Tesla

  • Tesla、10億ドル以上の資金調達へ―Model 3量産のため株式、優先転換社債発行を計画

    Tesla、10億ドル以上の資金調達へ―Model 3量産のため株式、優先転換社債発行を計画

    Teslaは総額11億5000万ドル程度の新株と優先転換社債の発行を計画している。昨日(米国時間3/15)、Teslaは発行の目的を「リスク軽減のため」と述べたが、これは同社がビジネスを急拡大しModel 3の生産を急いていることが背景にある。 kTeslaが財務状況を改善するため大型の資金調達を行うことは多くのアナリストが予想していた。またCEO、イーロン・マスクの最近の発言からウォールストリート関… 続きを読む

  • イーロン・マスク曰く、Teslaの労働組合は「結成されない」と思う

    イーロン・マスク曰く、Teslaの労働組合は「結成されない」と思う

    TeslaのCEO Elon Muskは水曜日(米国時間2/22)の決算会見で、フリーモント工場従業員の代表者によるとされる労動組合結成の動きについて触れた。Muskは、工場の状況および組合化に対する従業員の考えを独自に調査した結果をブログに掲載する予定だと言ったが、調査結果についての大まかな印象を述べた。 続きを読む

  • Tesla Motors, Inc.は正式にTesla, Inc.となった―ビジネス拡大で社名も変更

    Tesla Motors, Inc.は正式にTesla, Inc.となった―ビジネス拡大で社名も変更

    今日(米国時間1/31)、Teslaの社名が変更された。正式社名は従来のTesla Motors, Inc. からTesla, Inc.となる。この社名変更はTeslaの事業分野の拡大によるものだろう。今やTeslaは産業向け、消費者向け双方の太陽光利用バッテリーを生産するSolarCityを傘下に収めている。Teslaのファウンダー、CEOのイーロン・マスクは「われわれのビジネスにおけるこの〔合併の〕重… 続きを読む

  • 米運輸省、Teslaの責任を否定―事故調査報告書は「オートパイロットで事故率40%減少」 と賞賛

    米運輸省、Teslaの責任を否定―事故調査報告書は「オートパイロットで事故率40%減少」 と賞賛

    アメリカ運輸省の国家道路交通安全局(National Highway Traffic Safety Administration)は、今日(米国時間1/19)Teslaの死亡事故に関する最終報告書を発表した。NHTSAは昨年、半自動運転機能を搭載したオートパイロットを利用して走行中のTeslaが起こした死亡事故を調査していた。 報告書はTeslaのオートパイロット・システムには事故の原因となる欠陥がなかった… 続きを読む

  • Tesla、2016年の出荷台数は予測に届かず

    Tesla、2016年の出荷台数は予測に届かず

    Teslaは2016年に約7万6230台の車両を出荷したと発表し、昨年初めに第4四半期決算報告書で設定した年間予測出荷台数の8万台には届かなかった。 続きを読む

  • EVの高速充電装置/ステーションはどんだけ速いのか?、メーカーの発表数値を比較する

    EVの高速充電装置/ステーションはどんだけ速いのか?、メーカーの発表数値を比較する

    EVgoが今月、公共直流高速充電ステーションの新記録をカリフォルニアで作る、と発表した。その能力は最大350kw、現在の記録保持者はTesla Superchargerだが、それよりも強力だ。EVgoのステーションの1号機はこの夏、カリフォルニア州ベイカーの世界一背が高い温度計の近くで、供用を開始する。 そこで、疑問が生ずる: そのほかの高速充電ステーションはどれだけ速いのか? そもそも、高速充電ってど… 続きを読む

  • Tesla、対面通行道路ではオートパイロットが制限速度を遵守するようシステムを変更

    Tesla、対面通行道路ではオートパイロットが制限速度を遵守するようシステムを変更

    Teslaはソフトウェアアップデートを発行し、オートパイロット走行中車線を維持するオートステア機能を使用している間は、最高速度を制限速度以下とするよう変更した。この制限は対面通行道路に適用され、制限速度を時速5マイルまで越えることができた従来の機能を置き換える。TechCrunchが確認した。 続きを読む

  • 衛星インターネットのOneWebがソフトバンクなどから12億ドルを調達

    衛星インターネットのOneWebがソフトバンクなどから12億ドルを調達

    衛星を利用したインターネットをめぐる闘いが激しさを増している。Teslaが何千もの衛星を利用したインターネットサービスを開始するための許可を米国政府に求めたと報じられてから約1週間後、そのライバルのOneWebが新たに12億ドルを調達したことを発表した。同社は2019年までにサービス開始を目指す。 今後数年間のうちに衛星インターネットを利用できる人は限られているだろうが、すでにこの分野には多額の資金… 続きを読む

  • Hyundaiの自動運転車が目指すのは「手頃な価格」

    Hyundaiの自動運転車が目指すのは「手頃な価格」

    自動車メーカーのHyundaiは、同社も自動運転車をめぐる競争に喜んで参加することを表明した ― しかし、彼らのアプローチは他社とは異なる。個人が所有するクルマにも搭載することが可能なテクノロジーを一般の人々にとって手頃な価格で提供するというアプローチだ。 Hyundaiの自動運転テクノロジーがデビューしたのは今週のことだ。同社は1月に開催されるCESに先がけ、ラスベガスの公道で同社初となる自動運転車の… 続きを読む

  • Uberはサンフランシスコにおける自動運転車のオペレーションを停止せず:陸運局への反抗

    Uberはサンフランシスコにおける自動運転車のオペレーションを停止せず:陸運局への反抗

    Uberはサンフランシスコでの自動運転車のオペレーションをやめるつもりはない。カリフォルニア州のDepartment of Motor Vehicles(DMV、陸運局)からオペレーションの停止命令を受けたのにもかかわらずだ。 DMVは、Uberが自動運転車のテストドライブを行う際にはあらかじめ許可を取る必要があると主張する一方で、Uberはそれに対し、問題となっているクルマは「真の自動運転車」とはまった… 続きを読む

  • Tesla/SolarCityはサモアのタウ島の電力をまるごと太陽光で発電する

    Tesla/SolarCityはサモアのタウ島の電力をまるごと太陽光で発電する

    TeslaとSolarCityの合併が正式に承認されてから数日しかたっていないが、両社は力を合わせれば何ができるかをすでに見せつけている。 SolarCityのブログはSolarCityの太陽光発電システムとTeslaのPowerpackテクノロジーをベースにしたバッテリー・システムを組み合わせてアメリカ領サモアの離島、 Ta’u島のエネルギー問題を根本的に解決するプランを詳しく公表した。… 続きを読む

  • TeslaによるSolarCityの買収が正式に決定

    TeslaによるSolarCityの買収が正式に決定

    現地時間21日の朝、TeslaがSolarCityを買収することが正式に決定した。Elon Muskが率いる電気自動車企業と、彼の従兄弟のLyndon RiveとPeter Riveが率いる太陽光エネルギー企業がこれで1つになる。この買収がTeslaとSolarCityのシェアホルダーから承認されたのは先週のことで、最初にこの買収案が提案されたのは今年初めのことだった。 続きを読む

  • Tesla Model S P85Dの加速性能が未然に追突事故を防いだ(ビデオあり)

    Tesla Model S P85Dの加速性能が未然に追突事故を防いだ(ビデオあり)

    Teslaの自動運転への熱心な取り組みは、ドライバーの安全に利益をもたらす大きな可能性をもっている。しかし、上に貼ったTesla Model S P85Dのビデオは、現在ある自動運転とは無関係能力が、実際に事故を未然に防ぐのに役立ったところを見せている。 続きを読む

  • 新しい自動車メーカーの誕生

    新しい自動車メーカーの誕生

    フランスのMulhouseという街にあるCité de l’Automobileは素晴らしい場所だ。スイス人のHansとFritz Schlumpf兄弟の自動車に対する強い愛情のおかげで、この場所には多くの自動車が展示されている。展示されている自動車を集めるための費用は彼らが立ち上げたビジネスから得た収益で賄われた。彼らはウール製品向けの紡績工場を経営していたのだ。面白いことに、「Schlu… 続きを読む

  • イーロン・マスク、Tesla Networkについて:「これはTesla対Uberの話ではない。人々対Uberだ」

    イーロン・マスク、Tesla Networkについて:「これはTesla対Uberの話ではない。人々対Uberだ」

    Elon Muskが、今後Teslaの全モデルに、完全自動運転に必要なハードウェアを装備すると発表したとき、但しオーナーは将来自分の自動運転TeslaをUberやLyftのために使うことはできない、とTeslaは言った。代わりに、Tesla自身の乗り合いサービス、Tesla Networkを使ってオンデマンドで車を貸し出すことができる。TeslaのQ3決算電話会見でMuskは、これをUbersへの威嚇… 続きを読む

  • Teslaが自宅から勤務先まで自動運転―ドライブの一部始終をビデオで見られる

    Teslaが自宅から勤務先まで自動運転―ドライブの一部始終をビデオで見られる

    Teslaは水曜日の夜、本日以降製造される全てのTesla車は、自動運転に必要なハードウェアを最初から搭載すると発表した。ただし自動運転に必要なソフトの発表は先になる。また自動運転でアメリカを横断する野心的なデモも2017年に実施が計画されている。 続きを読む

  • パナソニック、Tesla向け太陽光発電システム生産へ―TeslaのSolarCity買収承認が条件

    パナソニック、Tesla向け太陽光発電システム生産へ―TeslaのSolarCity買収承認が条件

    Teslaとパナソニックは家庭用の太陽光発電(PV, photovoltaic)システムの生産で提携することに合意した。 このシステムはTeslaの家庭用Powerwall、企業向けPowerpackバッテリー・システムに給電することができる。現時点ではこの契約に拘束力はないが、今後TeslaのSolarCity買収が株主に承認され、効力を得るようになればその限りではない。 続きを読む

  • TeslaとSolarCity、合併の賛否を問う株主投票を11月17日に実施

    TeslaとSolarCity、合併の賛否を問う株主投票を11月17日に実施

    一部の株主らの反対をよそに、Elon MuskによるTeslaのSolarCity買収提案は進展を続け、それぞれの会社の株主による投票の新たな日程が決められた。11月17日だ。これは買収の是非が確定する日付であり、Muskはクリーンエネルギーの生産から消費までを一貫して運用できる会社を作るというビジョンに一歩近づくことができる。最終目標はプロセス全体を一般消費者に手の届けることだ。 続きを読む

  • Tesla、10月17日に「驚きの新製品」を発表すると予告

    Tesla、10月17日に「驚きの新製品」を発表すると予告

    TeslaのCEO、ファウンダーのイーロン・マスクによれば同社は10月17日(日本時間10/18)に何らかの新製品を発表する。 マスクの日曜のツイートによれば、「誰も予期していなかったようなもの」だ。ただし17日に発表されるのはTesla/SolarCity関係のプロダクトではない。そちらの発表は28日だという。 続きを読む

  • Tesla、2016年Q3の納車2万4500台は対前期比70%アップ

    Tesla、2016年Q3の納車2万4500台は対前期比70%アップ

    Teslaは電気自動車の生産だけでなく、納車も順調なペースで伸ばしていることが、10月2日に発行された同社のプレスリリースでわかった。同社は2016年会計3Qに2万4500台の車を販売し、内訳はModel Sが1万5800台、Model Xが8700台だった。Q2の総販売台数1万4402台から70%の急増だ。これは必要な書類手続きを終え実際に顧客が車を手にしているものだけを数えているため、控え目な推計… 続きを読む