TechCrunch50

  • お話の中でヒーローになれる! Story Something、ホリデーシーズンにあわせてサービスを公開

    お話の中でヒーローになれる! Story Something、ホリデーシーズンにあわせてサービスを公開

    私には(まだ)子どもはいない。もし子どもがいて英語がネイティブだったなら絶対に利用しようと思っているサービスがある。それはTC50ファイナリストでもあるStory Somethingだ。ホリデーシーズンを狙い撃ちに、ついにサービスが一般公開された。 共同創立者兼CEOのJim Roseによれば、サービスはまだまだベータ段階ではある。しかしこのサービスがいったいどのようなものなのかは既に体験できるようにな… 続きを読む

  • 上を見ろ! 2008年TC50のスター、日本のTonchidot、400万ドルの資金調達に成功

    上を見ろ! 2008年TC50のスター、日本のTonchidot、400万ドルの資金調達に成功

    2008’年のTechCrunch50(前々回)ではいろいろ記憶に残るプレゼンがあったが、いちばん印象が強烈だったのを一つ選ぶとしたら、大勢がTonchidot〔頓智・〕を上げるだろう。 このスタートアップはTC50でSekai Camera〔セカイカメラ〕を発表したのだが、その際の応答ぶりが注目を集めた。CEOの井口氏はエキスパート審査員の質問に「上を向きましょう。下を向いてはいけない」… 続きを読む

  • USBドライブを使って2台のコンピュータをリモートで超簡単に接続するiTwin

    USBドライブを使って2台のコンピュータをリモートで超簡単に接続するiTwin

    〔訳者注記: iTwinは2009年TechCrunch50の勝ち残り50社/50製品のうち、紹介記事のコメントが84本ともっとも多かった製品です(次位は準優勝のCitySourcedで65本)。USBデバイスは相当高度なシステムを詰め込めるまでに進化しているので、Webと並んで無限の可能性をもつ領域と言えるでしょう。iTwinの使い方等は、同社のサイトに漫画による説明があります。〕 2台のコンピュー… 続きを読む

  • [jp]「スタートアップに贈る言葉:世界を変えるはずだったことを忘れたのか?」への頓智・からのアンサーソング

    [jp]「スタートアップに贈る言葉:世界を変えるはずだったことを忘れたのか?」への頓智・からのアンサーソング

    [日本語版編集部注:この記事は頓智・井口CEOによる寄稿。2008年のTC50での熱狂的なプレゼンテーションから1年、いよいよセカイカメラの商用サービスが始まろうとしている頓智・。スタートアップの存在意義が問われる中、スタートを目前に控えた井口CEOが改めてTC50とは何か?アジア/日本からシリコンバレーに乗り込む意味とその経験・価値について語ってくれた。] TechCrunch50とSekaiCa… 続きを読む

  • [jp] TechCrunch50 2009 バックステージ・レポート―大人げない男たちと才色兼備の女性たち

    [jp] TechCrunch50 2009 バックステージ・レポート―大人げない男たちと才色兼備の女性たち

    TechCrunch50が満員の盛況で閉幕したとたん、「マイクとジェイソンが大ゲンカした! TechCrunch50は今年で終わっちゃう?」という情報がかけめぐって一時、世界のITスタートアップ業界が騒然とした。 この件についてはPaul Carrが記事を書いているが、連休中の読み物として、事件の背景にからめてTechCrunch50の成り立ちをもう少し詳しくご紹介しよう。 Carrの記事にも引用されて… 続きを読む

  • TechCrunch50は終わっちゃうのか―Jason CalacanisとMike Arrington、エゴの激突の真相は?

    TechCrunch50は終わっちゃうのか―Jason CalacanisとMike Arrington、エゴの激突の真相は?

    〔日本版編集部:Paul Carrはアメリカ在住の英国人ジャーナリスト。TechCrunchのコラムニストとして活躍中。英国流のきつい皮肉がトレードマーク〕 さて、これで私の4回にわたるノーベル文学賞受賞疑いなしのTechCrunch50レポートも最終回だ。だから、今回のカンファレンスで明らかになった重要なトレンドは何か、とか得られた教訓は何か、とかそういった結論を出さなきゃいけないのだろう。しかし、… 続きを読む

  • TC50: 個人の日常の多種多様な通信をワンストリームへ一本化してしまうThreadsy

    TC50: 個人の日常の多種多様な通信をワンストリームへ一本化してしまうThreadsy

    メール、Twitter、IM、Facebook。これらは、今よく使われているオンラインのコミュニケーション手段の中から、たまたま4つを挙げただけだ。実際には、23歳の男性は平均6つのアカウントを持ち、毎日それらの上のメッセージをチェックしている。しかし6つもあると、毎日ついていくだけでも精一杯で、すべてに対して勤勉で誠実な対応をすることは、原則として困難、または、そもそも不可能だ。そこで、Thre… 続きを読む

  • TechCrunch50の総まとめ. 出場企業のみなさまおめでとう&ご苦労さま

    TechCrunch50の総まとめ. 出場企業のみなさまおめでとう&ご苦労さま

    ステージやデモピットで今年のTechCrunch50を成功に導いてくださったみなさま、ありがとうございます。アイデアと汗と少々のリスク資金、これだけのものから価値あるものを築こうとするクリエイティブな起業家のみなさんが、これほど大勢参加していただけなかったら、この大会はあり得なかったでしょう。小さなリスクが、ときにはとても大きなものを生みます。たしかに今年は、突拍子もないアイデアはあまりありません… 続きを読む

  • スタートアップに贈る言葉:世界を変えるはずだったことを忘れたのか?

    スタートアップに贈る言葉:世界を変えるはずだったことを忘れたのか?

    私は、TechCrunch50に参加した殆どのエキスパートたちを、舞台裏でインタビューした。みんなには、ここでデビューするスタートアップに対する共通の不満があった。情熱が足りない、失敗を恐れすぎる、世界を変えようとする気持ちが足りない。堅実な会業を作ろうとする人が多すぎる、今ある物を少しだけ改善しようとする会社が多すぎる、第2のMint.comになりたがる人が多すぎる、なぜGoogleじゃない。M… 続きを読む

  • [jp] TechCrunch50大盛況で閉幕 アメリカのギーク産業に熱気戻る

    [jp] TechCrunch50大盛況で閉幕 アメリカのギーク産業に熱気戻る

    注目スタートアップについてはすでに翻訳記事で紹介が進んでいるので、ここでは現場の雰囲気を少しお伝えしたい。まず特筆大書していいのは、チケットの最終価格 3000ドル(早期割引1000ドルあたりから徐々に吊り上げ)という高価なカンファレンスが1750席を売り切った、という事実だろう。 初日、月曜日の昼休み前には巨大な会場が完全に満席になっていた。後方3分の1は椅子のみ、テーブルなし、電源なし、有線接続な… 続きを読む