Steve Jobs

  • Xiaomi、今度は858ドルのMacbook Proライバル機でAppleに対抗

    Xiaomi、今度は858ドルのMacbook Proライバル機でAppleに対抗

    本日(米国時間9/10)中国のIT大手Xiaomiは、Appleに何本もの矢を放った。同社はスマートフォンに続き、Macbook Airに対抗する低価格Windows機を発表した。 続きを読む

  • MacBook ProのTouch Barが正しい選択である理由

    MacBook ProのTouch Barが正しい選択である理由

    人はギリシャ悲劇を好む。イカロスは太陽に近づきすぎて地球に墜落した。Appleはコアユーザーを忘れ、Microsoftに名声を奪われた。Touch Barは、MacBookでタッチスクリーンを採用するか、タッチを完全に無視するかを決めかねた妥協の産物だ。 続きを読む

  • シリコンバレーの偉大なメンター、ビル・キャンベルが逝去。愛情あふれる追悼文が寄せられる

    シリコンバレーの偉大なメンター、ビル・キャンベルが逝去。愛情あふれる追悼文が寄せられる

    フットボールの古い諺がある。「重要なのは注ぎ込んだ時間ではなく、その時間に何を注ぎ込んだかだ」。 続きを読む

  • 自称Appleストア熱狂者ゲイリー・アレン、67歳で死去

    自称Appleストア熱狂者ゲイリー・アレン、67歳で死去

    私が一番心配していることの一つ、それは趣味 ― 没頭できる健全な情熱 ― を持っていないこと。もちろんテクノロジーは大好きだが、これは私の仕事でもある。Gary Allen、自称「Appleストア熱狂者」が日曜日(米国時間10/11)、脳腫瘍との闘病の末67歳で亡くなった。Washington Postが伝えた。同紙が指摘する興味深い点。それは、AllenがApple製品に関しては、それを一般に販売する場所ほどのファンではなかったことだ。 続きを読む

  • アーロン・ソーキンのスティーブ・ジョブズ映画、初の予告編はかなり『ソーシャル・ネットワーク』っぽい

    アーロン・ソーキンのスティーブ・ジョブズ映画、初の予告編はかなり『ソーシャル・ネットワーク』っぽい

    アーロン・ソーキンはスティーブ・ジョブズの一生を描いた脚本について数年前から構想を練っていたが、制作への道は険しかった ― しかし、ユニバーサルスタジオはついに最初の予告編を正式公開した。 続きを読む

  • スティーブ・ジョブズの伝記映画はユニバーサルから配給(Sonyから$30Mで買い取りか?)

    スティーブ・ジョブズの伝記映画はユニバーサルから配給(Sonyから$30Mで買い取りか?)

    Aaron Sorkin作、待望のスティーブ・ジョブズ映画の配給元がUniversal Picturesに決まった。制作会社Sony Picturesは、今月、この映画の2年がかりの制作を終え、配給権をユニバーサルに譲渡した。 Hollywood Reporter誌の記事によると、月曜日にユニバーサルの広報がこの件を確認した。記事によるとユニバーサルはSonyに3000万ドルを支払った、とされているが、これについては確認がない。 続きを読む

  • Webサミットで見た、未だに大きいスティーブ・ジョブズの影

    Webサミットで見た、未だに大きいスティーブ・ジョブズの影


    今週ダブリンで行われたWeb Summitに参加していた私は、没後3年以上が過ぎた今も、われわれはAppleの共同ファウンダー、スティーブ・ジョブズに取り付かれていると思わずにいられなかった。当時の彼を知っていたり、ましてや彼とミーティングをしたことのある人がいれば、インタビュアーは必ずそれについて聞きたがる。 続きを読む

  • 『沈みゆく帝国』の著者、ケイン岩谷ゆかり氏がセミナーでDanbo山田昇氏と対談

    『沈みゆく帝国』の著者、ケイン岩谷ゆかり氏がセミナーでDanbo山田昇氏と対談

    ケイン岩谷ゆかり氏の『沈みゆく帝国 スティーブ・ジョブズ亡きあと、アップルは偉大な企業でいられるのか』(日経BP刊) についてはTechCrunch JapanでもApple CEOティム・クックが名指しで批判した「沈みゆく帝国」で詳しい書評を掲載しているが、岩谷氏が昨夜(7/16)東京でセミナーを行ったので取材してきた。このセミナーは出版元である日経BPが企画し、趣旨に賛同したサイバーエージェントがビジネスパーソン向けイベント事業、SHAKE100の一環として運営協力したものという。 セミナーはサイバーエージェントの渡邉大介氏がモデレータとな… 続きを読む

  • 【書籍】Apple CEOティム・クックが名指しで批判した「沈みゆく帝国」

    【書籍】Apple CEOティム・クックが名指しで批判した「沈みゆく帝国」

    Appleの偉大な経営者スティーブ・ジョブズが存命中には、彼のリーダーシップやプレゼンテーションに注目が集まり、それにまつわる多数の書籍が出版された。その後ジョブズが膵臓がんで亡くなると、『インサイド・アップル』や『アップル帝国の正体』といった、Appleの組織構造について言及した書籍が発表されるようになる。そしていま、世間の関心は「ビジョナリーなリーダーが去っても、偉大な会社が偉大なままでいられるのか」という点に寄せられている。 続きを読む

  • Dropboxは、あなたの写真保管場所になりたがっている

    Dropboxは、あなたの写真保管場所になりたがっている

    ここ数年Dropboxを見てきた人にとって、今日の発表は何ら驚きではなかったろう。Mac版のアプリに、スクリーンショットを自動的に検知し、アップロードしてリンクで共有できる 新機能が追加された。 続きを読む

  • アシュトン・カッチャーは、スティーブ・ジョブズの果実食を真似た結果入院していた

    アシュトン・カッチャーは、スティーブ・ジョブズの果実食を真似た結果入院していた

    メソッド俳優は、自分が演じるキャラクターを理解するのに夥しい時間をかけることで知られている。ナタリー・ポートマンはブラック・スワンでバレリーナを演じるために20ポンドも体重を落とした。 アシュトン・クッチャーは、評伝jOBSでスティーブ・ジョブズを演じるための準備が極限に達し、病院に搬送される結果となった。USA Todayによると、彼はスティーブ・ジョブズの果実ダイエットを実践しようと試みた結果、2日間の入院生活を強いられた。果物とナッツ、種子類だけを食べていた。 続きを読む

  • jOBS:アシュトン・カッチャー演じるスティーブ・ジョブズ伝、1月のサンダンス映画祭でデビュー

    jOBS:アシュトン・カッチャー演じるスティーブ・ジョブズ伝、1月のサンダンス映画祭でデビュー

    ご存じかもしれないが、スティーブ・ジョブズは昨年亡くなって以来最初の伝記映画、“jOBS“で、アシュトン・カッチャーによって演じられる。アーロン・ソーキンによる、ウォルター・アイザックソンの伝記に基づく作品とは別物で、jOBSは1971年に始まるジョブズの「確かな」30年間の人生を描くと報じられている。 今年の夏に撮影が始まった時、このプロジェクトを多くの疑問が包んでいたが、ごく近いうちにその答えが出てきそうだ。それもサンダンスで。そう、Sundance Instituteは今日(米国時間12/3)、同作品がサンダ… 続きを読む

  • ティム・クックが語る、スティーブ・ジョブズの7インチタブレットへの悪態:「あれは良い製品とは思えない」

    ティム・クックが語る、スティーブ・ジョブズの7インチタブレットへの悪態:「あれは良い製品とは思えない」

    Appleの2012年Q4収支報告会見中、CEO Tim Cookは過去にスティーブ・ジョブズが7インチタブレットについて語った言葉に言及した。 以前スティーブが7インチタブレットについてこう言っていた。はっきり言っておくが、7インチタブレットを作るつもりはない。あれは良い製品とは思えない。われわれが作ることはけしてない。 続きを読む

  • 故スティーブ・ジョブズの妻、ローリーン・パウエル・ジョブズがスタンフォード大学評議員に

    故スティーブ・ジョブズの妻、ローリーン・パウエル・ジョブズがスタンフォード大学評議員に

    故スティーブ・ジョブズの妻、ローリーン・パウエル・ジョブズがスタンフォード大学評議員に選出された。任期は5年間で10月1日から始まる。 ローリーンは以前から教育関係の活動に熱心だった。また彼女はスタンフォード大学のビジネス・スクールで1991年にMBAを取得している。スティーブ・ジョブズ自身も、在学したことはなかったが、スタンフォードとは縁が深い。ジョブズは2005年にスタンフォード大学であの有名な卒業式のスピーチを行なっている。実際、ジョブズは1989年にスタンフォードのビジネス・スクールで講演したことがきっかけでローリーンと知り合っ… 続きを読む

  • ジョブズの数々の驚異のプレゼンをプロデュースしてきた幹部が解雇を不当としてAppleを訴える

    ジョブズの数々の驚異のプレゼンをプロデュースしてきた幹部が解雇を不当としてAppleを訴える

    iPhone、iPad、Siriなど数々のジョブズの驚異の新製品プレゼンをプロデュースしてきた元Apple幹部、ウェイン・グッドリッチが昨年12月に解雇されたことを契約違反と不公正なビジネス行為に当たるとしてAppleを訴えた。 12月ということは来るべきiPhone 5の発表のプレゼンにはグッドリッチが関わっていないだろうということを意味する。 グッドリッチがサンノゼ連邦地裁に提訴したところによると、故スティーブ・ジョブズはグッドリッチに対して「仮に〔プレゼンテーション担当エグゼクティブ・プロデューサーという〕役職が廃止された場合でも雇用… 続きを読む

  • 故スティーブ・ジョブズの家が泥棒に荒らされる―被害額は6万ドル相当

    故スティーブ・ジョブズの家が泥棒に荒らされる―被害額は6万ドル相当

    7月17日にパロアルト市Waverley Street 2101の故ステーブ・ジョブズの家に何者かが押し入り、6万ドル相当の身の回り品とコンピュータが盗まれていたことが分かった。 報道によれば、この犯人はジョブズの家とは知らず、手当たり次第に押し入ったものらしい。. 事件の詳細についてはこれ以外にはほとんど何も分かっていない。ジョブズ宅は現在改修工事の最中のもようで、事件当時ジョブズの遺族がこの家で暮らしていたかどうかも明らかでない。現在、家は工事用のフェンスと鎖で取り巻かれている。これを見て犯人は家が無人で侵入が容易そうだと考えたのかもしれ… 続きを読む

  • AppleのCEO、ティム・クックがジョブズから学んだこと―「何より大事なのは集中」

    AppleのCEO、ティム・クックがジョブズから学んだこと―「何より大事なのは集中」

    AppleのCEO、ティム・クックがAll Things D 2012カンファレンスに登壇してウォルト・モスバーグとカラ・スウィッシャーと対談した。クックがスティーブ・ジョブズの跡を継いでAppleのCEOに就任して以来、公の場でジョブズ後のAppleについて語るのはこれが初めてだ。このインタビューでモスバーグは核心を突く質問をした。ティム・クックがCEOに就任してAppleはどう変わったかの? 「私はスティーブから多くを学んだ。彼が亡くなった日は私にとってもっとも悲しい日だった。彼の死については予め覚悟しておくべきだったのだろうが…私にはで… 続きを読む

  • Siriのファウンダーが語る命名の裏話―ジョブズは当初この名前に反対だった

    Siriのファウンダーが語る命名の裏話―ジョブズは当初この名前に反対だった

    ちょっといい話をひとつ。Yoni Heislerによれば、Siriの共同ファウンダー、Dag KittlausはシカゴのカンファレンスでSiriの命名に関する裏話を披露した。 Siriはノルウェイ神話に登場する美しい勝利の女神だという。Kittlausはこの名前が気に入って早くからsiri.comというドメイン名も取得していた。彼は女の子が生まれたらSiriと名付けるつもりだったが、最初に生まれたのは男の子だった。 そこで自分のアプリをSiriと名づけたのだという。 Appleに買収された後、Kittlausはソフトウェア責任者のScott Fo… 続きを読む

  • ハンガリーのブダペストにスティーブ・ジョブズ追悼の銅像がお目見え

    ハンガリーのブダペストにスティーブ・ジョブズ追悼の銅像がお目見え

    スティーブ・ジョブズが逝去して以来、ありとあらゆるサイズ、種類の追悼記念製作物が登場したが、今日(米国時間12/21)世界最初のジョブズ像がハンガリーのブダペストで除幕された。像は完全に青銅で鋳造されており、建築ソフトウェアのメーカー、Graphisoft本社の玄関脇に建てられた。 ジョブズの像は新製品を披露しているところだろう。あるいは手を振りながらステージから退場するところを表しているのもしれない。 続きを読む

  • カーマイン・ガロ、「スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン/イノベーション」の著者に聞く(TCTV)

    アメリカ人がパリの聴衆をあっと言わせるのは難しい。しかし今月始め、Le Webカンファレンスでコミュニケーション・コンサルタントであり、ベストセラー・ノンフィクションの著者であるカーマイン・ガロがスティーブ・ジョブズのイノベーションの秘密を解き明かすすばらしいレクチャーでフランス人聴衆を魅了した。しかしなんであれLoicがやれることならTechCrunchTVはその倍もうまくやれなくてはいけない。というわけでカーマインをサンフランシスコのわれわれのスタジオに招き、スティーブ・ジョブズのプレゼンとイノベーションの秘密について話を聞いてみた… 続きを読む

  • ジョブズ伝、中国でも売り切れ。本を求めてファン殺倒

    中国のジョブズマニアぶりは本格的だ。ジョブズ伝はすでに25万部を売り、書店が開く前から行列ができた。複数の出版社が偽ジョブズ伝を出していることを考えれば、この国の人たちのスティーブへの愛が未だに強いことは明らかだ。 MICGadgetが、中国での発売イベントの模様をフォトギャラーで紹介している。この本だけで作られた像もいくつか載っている。 続きを読む

  • ネタバレ注意:スティーブ・ジョブズは色々なお茶を好んだ、と本に書いてある

    ネタバレ注意:スティーブ・ジョブズは色々なお茶を好んだ、と本に書いてある

    多くのみなさんと同じく、ここ数日、スティーブ・ジョブズ関連ニュースの絶え間ない流れを目にする。ウォルター・アイザクソン著ジョブズ伝の出版が迫っているからだ。 ジョブズはAppleの社名を果物ダイエット中に思い付き、13歳でキリスト教を捨て、リア王を愛し、オバマ大統領に失望し、最初の職はAtariで、シンプルさと利便性と美を好み、Fox Newsを嫌い、ボブ・ディランに傾倒し、ジョーン・バエズとデートし、当初膵臓癌の手術を拒み、Cusinartのフードプロセッサーからひらめきを得、ジェリービーン工場見学にインスパイアされ、ビル・クリントンに… 続きを読む

  • Dropbox、2009年にジョブズの「千万ドル単位」の買収提案を蹴っていた

    Dropbox、2009年にジョブズの「千万ドル単位」の買収提案を蹴っていた

    われわれも報じたとおり、Dropboxが$250M(2億5000万ドル)のベンチャー資金を調達したことに関連して、Forbesが実に興味ふかい話を報じている。 共同ファウンダーのArash Ferdowsiとrew Houstonは2009年にAppleからの「9桁(千万ドル単位)」の買収提案を断っていたというのだ。当時、Dropboxは創立後わずか2年に過ぎなかった。 Appleのカリスマ的ファウンダーでCEOの故スティーブ・ジョブズ自身が最初の(そして最後の)提案を行ったという。Dropboxのファウンダーに対しジョブズは「Appleに会… 続きを読む

  • クレイジーな人たちに乾杯

    クレイジーな人たちに乾杯

    8月にスティーブ・ジョブズが正式にApple CEOを辞任したというニュースの後、「One More Thing…」という記事を書いた時、遅かれ早かれ続編を書かねばならないとわかっていた。残念ながら、ずっと早くなってしまった。 ジョブズの辞任に対する反応もすさまじいものだったが、彼の逝去への反応には驚くほかはない。かつての従業員、同僚、ライバル、そして有名人ら ― アメリカ合衆国大統領までもが、哀悼の意を表した。しかし、彼への気持ちを見せた人たちの中で、最も印象的だったのは、スティーブ・ジョブズを知らない人たちだった。ただ彼の製品を使… 続きを読む

  • Appleストアに集い「現代の発明家」を偲ぶ人々

    昨夜(米国時間10/5)スティーブ・ジョブズ死去のニュースが駆け巡ると、世界中のAppleストアにファンが集い、自発的な通夜が営まれた。彼らは、一度も会ったことがなくても、深い感動をもらい、自分たちの生活を変えた人物に哀悼を捧げるためにやってきた。サンフランシスコ中心部のAppleストア前に集まった人々に、スティーブ・ジョブズがどう彼らの人生に影響を与えたかを尋ねた。 続きを読む

  • 14年前のジョブズの決定的瞬間―「集中とはノーということだ」(ビデオ)

    現在のような賞賛が寄せられる以前、iPod以前、 iPhone以前、iPad以前、世界で一ニを争う巨大企業になる以前、スティーブ・ジョブズが1997年に復帰したときのAppleは最低の沈滞状態にあった。株価は4ドルを割っていた。関係者の多くはAppleはもうダメだと諦めていた。 しかしジョブズは違った。 ジョブズの逝去を期に、彼が1997年のAppleのデベロッパー・カンファレンスで語った言葉をもう一度見てみよう。このときジョブズは聴衆からの質問に1時間にわたって答えていた。 続きを読む

  • スティーブ・ジョブズの逝去に関するApple取締役会の声明

    スティーブ・ジョブズの逝去に関するApple取締役会の声明

    スティーブン・ポール・ジョブズは56歳だった。彼は2004年に公表し、闘病を続けてきたすい臓がんの進行により逝去した。彼はスティーブ・ウォズニアックと共に史上もっとも商業的に成功を収めたパーソナル・コンピュータ会社を創立した。彼はまたピクサー・アニメーション・スタジオのファウンダーでもある。 Appleの取締役会は以下のようなステートメントを発表した。 続きを読む

  • スティーブ・ジョブズ逝去

    スティーブ・ジョブズ逝去

    Apple取締役会が先ほど発表した声明によると、同社の共同ファウンダーであり、長期間CEOを務めたスティーブ・ジョブが死亡した。 Appleは、追悼ウェブサイトを設置した。彼への思い、想い出、弔意を次のメールアドレスで共有するようAppleは伝えている:rememberingsteve@apple.com。 続きを読む

  • ティム・クックのApple社員宛レター

    ティム・クックのApple社員宛レター

    Appleの新CEO、Tim CookがApple社員宛に、以下のメモを送った。Ars Technicaからの情報による。Cookは、「Appleの明るい未来に対するSteveの楽観」に同調し、これからもAppleが「今の魅惑的存在」であり続けると言っている。 続きを読む

  • スティーブ・ジョブズ―ひとつの時代が終わった

    スティーブ・ジョブズ―ひとつの時代が終わった

    彼の半生のおおよそのことはわれわれ誰もが良く知っている。 大学院に通う女子学生とシリア系ボーイフレンドの間に男の子が生まれた。彼女は赤ん坊を養子に出すことにした。赤ん坊はポール・ジョブズとクララ・ジョブズ夫妻に引き取られた。ポールはサンタクララ生まれの機械工だった。赤ん坊はサンタクララで育った。そこは平屋の家が延々と立ち並ぶ真平らな土地である。一部の地区を除いて住民はだいたいにおいて中流か中流の上の階層の人々だ。品のよい地区もあれば、そうでない地区もある。彼は裕福な子供時代を送ったわけではなかった。しかし彼の生みの母は養父母に「子供を大… 続きを読む