voice recognition

  • 超音波を使えば、「音」を発せずに音声認識デバイスを騙すことができる

    超音波を使えば、「音」を発せずに音声認識デバイスを騙すことができる

    セキュリティ関連技術を研究する中国人研究者が、「音」を発せずに音声認識システムを作動させる方法を開発した。人間には聞こえず、しかしマイクでは検知できる高周波音を用いるのだ。このしくみを用いて、人間には音が聞こえない状況で、さまざまなコマンドを発することに成功したのだそうだ。メジャーな音声認識アシスタントのすべてを操作することができたとのこと。 続きを読む

  • MITが音声認識機能を低電力チップに収めることに成功、音声が聞こえたときだけ本体部が動き出す

    MITが音声認識機能を低電力チップに収めることに成功、音声が聞こえたときだけ本体部が動き出す

    MITが今日(米国時間2/13)、音声認識チップの開発を発表した。その発表によると、このチップを使うと各種応用製品の音声認識処理の部分の電力消費量が90〜99%節減される。音声技術は今やモバイル製品のほとんどに実装されており、中でもとくに、Siri, Alexa, Google Homeといった音声アシスタントアプリの人気がそのニーズを急増させている。このチップによりそれらの関連回路やソフトウェア部品が大幅に単純化されそうだ。 続きを読む

  • KeyLemonは音声ユーザー認証のスタートアップ―ベンチャー資金調達に成功して事業拡大へ

    KeyLemonは音声ユーザー認証のスタートアップ―ベンチャー資金調達に成功して事業拡大へ

    スイスのスタートアップ、KeyLemonはIdiap Research Instituteのスピンオフで、ユーザー認証のための顔認識、音声認識テクノロジーを開発している。このほど同社はシリーズAのラウンドで150万ドルを調達したと発表した。 投資家は、スイスの世界的製薬会社、Debiopharm GroupのDebiopharm Investment、スイスの電話キャリヤ、SwisscomのSwisscom Venturesなど。 タブレット、スマートフォンには例外なくカメラとマイクが装備されている。これを利用してKeyLemonは顔、音声認識テク… 続きを読む

  • パーキンソン病を声で診断するアルゴリズムを開発-3分ヒマのある人はその訓練に協力しよう

    パーキンソン病を声で診断するアルゴリズムを開発-3分ヒマのある人はその訓練に協力しよう

    BBCの報道によると、今日(米国時間6/24)行われたTEDx Edinburghで数学者のMax Littleが、パーキンソン病を声で診断するプロジェクトを立ち上げた。パーキンソン病は神経系の難病で、片手のわずかな震えから始まり、徐々に進行することが多い。まだ有効な血液検査が存在しないので、早期発見が難しい厄介な疾病だ。しかしLittleによれば、人間の声には、四肢の動きと同様に、パーキンソン病の影響が現れるので、彼が開発したアルゴリズムは86%の精度で発病を診断できる。最近TEDのフェローになったLittleは今、アルゴリズムの精度の… 続きを読む

  • ついにAndroidにもSiri並の本格的な音声機能(Utter!)が登場

    ついにAndroidにもSiri並の本格的な音声機能(Utter!)が登場

    Androidの音声認識機能はSiriの登場よりもずっと前からあるが、しかしAppleが実装したその音声命令システムに比べると、Googleのはとっても非力で古くさく見える。その落差は、これまでの数か月で、Siriブームに乗っかろうとしたSiriふうAndroidアプリがいくつか出現したにもかかわらず、うまらなかった。 そして、この記事でご紹介するUtter!は、Siriよりも優れていると言える初めてのAndroidアプリだ。それはほかのアプリケーションに接続して使用し、複数の単語から成る複雑な語句にも対応し、そして実際に役に立つ。 この… 続きを読む