uber

  • 一部のUber社員がTravis Kalanickの復帰を要求する嘆願書を提出

    一部のUber社員がTravis Kalanickの復帰を要求する嘆願書を提出

    今Uber社員の間で、Travis Kalanickの復帰を取締役会に要望する嘆願書が回覧されているとRecodeが報じた。メールにはKalanickが会社の将来の成功にとっていかに「不可欠」であるかが書かれている。社員に対しては、Kalanickを支持し経営への復帰を要求するよう依頼している。 続きを読む

  • ウーバーティンよ泣かないで――Uberバッシングの原因を考える

    ウーバーティンよ泣かないで――Uberバッシングの原因を考える

    Uberはしばらく前からトラブルの渦中にあった。 この会社は「男の友情」的な気質の人間が「やれることは何でもやる」という態度で運営してきた。God ViewによるUberの利用状況のリークからジャーナリストに対するハラスメントまでこの企業文化がベースにあった。簡単にいえば、Uberは「許し難い罪」の上に作られた会社だった。 続きを読む

  • UberのCEO Travis Kalanickが辞任、“株主一揆”に折れる

    UberのCEO Travis Kalanickが辞任、“株主一揆”に折れる

    このところ悩み多きUberのCEO Travis Kalanickは、彼が2009年にその創業に寄与したライドシェア企業から去ることになった。The New York Timesの記事によると、その辞任は、Uberの中心的な投資家たちの一部が率いた“株主一揆”の結果だ。 Kalanickの辞任は、Uberのスポークスパーソンも確認した。 続きを読む

  • Uber、ようやく「チップ」機能を導入

    Uber、ようやく「チップ」機能を導入

    ドライバーにチップを渡すオプションを長年拒み続けてきた Uberがついにアプリにチップ機能を追加する。これは同社のドライバーと乗客の支援プログラムの一環だ。 続きを読む

  • Uberのパワハラ被害女性、顧客に対する会社の謝罪は「見せかけ」と非難

    Uberのパワハラ被害女性、顧客に対する会社の謝罪は「見せかけ」と非難

    米国時間6月16日、Uberはニューヨークなどの都市でかつてUberを利用した一部の乗客にメールを送り、乗客、ドライバー、社員のニーズの優先順位を誤ったことを謝罪した。 Business Insiderが報じた。しかしこの騒動全体について、元Uberのエンジニアで会社をセクシャルハラスメントで訴えたSusan Fowlerは、(当然ながら)不満を訴えておりUberの主張を額面通りに受け取っていない。… 続きを読む

  • Uber取締役、懲りずに女性差別発言――アップデート:ボンダーマンは辞任

    Uber取締役、懲りずに女性差別発言――アップデート:ボンダーマンは辞任

    Uberの取締役会にまだ一人、女性差別の意味がわかっていないメンバーがいた。今朝、Uberでは女性差別等の問題を根絶するための改革をテーマに全社ミーティングが行われた。Yahoo Financeで公開された録音によると、取締役の一人、デビッド・ボンダーマン(David Bonderman)は取締役会にさらに女性を加えることは「おしゃべりが増えるだけだと」と述べた。実際そう述べたのだから驚く。 続きを読む

  • トラビス・カラニック、UberのCEOを一時休職――ホルダー勧告の内容公開

    トラビス・カラニック、UberのCEOを一時休職――ホルダー勧告の内容公開

    波乱の時期を迎えているUberだが、CEOのトラビス・カラニック(Travis Kalanick)は先月、両親がボートの事故に遭い、母親を失うという悲劇に見舞われた。カラニックはUberの改革の前にまず休暇を取って気持ちを静める必要があったようだ。トラビスは社員に向けて休暇を取ることを告げた。期限は明らかになっていない〔社員向けメモは原文に掲載〕。 カラニックは「この〔休暇〕期間中、会社はリーダーシッ… 続きを読む

  • Uberのエミール・マイケル上級副社長、辞任――取締役会はホルダー勧告を全面受け入れ

    Uberのエミール・マイケル上級副社長、辞任――取締役会はホルダー勧告を全面受け入れ

    Uberはエミール・マイケル(Emil Michael)上級副社長が会社を離れたことと確認した。 Recodeによれば、今朝(米国時間6/12)早く、マイケルはUberを去るという社内向けメールを出していた。 続きを読む

  • Uber取締役会、トラビス・カラニックの休職を検討――後任はガレット・キャンプか?

    Uber取締役会、トラビス・カラニックの休職を検討――後任はガレット・キャンプか?

    報道によれば、今日(米国時間6/11)、Uberはロサンゼルスで取締役会を開く。この8年のUberの歴史でも、もっとも重要な討議となる模様だ。 New York Timesの記事によると、最大の議題は、窮地に経つCEO、トラビス・カラニックを休職させるべきかだ。この問題に対する取締役会の態度は数ヶ月前に開始された元司法長官、エリック・ホルダーによる調査の結果に大きく左右されることになるという。 続きを読む

  • Uber、セクハラで20人を解雇――差別、いじめは構造的問題の可能性

    Uber、セクハラで20人を解雇――差別、いじめは構造的問題の可能性

    配車サービスの大手Uberがセクシャル・ハラスメントの調査に関連して社員20人を解雇したことをTechCrunchは確認した。今年に入ってセクハラ問題によって揺れているUberは、215人の社員について調査を行った結果、20人について各種の差別、いじめ、その他のハラスメント行為があったと認定した。 続きを読む