uber

  • GEのジェフ・イメルト前CEO、UberのCEOに就任か

    GEのジェフ・イメルト前CEO、UberのCEOに就任か

    Uberの新たなCEOを選ぶ、長くてドラマチックなプロセスが終わりに近づいている。 Kara Swisherが最初に報じ、本誌の情報源も伝えるところによると、General Electricの前CEO、Jeff Immeltが最有力であり、近々投票が行われるらしい。この話題は数週間前に初めて報じられた。 続きを読む

  • Uberの共同ファウンダー、カラニック復帰を否定――「取締役会は新CEOを選ぶ」とキャンプ

    Uberの共同ファウンダー、カラニック復帰を否定――「取締役会は新CEOを選ぶ」とキャンプ

    Uberの共同ファウンダー、前CEOのトラビス・カラニックがUberに復帰しようと運動しているという噂や報道が出ている。しかしRecodeによれば、共同ファウンダーで現取締役のギャレット・キャンプは「そういう事実はない」と否定した。 続きを読む

  • 貨物運送のUber Freightが対象地域を拡大、新機能も追加

    貨物運送のUber Freightが対象地域を拡大、新機能も追加

    Uber Freightは、今年Uberがスタートしたオンデマンド・トラック運送サービスだ。このほど当初のテキサスに加えて、カリフォルニア、アリゾナ、シカゴ、ジョージア、サウスカロライナ、およびノースカロライナへとサービス対象地域を拡大した。Uberはアプリも改訂し、ドライバーアプリのカスタム設定によるパーソナライズや利用状況に応じた推奨機能が加わった。 続きを読む

  • ソフトバンク、CEO辞任で揺れるUberへの投資を断念か

    ソフトバンク、CEO辞任で揺れるUberへの投資を断念か

    つい先週にライドシェアリング大手のUberへの投資が噂されていたソフトバンク。しかし、米CNBCが報じたところによれば、ソフトバンクはUberへの投資を断念したようだ。 続きを読む

  • サンフランシスコ市、LyftとUberに運行データ提出の裁判所命令を発行

    サンフランシスコ市、LyftとUberに運行データ提出の裁判所命令を発行

    サンフランシスコ市法務官、Dennis Herreraは、UberとLyftの両社に対してドライバーの安全、身障者対応、その他の運用に関する記録の公開を求める裁判所命令の発行を検討している。先月同法務官は本件に関する召喚状を発行していた。 続きを読む

  • Uber、今度は車いす対応車両の不足で訴えられる

    Uber、今度は車いす対応車両の不足で訴えられる

    The Brooklyn Center for Independence for the Disabledを始めとする障害者権利支援団体は、Uberの車いす対応車両が不十分でニューヨーク市人権法に違反しているとして訴訟を起こした。Reutersが報じた。 続きを読む

  • Lyft、1日当たり乗車回数100万回を達成

    Lyft、1日当たり乗車回数100万回を達成

    Lyftは1日当たりの乗車回数100万回を達成した。現在同サービスは米国でのみ利用できる。Uberは全世界での乗車100万回を2014年12月に発表した。2016年7月、Uberは1日平均550万乗車を記録、先週には累計乗車50億回に達した。 続きを読む

  • ワシントンDC、全タクシーにSquare導入へ

    ワシントンDC、全タクシーにSquare導入へ

    ワシントンDCは、同市のタクシーがUberやLyftなどの配車サービスと対等に戦うための一歩を進めた。2017年8月31日以降市内の全タクシーは、誰もが知っているあの大嫌いなメーターをやめ、新しいデジタルメーターに切り替えなくてはならない。そして支払いには Squareが使える。 続きを読む

  • 暗雲立ち込める中、Uberが乗車回数50億回を突破

    暗雲立ち込める中、Uberが乗車回数50億回を突破

    Uberの乗客は延べ50億回このサービスを利用して移動したと本日(米国時間6/29)同社が発表した。2016年に達成した20億回の2倍以上だ。50億乗車の節目を実際に越えたのは5月だった。5月20日 7:29:06 AM GMT、156台が出発し、相乗りサービスを大台に乗せた。 続きを読む

  • 一部のUber社員がTravis Kalanickの復帰を要求する嘆願書を提出

    一部のUber社員がTravis Kalanickの復帰を要求する嘆願書を提出

    今Uber社員の間で、Travis Kalanickの復帰を取締役会に要望する嘆願書が回覧されているとRecodeが報じた。メールにはKalanickが会社の将来の成功にとっていかに「不可欠」であるかが書かれている。社員に対しては、Kalanickを支持し経営への復帰を要求するよう依頼している。 続きを読む