sxsw

  • オースチンの町はUberとLyftなしでやっていけ・・・なかった

    オースチンの町はUberとLyftなしでやっていけ・・・なかった

    約1年前にUberとLyftがいなくなったオースチンで数日間過ごしたあと、私はこの街が相乗りの両巨人なしでも問題なくやっていることについて記事を書こうとアイデアを練り始めた。 続きを読む

  • 2016 SXSW日本勢の展示から──AR風のスマートグラス、IoTシャツ、スマート浄水器、うつ病支援などが競う

    2016 SXSW日本勢の展示から──AR風のスマートグラス、IoTシャツ、スマート浄水器、うつ病支援などが競う

    2016年3月中旬に米オースティンで開催された2016 SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)のトレードショーの会場で目にした日本からの出展は、「AR(拡張現実)風」のスマートグラス、モーションキャプチャ機能付きシャツ、水をリサイクルしてキャンプ先でシャワーが使い放題にするスマート浄水器、うつ病患者支援アプリ、それにスマートフォン再利用の概念を広めるプロジェクトなど、実にカオスな光景だった。 続きを読む

  • SXSWにおけるGoogle Glassの紹介セッション全50分がYouTubeに登場, とくにデベロッパは必見

    これを読んでる人のほとんどがSXSWを見るためにテキサス州オースチンまで行けなかった人だと思うが、しかもその中で、Googleのあの意欲的なGlassプロジェクトをちょっとでも体験した人となると、すごく少ないだろう。過去数週間、あちこちでGlassのおもしろそうな話を読んで悶(もだ)えていた人も、しかしご安心を。GoogleがSXSWにおけるGlassのセッション全篇50分を、YouTubeにポストしたのだ。 そのプレゼンは”Building New Experiences with Glass”(Glassで新しい体験… 続きを読む

  • 大企業役員の道を捨てスタートアップを起業した元SunのScott McNealyにインタビュー

    テク業界で、飛ぶ鳥を落とす勢いのスーパーカンパニーと言えば、往年のSun Microsystemsに勝るものはない。そのとき同社を率いていたのが協同ファウンダで当時のCEO Scott McNealyだ。だから今のMcNealyの姿は、見る人にとって一種のカルチャーショックかもしれない。彼は数年前に新しい会社、企業のソーシャル化を助けるWayinを起業して、石ころと砂ほこりだらけのスタートアップの世界に飛び込んだのだ。 続きを読む

  • (パソコン+ゲーム専用機)÷2=Xi3社のPiston, 予約受付を開始

    (パソコン+ゲーム専用機)÷2=Xi3社のPiston, 予約受付を開始

    Xi3が最近、ゲーム用パーソナルコンピュータPistonの予約受付を開始した。先週のSXSWの会場で、同社のCMO David Politisをつかまえて話を聞く機会があった。彼は、PistonはPCの良いところ+ゲーム専用機の良いところだ、と語った: ゲーム専用機は小型でしかもゲーム環境が充実している。でもそれらはクローズドでアップデートできない。一方コンピュータは、いろんなソフトウェアがあるし、ベーシックなコンピューティングのほかに、Webサーフィンなどもできる。でも図体が大きいし電気も食う。それに、醜い。 続きを読む

  • 地図・施設情報を集約するFoursquare、実現を目指すのは「忍びの地図」?!

    地図・施設情報を集約するFoursquare、実現を目指すのは「忍びの地図」?!

    未だにFoursquareを「チェックインしてバッジを獲得し、メイヤーを争うためのツールだと考えている人も多いかもしれない。あるいは友だちがどこにいるのかを探すツールだと思っている人もいるかもしれない。確かにそういう使い方もある。しかし地図情報に加えて人びとの訪問頻度等の膨大な情報を集積した今、Foursquareが提供しているのは、そうした範囲に留まらないものとなっている。 続きを読む

  • 自転車乗り必携?!:Chaotic Moon、周囲360度を記録するビデオカメラ搭載自転車用ヘルメットを開発

    Chaotic Moonの仕事としてはルパート・マードックのThe Dailyを思い起こす人も多いだろうか。あるいは最近登場してきたMarvel Unlimitedに注目している人も多いかもしれない。このChaotic Moon、最近従業員のひとりが自転車に乗っているときにひき逃げにあってしまった。こうした事故を防ぐにはどういう仕組みが必要なのだろうかと、自転車乗りむけのプロダクトを開発した。 続きを読む

  • SXSW2012オースティン戦記: Compath.meの闘いとTech Cocktailの熱過ぎる夜

    SXSW2012オースティン戦記: Compath.meの闘いとTech Cocktailの熱過ぎる夜

    編集部注:この寄稿記事は頓智ドットの井口尊仁氏(@iguchiJP)によるSXSWレポートの第二弾である(第一弾はこちら)。 SXSWではコンベンションセンターでのトレードショーやヒルトンで開催される様々なパネルやキーノートだけでなく夜通しカフェやバー、クラブなどでもテック系イベントが数え切れないほど開催されている。そしてそのなかには有力企業の主催イベントもあれば名も無いスタートアップの自社イベントもある。 僕は今回Tech Cocktailと言う、かなりの影響力を持ったテック系イベントに参加して来た。ピッチトークとブース出展が組み合わせら… 続きを読む

  • SXSW2012オースティン戦記:ロケーション系ソーシャルの主戦場で日本発のスタートアップが闘いを挑んだ

    SXSW2012オースティン戦記:ロケーション系ソーシャルの主戦場で日本発のスタートアップが闘いを挑んだ

    編集部注:これを寄稿してくれたのは頓智ドットの井口尊仁氏(@iguchiJP)だ。井口氏はSXSWに1000人の日本人を送り込もうと、”1000 Japanese Samurais to SXSW Austin”をオーガナイズしている。そして実に200人もの日本人が今年は参加するに至った。今回はそのSXSWレポートの第一弾である。 年に一度、テキサスの州都オースティンで行われるSXSWインタラクティブは過去にTwitterやFoursquareなどをスターダムに押し上げただけでなく、その年のテクノロジートレンドを方向付ける… 続きを読む

  • SXSWを数字でふり返る―勝者はiOS、Foursquare、新顔ではGroupMe

    SXSWを数字でふり返る―勝者はiOS、Foursquare、新顔ではGroupMe

    今年のSXSW Interactiveサイトはもはや単にパネル討論やキーノート講演を紹介する役割にとどまらなかった。2万人を超える影響力ある人々が一箇所に集まり、ありとあらゆるデジタル機器を利用して、ありとあらゆる手法でコミュニケーションを図るという条件にテクノロジーがどこまで耐えられるか、5日間にわたる試練の場となった。アプリとデバイスは一種の「加速テスト」を受けた。世界のそれ以外の場所を対照標本とする適者生存の戦いだ。 #SXSWというハッシュタグを含む(おそらくは一杯機嫌の)ツイートについて、SimplyMeasuredが予備的な分… 続きを読む

  • 「スキズマトリックス」のSF作家、ブルース・スターリングがSXSW恒例の閉幕講演―ネットワーク社会と民主主義

    「スキズマトリックス」のSF作家、ブルース・スターリングがSXSW恒例の閉幕講演―ネットワーク社会と民主主義

    今年のSXSWも恒例のブルース・スターリングの講演で幕を閉じた。ブルースが話した後ではもう何も話すことがなくなってしまうから、彼をトリに据えるのは適切な伝統だろう。彼は現役SF作家の中でもっとも頭がよく、もっともユーモアにあふれた一人だ。また辛辣なことでもナンバーワンだ。サイバーパンクの旗手として有名になったブルースだが、普段はプロの作家の仮面の下にパンクの部分を巧みに隠している。 ブルースをオースティンでつかまえてインタビューすることができたのは私が大いに光栄とするところだ。。彼は「暗い陶酔―ゴシック・ハイテクとファヴェーラ・シック(… 続きを読む

  • スパムを検索問題の安易なスケープゴートにすると真の問題が隠される–Danny Sullivanインタビューより

    1月以降、検索エンジン戦争が燃え上がっている。きっかけはVivek Wadhwaが本誌に書いたwhy we need a better system of searchという記事だ〔邦訳タイトル: 今、新しい(そしてより良い)「Google」が望まれる理由〕。彼はその中で、大学で教え子たちが求める情報を見つけられなくなっている、スパム的な結果があまりにも多いからだ、と嘆いた。 さらにその後、検索関連のいかがわしいビジネス慣行に関してJC PenneyとDecorMyEyesが責められ、eHowのようなコンテンツファームやHuffington Postのような… 続きを読む

  • ジェイク・ギレンホールの映画「ソースコード」、技術オタク向けに売り込み

    Kickstarterで映画の資金が調達され、Facebookを描いた映画が評論家の喝采を浴び、Twitterがアカデミー賞の裏ルートの役割を果たすようになった今、ハリウッドはインターネットの物語への影響だけでなく、そのプロモーション機構としての力にも益々頼らざるを得なくなってきている。 ダンカン・ジョーンズ監督による映画「The Source Code」[邦題「ソースコード」]は、奇妙な軍事計画の一員となった兵士の物語だ。ソースコードとは、文字通りコンピューターのプログラムで、これを使って主人公が他人の体に死の直前数分間乗り移る・・・列車… 続きを読む

  • ネットの中立性を擁護するAl Franken上院議員にインタビュー

    健全なインターネットを望む読者なら、ネットの中立性が気になるはずだ。でもまだ、それを自覚していないかもしれない。 今朝、上院議員のAl FrankenがSXSW Interactiveのステージに登場し、多くのテク系起業家たちやクリエイターたちの前で、この問題について語った。彼は会場の聴衆たちに、Webの健全性を維持するためにはネットの中立性が重要であることを、各自の地元選出の議員たちに啓蒙せよ、とうながした。Frankenは前に、これが現代におけるもっとも重要な言論の自由関連の問題だ、と述べたことがあり、今のWebに当然のこととして期待し… 続きを読む

  • リアルタイムで位置情報登録の様子を眺めてみる:SXSWでの様子はこんな風だった

    SXSW開幕直前のテキサス州オースチンでを舞台に、SimpleGeoが位置情報サービスデータを視覚化するツールを発表した記事はお読みになられただろうか。名前はVicarious.lyだ。このツールはオースチンにて登録される位置情報データをリアルタイムでSimpleGeoに集約して、その位置を表示するというものだった。データはfoursquare、Gowalla、Flickrのジオタグ情報、およびTwitterのジオタグ情報を対象としている。Vicarious.lyの表示をリアルタイムで見るのはなかなか面白いものだった。しかし、あとでま… 続きを読む

  • 位置情報戦争はほぼ互角だが、TwitterではFoursquareがGowallaに圧勝

    位置情報戦争はほぼ互角だが、TwitterではFoursquareがGowallaに圧勝

    2、3日前に書いたとおり、テキサス州オースティンで開催中のSXSWフェスティバルにおけるロケーション・サービスの競争、いわゆる「位置情報戦争」は基本的に互角の勝負になっている。われわれが入手した日曜以降のチェックイン数に関する限り、各サービスはデッドヒートを繰り広げている。しかしそこからTwitterに投稿されたツイートの数ではFoursquareが圧倒しているようだ。 Trendrrというサービスが4sq.comとgowal.laについて、それぞれの短縮URLから投稿されたTwitterメッセージの数についてのデータを私に送ってくれた… 続きを読む

  • Twitter、”@anywhere“プラットフォームを発表―サードパーティーのウェブサイトと連携を深める

    Twitter、”@anywhere“プラットフォームを発表―サードパーティーのウェブサイトと連携を深める

    今日(米国時間3/15)の午後のSXSWカンファレンスでのキーノート講演(ライブブログはこちら)で、Twitterのファウンダー、CEOのEvan Williamsが新しいプラットフォーム、“@anywhere”を発表した。 これはサードパーティーのウェブサイトがより密接にTwitterと連携できるようになるサービスだ。簡単にいえば、Huffington PostやNew York Timesのようなサードパーティーのサイトを読みながら、いちいちそのページを離れることなくライターをフォローしたりTwitterに投稿したり… 続きを読む

  • Gmailのパワーユーザーへ。もうすぐ速くなります

    Gmailのパワーユーザーへ。もうすぐ速くなります

    今日(米国時間3/15)、テキサス州オースチンで行われているSXSW(South by South West)フェスティバルの「Gmailの舞台裏」パネルで、開発メンバーのJonathan Perlowが、Gmailのパワーユーザーに大きな安心を与える情報を公表した。もうすぐずっと速くなります。 「なぜGmailは遅いのか?」という質問に答えるにあたって、Perlowは聴衆に向かって、Gmailが遅すぎると思う人は手をあげるように求めた。かなりの人数の手があがった。Perlowは、全員が手をあげなかった理由は、遅いのはパワーユーザーだけの問題だ… 続きを読む

  • SXSWキーノート:Danah Boydがプライバシー、パブリシティーとテクノロジーについて考察

    SXSWキーノート:Danah Boydがプライバシー、パブリシティーとテクノロジーについて考察

    今日(米国時間3/13)、SXSWiカンファレンスで、Danah Boydがオンライン世界でのプライバシーとパブリシティーの複雑な関係についてキーノート講演を行った。BoydはMicrosoftのニューイングランド研究所のソーシャル・メディア研究員であり、このテーマについて長年にわたって広汎な研究を行っている。Boydは説得力ある言葉で個人情報が「プライベートか公開か」という二者択一的なものではないことを示した。この点を説明する助けとしてBoydはプライバシー問題に関してFacebookとGoogleが犯してきた数々の失敗を取り上げた。… 続きを読む

  • オブジェクトたちの秘密の物語―StickyBitsがバーコードをメッセージ・メディアに

    オブジェクトたちの秘密の物語―StickyBitsがバーコードをメッセージ・メディアに

    ありとあらゆる物や場所には秘密の過去がある。誰がそこに住んでいたのか、誰がその側を通りかかったのか、誰がそれに触れたのか。さまざまなオブジェクトにはこうした語られざる情報が隠されている。オブジェクトたちに口が利ければどんなに面白い物語が聞けることだろう。 物理的な現実のオブジェクトに物語を語らせるためにバーコード・ステッカーを利用するというのはどうだろう? さまざまなオブジェクトに貼ってあるステッカーにはメッセージを付加するのだ。内容は写真でもテキストでもビデオもボイスメモでもよい。メッセージを解読するにはカメラ携帯とバーコードのスキャ… 続きを読む