルスのスタートアップcodeSparkがシード資金410万ドルを調達した。同社は、まだ読み書きもおぼつかない年齢の子供たちに対してもコードの書き方を教えることのできる、ウェブとモバイルのゲームを提供している。 CodeSparkのゲームは4〜9歳の子供たちのために開発され、単にSTEMの概念を教えるだけではなく、男の子と女の子が同様に関われることを目標に置いている。例えば、ゲームには女の子の… 続きを読む

  • Flywheel、タクシー用のUberライクなシステムをニューヨークに拡大

    Flywheel、タクシー用のUberライクなシステムをニューヨークに拡大

    タクシー用アプリのスタートアップ、Flywheelが正式にニューヨーク進出した。従来型タクシーがUberやLyftに対抗するための基盤を作る。最近Flywheelは、ニューヨークのタクシー・リムジン委員会から同社のスマートフォン用タクシーメーター、TaxiOSを利用するための承認を得た。TaxiOSには、配車、支払い、ナビ、およびGPSベースのメーター等の機能がある。 続きを読む

  • 私たちがあなたの会社に投資しない11の理由

    私たちがあなたの会社に投資しない11の理由

    ほとんどのVCと同じように、私たちは毎週しばしば数十件に及ぶ案件をレビューする。私たちは、私たちの一般的な投資基準(例えば業界、ステージ、モデル)に適合しないものを、素早く排除することができるフィルターを開発した。 この初期選考プロセスを生き残った案件は、更なる精査と適性評価の対象となる。このプロセスは様々な観点を含んでいる。財務諸表と収益予測;創業者、顧客、他の投資家との議論;その会社、製品、そし… 続きを読む

  • シリコンバレーでは、スタートアップ経験が履歴書代わりになりつつある

    シリコンバレーでは、スタートアップ経験が履歴書代わりになりつつある

    エンジニア5人とその仲間が集まってエンジェル投資をいくらか募り、スタートアップを設立したと思ったら、ほとんどもしくは全く収益もないまま1000万ドルで売却。一体どういうこと? ありがちな解釈ならば、ITバブル、思慮のない”アクハイヤー”(買収による人材獲得)、あるいは不合理な共同幻想になるだろう。しかし、もう少し大きな視点から見れば、たとえば超一流の人材が報酬を得る方法が根… 続きを読む

  • VC
    ファウンダーがVCの資金源を気にすべき理由

    ファウンダーがVCの資金源を気にすべき理由

    スタートアップの資金調達は、ストレスのたまるプロセスとして有名だ。莫大な量のインクが、VCにプレゼンを行う際の注意点ひとつひとつについて書くことに費やされ、巷には起業家が契約を結ぶのに役立つとされている”コツ”が溢れている。 しかし、VCへの気遣いや、いかに彼らに印象を与えるかということばかりに労力が使われている一方、リミテッドパトナー(LP)という、ベンチャー界を動かすお金… 続きを読む

  • Linux、25歳の誕生日おめでとう

    Linux、25歳の誕生日おめでとう

    Linuxは8月25日で25歳になる。Linus Torvaldsが新しいオペレーティングシステムへの協力を求める運命的メッセージを送った日だ。「386(486)AT互換機用に(フリーの)オペレーティングシステムを作っています(単なる趣味でgnuのように大きくてプロフェッショナルなものにはならないでしょう)。4月から作り始めて、そろそろ準備が整うところです。minixの好きなところ嫌いなところを教え… 続きを読む

  • TechCrunch Tokyoでスタートアップ優待のデモブースを募集中

    TechCrunch Tokyoでスタートアップ優待のデモブースを募集中

    「TechCrunch Tokyo 2016」は、今年もスタートアップを応援します――。創業3年以内の企業が、格安でプロダクトのお披露目ができる「スタートアップデモブース」の出展募集を開始したので、お知らせしたい。 ブースを出すメリットとしては、起業家や投資家といったスタートアップ関係者のコア層だけでなく、TechCrunch読者というアーリーアダプター層にアピールできることだろう。それから、イベントに… 続きを読む

  • Naborlyは、家主のためにテナントを自動的に評価してくれるサービス

    Naborlyは、家主のためにテナントを自動的に評価してくれるサービス

    想像してみてほしい。あなたはサンフランシスコにいい物件を持っていて、善良な人々にあまり高くない家賃で貸したいと思っている。果たして新しいテナントが一文なしの怠け者でないことをどうすれば確認できるだろうか?Naborlyには、アイデアがあるらしい。 続きを読む

  • ポーランドの3DプリンターメーカーZortraxがDellとの契約を偽造

    ポーランドの3DプリンターメーカーZortraxがDellとの契約を偽造

    2年前、未だ世界の3Dプリンター業界で激しい競争が繰り広げられていたとき、Zortraxと呼ばれるポーランドの小さな企業が、Dellと3Dプリンター5000台分の契約を結んだというニュースで大きな話題になった(そしてそれを利用して同社は資金調達を行った)。私は2014年にこのニュースを報じ、同年にその示唆についてもっと深く調査したところ、Zortraxの投資家やファンに関係するような情報をほとんど… 続きを読む

  • 肉眼で見えないドローンを見つけるDedroneがAirbusと組んで空港など広い領域でドローン発見に一役

    肉眼で見えないドローンを見つけるDedroneがAirbusと組んで空港など広い領域でドローン発見に一役

    飛んではいけない、あるいは飛んでいてほしくない空域を飛んでるドローンを、人間の肉眼以上の能力で検出するDedroneが、民間航空機のメーカーAirbusの電子部門とパートナーして、広い空間や遠い場所におけるドローン検出機能を提供することになった。 Dedroneの技術がAirbusの長距離レーダー技術と統合される。後者は地上のセンサーと、クラウド上のデータ分析/報告ソフトウェアにより、構成されている… 続きを読む

  • IndieBioデモデーでバイオ系スタートアップの最新動向をチェック!

    IndieBioデモデーでバイオ系スタートアップの最新動向をチェック!

    場所はサンフランシスコのダウンタウンにあるFolsom Street Foundry、今日の午後はその一室でIndibioの3度目のデモデーが開催されており、最新のイノベーションについて興味津々の人たちでごった返していた。アクセラレーターのデモデーは一大イベントとなり、今ではTechCrunchもライブストリーミングを行っている。しかし、真の意味で純粋なバイオテックアクセラレーターがSOS Ventur… 続きを読む