TC

  • 米国版TechCrunch購読用iPadアプリケーションを提供中

    米国版TechCrunch購読用iPadアプリケーションを提供中

    春がきた。というかもう夏だ。あるいはペルセポネーがハデスの軛を逃れて地上に復活したように、TechCrunch謹製のiPadアプリケーションも世に出ることとなった(訳注:英語版のお話です)。1年前から開発を続けたもので、機能やデザイン、そしてルック&フィールにも拘って試行錯誤を続けたもの。いよいよお手元にお届けできることとなった。まずまずの仕上がりと自負しているので、どうかお試しいただきたい(訳注:繰り返しになりますが英語版です。日本のiPad上でも動作はします)。 アプリケーションではTechCrunch英語版の記事はもちろん、寄せら… 続きを読む

  • CliqSearch、84万ドルを調達してソーシャル検索アプリケーションのベータ提供を開始

    CliqSearch、84万ドルを調達してソーシャル検索アプリケーションのベータ提供を開始

    ソーシャル検索の分野には、まだ新規参入の余地が残されているだろうか。 フィラデルフィアに拠点をおく投資家グループは、まだ参入のチャンスがあると踏んでいるようだ。CliqSearchに84万ドルの資金をつぎ込むこととなった。このCliqSearchは、友人同士、ないしは友人の友人のネットワークからのレコメンデーションやレビューに基づいて地元施設などのソーシャル検索を行うウェブアプリケーションを提供している 続きを読む

  • ベストセラーライターKurt Andersenインタビュー: この20年, 文化の変化がなかったのはなぜか

    ベストセラーライターKurt Andersenインタビュー: この20年, 文化の変化がなかったのはなぜか

    クリスマスからお正月までのあいだには、それほどいろんなことは起きない。それは誰もが知っている。でも、あまり知られていないのは、最近の20年間で、文化的にはほとんど何も起きていないことだ。たしかに、この期間には、’技術的’には大きな変化があったが、’文化的’には新しいものがほとんどない。ライターでテレビのキャスターでもあるKurt Andersenによると、私たちは今でも、80年代の終わりごろと同じ音楽を聴き、同じようなテレビ番組を見て、同じスタイルの服を着て、同じ種類の車に乗り、同じような… 続きを読む

  • 「人間は一人々々がみんな天才」と説くGina Rudanにインタビュー

    「人間は一人々々がみんな天才」と説くGina Rudanにインタビュー

    あなたは、自分が天才だと知ってた? そう、われわれは全員天才なのだ、ひとりひとりみんなが。と、少なくともPractical Genius: The Real Smarts You Need to Get Your Talents and Passions Working for YOU(こうすればあなたも天才になれる:自分の才能と情熱を自分のために賢く使うこと)の著者Gina Rudanは、そう信じている。本誌のテレビスタジオで彼女は、天才を民主化して、みんなが自分の’心の知能指数(EQ)’を有効利用し、自分の才能を自覚しなければならない、と… 続きを読む

  • スタートアップのカンブリア爆発–昨年〜今年はものすごい起業数

    スタートアップのカンブリア爆発–昨年〜今年はものすごい起業数

    このところ、新たに起業されそして投資家も付くスタートアップの数が、すさまじい。新しい技術に何らかの手足を付けて製品に仕立て、それを軸に会社を興すことが、今ほど容易だったことは過去にない。最近のすごい起業数のペースに、これまでのベンチャーキャピタルは追随できていないのではないか。もしかしたら今の私たちは、スタートアップのカンブリア爆発の始まりを目撃しているのかもしれない。もしそうなら、今後のその範囲はテクノロジの世界にとどまらず、経済全体に及ぶだろう。 これまでの15年はもっぱら、それ自体で完結したシステムとしてのWebをわれわれは作っ… 続きを読む

  • Nokia Siemens Networksが2割強(17000人)のレイオフ–最悪のプレスリリースを発表

    Nokia Siemens Networksが2割強(17000人)のレイオフ–最悪のプレスリリースを発表

    Nokia Siemens Networksがみなさまに、同社は“モバイルブロードバントとそのサービスを今後の企業戦略の中核に置く”ことを、お知らせしたいそうだ。そしてそのことを世に示すために、‘大規模でグローバルなリストラ計画’の一環として、2013年までに全世界で約17000人を解雇する予定だ。Nokia Siemens NetworksのCEO Rajeev Suriは、次のように言っている: “われわれの信ずるところによれば、わが業界の未来はモバイルのブロードバンドおよびサービスに… 続きを読む

  • 映画マイノリティ・リポートのような対話型街頭広告がニューヨークに出現

    映画マイノリティ・リポートのような対話型街頭広告がニューヨークに出現

    映画Minority Report(マイノリティ・リポート)には、Tom Cruise(トム・クルーズ)がショッピングモールを歩いていると、デジタル看板が彼に話しかけて、彼本人をターゲットとする個人化広告を見せるシーンがある。まだ屋外広告はそこまで進化していないが、そんな方向に進んでいることはたしかだ。ニューヨークのInwindow Outdoorという会社が、”Experience Stations”と呼ばれるデジタル広告を、ショッピングモールやホテルのロビーなどでテストしている。上のビデオが、それだ。それは複数の… 続きを読む

  • Androidバラバラ事件を見事にグラフ化–辛口解説つき

    Androidバラバラ事件を見事にグラフ化–辛口解説つき

    Michael DeGustaが、Android携帯の不統一/バラバラぶりを、見事なグラフで視覚化した。それは、合衆国で今売られているAndroidスマートフォンのオペレーティングシステムの、アップデート履歴を、図解したものだ。 iPhoneのアップデートと比較しているから、なお一層説得力がある。 DeGustaはこう書いている: 取り上げたのは、昨年の半ば以降に発売されたAndroid携帯だ。そして各機種のアップデート(OSのメジャーアップグレードやサポートのためのマイナーなパッチ)を調べた。値段と発売日と販売停止の日付もね。日付とバージョ… 続きを読む

  • アメリカは未来を作り出すために必要な"物語"をなくした,とはどういうこと?

    アメリカは未来を作り出すために必要な"物語"をなくした,とはどういうこと?

    もうすぐ、第三の産業革命が始まるが、それはアメリカではなくヨーロッパで起きる。それが、少なくともJeremy Rifkinの見解だ。彼の近著The Third Industrial Revolution: How Lateral Power is Transforming Energy, the Economy and the World,(第三の産業革命: 横に逸れる力がエネルギーと経済と世界を変える)は、インターネットは再生可能エネルギーの革命と融合すれば千倍も強力になる、と主張している。 先週SkypeでRifkinにインタビューしたときは、第三の産業革命がアメ… 続きを読む

  • Ewan Morrison: オンライン消費者の無料至上主義が文化を殺す

    Ewan Morrison: オンライン消費者の無料至上主義が文化を殺す

    この夏、由緒あるEdinburgh International Book Festivalで、これまで数々の賞をもらっているスコットランドのライターで映画作家のEwan Morrisonが、著作家や本の死を主張する、挑発的なスピーチを行った。そこでTechCrunchTVは、ヨーロッパで物議を醸したMorrisonをお招きして、その考えをグローバルなオーディエンスにも知っていただきたいと思った。 歯に衣着せぬMorrisonは、期待どおりだった。インターネットは”アメリカの極端な資本主義の姿そのもの”、と主張する彼による… 続きを読む