tweetmeme

  • 関連性(Relevance)の時代の幕開け

    ソーシャル・ネットワークにおける「次の大きな波」はいったい何になるのだろう? テクロジー愛好家の間でこの問題は長年熱心に議論されてきた。われわれはすでにパラダイムシフトの兆候を目前にしていると思う。単純なソーシャル共有から個人化された関連性の高い(relevant)コンテンツへの移行だ。 「次の波」を占う上でカギとなる要素は、「ソーシャルグラフ(Social Graph)」を補う「関心のグラフ(Interest Graph)」だ。Facebook、Twitter、Googleといったメジャー・プレイヤーもすでに「関連性の高いコンテンツ」の提供… 続きを読む

  • Twitter独自のリツイートボタン発表と、Tweetmemeビジネスの今後 ~ Tweetmeme製ボタンのインプレッションは一気に20%の低下

    Twitter独自のリツイートボタン発表と、Tweetmemeビジネスの今後 ~ Tweetmeme製ボタンのインプレッションは一気に20%の低下

    Tweetmemeは、つい最近まで「キング・オブ・リツイート」の地位を目指していた。ここ1年の間、彼らの望みはほぼ叶えられたと言って良い状態でもあった。Tweetmemeの提供するリツイートボタンはあらゆるサイトに掲載されてきた。ただ先月になって、Twitterが独自のリツイートボタンを提供し始めて状況は急激に変化した。以来、Tweetmemeによるボタンの日毎インプレッション数が一気に20%も落ち込んだのだと、Tweetmeme創立者のNick Halsteadが報告している。 ただ、TwitterはTweetmemeの対抗ボタンをリリ… 続きを読む

  • SeesmicとTweetMemeいわく、Twitter生態系に問題なし。ご心配なく

    SeesmicとTweetMemeいわく、Twitter生態系に問題なし。ご心配なく

    昨日(米国時間4/16)本誌は、SeesmicのLoic Le Meur、TweetmemeのNick Halsteadとの会話を 一部紹介した。ここにビデオ全篇を2部に分けてお送りする。 これは、最近Twitterが、同社言うところの「穴を埋めている」だけのTwitterアプリケーションを作っているサードパーティーデベロッパーらと、直接対決する決定を下したことに関するディベートである。現在さまざまなサードパーティーアプリがTwitterと直接競合している。 本誌が取材したデベロッパーの殆どが怒っており、Twitterは自分たちと競合しないという… 続きを読む

  • トヨタがイメージ回復へTwitterに救いを求める

    トヨタがイメージ回復へTwitterに救いを求める

    トヨタは大規模リコールによる厳しい批判への対応に追われ、売上げにも影響が出始めている。イメージ回復のために会社は何をするか。もちろん、Twitterである。日本の自動車巨人はTweetMeme上にブランドチャンネルを開設した。委託を受けたFederated Mediaが、Twitter上のトヨタに関する会話のまとめや整理を行う。 Toyota Conversationsと名付けられたサイトには、ニュース記事からプレスリリースまでトヨタに関してツイートされたトップニュースが集められている。Twitter上で共有されたトヨタに関するビデオと画像… 続きを読む

  • フォロー・ボタン―リツイート・ボタンのTweetmemeが新たなボタンを提供開始

    フォロー・ボタン―リツイート・ボタンのTweetmemeが新たなボタンを提供開始

    Twitterはしばらく前に一枚岩的なSuggested User List〔おすすめユーザーリスト〕を廃止し、誰もがユーザー獲得にいっそう公平な立場で臨めるようにした。TweetmemeはブログやウェブサイトのユーザーがTwitterのフォロワーを増やせるようFollowボタンを提供し始めた。これは従来からあるリツイート・ボタンに似ている。Tweetmemeのリツイート・ボタンは10万のサイトに設置され、ウェブ全体で月間70億ページビューを稼ぎ出している。フォロー・ボタンは名前のとおり、リツイートする代わりにフォローするものだ。Foll… 続きを読む

  • bit.lyの市場シェアに何が起きた?

    bit.lyの市場シェアに何が起きた?

    今や猫も杓子もURL短縮サービスをやるか、自分用の短縮ドメイン名を持っている。短縮URLは、もやらブランディングの一環と言ってもよい。しかし、短縮リンクの利用が増すにつれ、さまざまなURL短縮サービスの市場シェアは分断されてきている。最大のURL短縮サービスは未だにbit.lyで、月間リンク数は20億を超えているが、Twitterでの短縮リンクのシェアは現在56%にすぎない。昨年夏には80%近かったのに。この減少が表面化しなかったのは、短縮URL市場の統計を取っているTweetMemeが、サイトをスケーラブルにするためのアップグレード… 続きを読む

  • 日本語でも使えるリアルタイム検索エンジンのTopsy、新プロダクトのTopLinksも多言語対応

    日本語でも使えるリアルタイム検索エンジンのTopsy、新プロダクトのTopLinksも多言語対応

    リアルタイム検索と情報発見エンジンであるTopsyが、新プロダクトおよびツールをリリースしている。 Topsyとは、Twitter上でのReTweetについての情報を扱うサービスだ。このサービスは5月に一般公開され、ReTweetをウェブ上での通貨、すなわち価値尺度として用い始めた。もちろんReTweetの回数だけを尺度に使っているわけではない(それではスパマーの餌食となってしまう)。ReTweetを行った人の信頼性なども加味して判断している。 競合サービスにはOneRiotやTweetMemeなどがあるが、Topsyはデータを長期にわた… 続きを読む

  • いったいTweetMemeの規模はどの程度なのか、なぜそれが問題なのか?

    いったいTweetMemeの規模はどの程度なのか、なぜそれが問題なのか?

    TweetMemeが、Compete.comによる月間ユニーク訪問者で1800万人と、かなり堅実に伸びている件について、いろいろ噂が絶えない。この数字は、LinkedInやgmail.comという有名どころの、それぞれ1500万人、900万人というユニーク数を上回っている。事実Competeによると、現在Tweetmemeはインターネットで68番目に大きいサイトである。 TweetMemeとは何をするところか? ここは、他のサイトに「retweet」ボタンを付けて、読者が簡単に記事のリンクをTwitterに送れるようにするサービスだ。われ… 続きを読む

  • Tweetmeme、Analytics機能を追加してTwitterリンクを分析

    Tweetmeme、Analytics機能を追加してTwitterリンクを分析

    推定有効アカウント数5000万以上にまで成長したTwitterは、多くのウェブサイトにとってますます重要なトラフィック源となってきた。しかし、実際そのトラフィックの量がどれほどなのか、どこからなのか、どんなバイラル効果を生んでいるのか、その実態を知ることは容易ではない。今日(米国時間10/6)は、世界中の「ソーシャルメディアのエキスパート」にとって最良の日となった。Tweetmemeが新しくスタートするTweetmeme Analyticsのダッシュボードを使えば、あるリンクが何回つぶやかれ、何回retweetされ、どの町の、どのサイト… 続きを読む

  • TweetMeme、ブログ記事コメントの「retweet」機能実装を準備中

    TweetMeme、ブログ記事コメントの「retweet」機能実装を準備中

    Twitterとブログの間で相互フィードする動きが加速しつつある。ブログ記事も何度もretweetされることでバイラルとなっていく。ところでコメントについても簡単にretweetできるようになったらどうだろう。運用するretweetボタンがあちこちのブログに現れつつある(TechCrunchでも採用している)TweetMemeが、コメントのretweetを実現しようとしている。今のところは自身のサイトにおけるコメントについて実装を行っている段階だが、運用段階に入ればTweetMemeのAPIを利用して、外部のブログからもその機能を実装… 続きを読む

  • 悪名高いスパムソフト屋Mesia LabがReTweet.comをローンチ―どうみてもTweetMemeに肩入れしたくなる

    悪名高いスパムソフト屋Mesia LabがReTweet.comをローンチ―どうみてもTweetMemeに肩入れしたくなる

    TweetMemeのライバルを目指すReTweet.comは 数週間前に気をもたせるような予告が発表され、ウェブサイトもできていたが、いよいよ本番デビューした。運営会社のMesiab Labsは悪名高いTwitter向けスパム・ソフトのHummingbirdの開発元だ。 ReTweet.comのスクリーンショットがでまわったとたんにTweetMemeがMesiab Labsを訴えると息巻いたことは記憶に新しい。TweetMemeによればReTweetはRTボタンを動かすコードからサイトのデザインまで完全なパクリだという。両スタートアップとも… 続きを読む

  • 縄張りを守るTweetMeme、早くもReTweetを訴えると脅す

    縄張りを守るTweetMeme、早くもReTweetを訴えると脅す

    TweetMemeのライバル、ReTweetが立ち上げ間近であることを、われわれが報じてから24時間もたたないうちに、TweetMemeのファウンダー、Nick HalsteadがReTweetを訴えると脅している。この男はretweetのキングでいることに関して相当真剣だ。 TweetMemeのウェブデザインがそっくりコピーされたらしいと文句を言っているわけではない(ReTweetは、まだプライベートベータにも入っていない)。そもそもTweetMeme自体が、別のニュースアグリゲーターであるTechmemeに大きく影響を受けている。彼の… 続きを読む

  • Retweet.com、キラードメインを獲得してTweetMemeに挑戦

    Retweet.com、キラードメインを獲得してTweetMemeに挑戦

    TechCrunchでも採用した緑色をしたretweet用ボタンはウェブ中に広がり、これによりTweetMemeのアクセス数も大いに伸びた。あまりにメジャーになり、既にデファクトの地位を獲得したようにすら思えるかもしれない。ただ、この人気にチャレンジしてくるサービスも出てくるようだ。そのひとつはRetweet.comという、完璧過ぎる名前を持つことになりそうだ。 現在のところ、Retweet.comには「間もなくサービス開始」と記したトップページがあるのみだ。サービス内容がどのようなものになるのか、詳細は誰にもわからない。しかしTwee… 続きを読む

  • リアルタイム検索の難問―「意識の流れ」をいかに検索するか?

    リアルタイム検索の難問―「意識の流れ」をいかに検索するか?

    現在、ウェブ検索でもっともホットな分野はリアルタイム検索だ。つまり「たった今、何が起きているか」が表示できるような検索のことだ。Twitterの検索エンジンは、あらゆる話題について現在誰がどんなメッセージを発信しているか即座に一覧することができる。このため、急速にTwitterのユーザーに欠かせないツールとなってきた。Facebookも個々のユーザーのニュース・ストリームを検索できる機能をテスト中だ。Googleも(共同ファウンダーのLarry Pageがこの問題を特に重視しており)、リアルタイム検索に挑戦を始めている。 最近はほとんど毎… 続きを読む

  • TweetTabsは、Twitterを準リアルタイムで検索するすごいサービス

    TweetTabsは、Twitterを準リアルタイムで検索するすごいサービス

    どうやらTweetMemeは十分大きく成長したようで、Googleと同じく「20%」プロジェクトを始められるまでになった。 そこから生まれたのがTweetTabs、Twitterをリアルタイムで検索する斬新なやり方だ。 その名の通りTweetTabsでは、タブをいくつも開いてさまざまなTwitter検索結果を見ることができる。Twitterのデスクトップクライアントの中にもこれができるものがあるが、TweetTabsは完全にブラウザーベースだ。実に簡単なのもうれしい。検索ボックスに検索ワードを入れるだけで、新しいタブが自動的に開いて、リア… 続きを読む

  • Webは「静的ページ」から「リアルタイムストリーム」に変貌, 飛び込んで流れを加速せよ

    Webは「静的ページ」から「リアルタイムストリーム」に変貌, 飛び込んで流れを加速せよ

    インターネットが再びその姿を変えつつある。情報が、従来のように既存のWebページからではなく、最近はますます、リアルタイムのストリームの形で配布され提示されるようになっている。この傾向は、初期的な段階にすぎない今日ですら、はっきりと感じ取れる。大小さまざまなWeb企業がこぞって、リアルタイムストリームを前面に打ち出しつつある。Twitterだけではない。FacebookもFriendfeedも、そしてAOLもDiggもTweetdeckもSeesmic DesktopもTechmemeもTweetmemeもUstreamもQikもKyt… 続きを読む

  • Twitter発言内リンクのリアルタイム検索が大流行。Tweetmeme、OneRiotとほぼ同時にサービス提供を開始

    Twitter発言内リンクのリアルタイム検索が大流行。Tweetmeme、OneRiotとほぼ同時にサービス提供を開始

    Twitter上で頻繁にReTweetされているメッセージを追跡するサービスのTweetmemeが急速に成長中で、Twitter上で注目されている話題を見つけるのに最適だとの評判が広まっている。そして当然のことながらTweetmemeも検索シェア獲得ゲームに参戦することとなった。しかしここにはシンプルな検索機能を実現するScooplerや、あるいはTwitter自身による検索サービス等の難敵が存在する。つまりTweetmemeは参戦するにあたって、何か魅力的な機能を実装する必要があったわけだ。それでTweetmemeが選択したのはコン… 続きを読む

  • Twitter上のスクープをリアルタイムで発見するTwitscoop

    Twitter上のスクープをリアルタイムで発見するTwitscoop

    Twitter上のトレンドや口コミ情報をリアルタイムで視覚的に把握するTwitscoopが大変身を遂げ、思考ストリームを把握するのに便利な機能が付け加えられた。これら機能は太平洋標準時刻午前8時に公開される。TwitscoopのプログラムはTwitterを流れるストリームの中からタグやキーワードを自動的に認識し、それらがTwitterでの発言中に登場する頻度のランク付けを行う。トレンドの把握はリアルタイムで行われ、ニュース速報を識別したり、特定のキーワードについてアクティビティを示すグラフ付きでモニタリングすることもできる。また状況は… 続きを読む

  • Tweetmemeがものすごいことになりそうだ

    Tweetmemeがものすごいことになりそうだ

    Tweetmemeが盛り上がっている。Competeによると、2009年2月には無名(2万6000ユニーク訪問者)だったこのTwitter専門リンクトラッカーが、3月には10倍に伸びている(38万5000ユニーク) 。Tweetmemeを運営する英国拠点企業Fav.or.itのCEO Nick Halsteadが話してくれたところによると、同サービスでは月間20万近いユニークユーザーを追跡しているが、これは昨日の訪問者数に基づくものであり、現在毎週50%ずつ訪問者数が増加しているという。Tweetmemeは、TwitturlyやTwit Li… 続きを読む

  • Twitterの被リンク数で話題のニュースをリアルタイムで追う「Twitturly」

    Twitterの被リンク数で話題のニュースをリアルタイムで追う「Twitturly」

    Twitter常用の人なら誰でも知ってることだが、Twitterではしょっちゅう大ニュースがブレイクしている。最近の例で言うと中国人ハッカーがSportsNetworkを乗っ取ったニュース。あれもここで伝えるよりTwitterの方が全然速かった。 だが、これまではフォローする相手を間違えず、初報が流れた時たまたまオンラインにいたラッキーな人でない限り、速報ブレイクの現場に立ち会える保証はなかった。TwitLinksのようなサービスも最近登場したが、ブロガーたちの興奮もよそにこの問題の解決には大失敗している。 また、TweetMemeやQu… 続きを読む

  • TwitLinks:便利とも言えず、TechMemeキラーでもない

    TwitLinks:便利とも言えず、TechMemeキラーでもない

    ニュースの多くが最初に流されるのがTwitterであるのは明らかだ(その実例)。ブログはニュースが流れるのに数時間かかるし、メインストリームメディアについては数日かかる。しかし、ブログやその他のニュースサイトについてTechMemeが行ったような形で、Twitterに流れる情報を収穫し、ニュース速報あるいは最新ミームとして提供するアプリケーションは、まだ生まれていない。 この分野に新しく登場したのがRWW(ReadWriteWeb)が「Twitter版TechMeme?」と記事にしたTwitLinksだ。エキサイティングなニュースには聞… 続きを読む