wearable

  • グローバルで見ればウェアラブルは成長している、主にXiaomiのおかげで

    グローバルで見ればウェアラブルは成長している、主にXiaomiのおかげで

    ウェアラブルバブルの崩壊は、少なくともグローバルのレベルでは言い過ぎだったかもしれない。このカテゴリーはここアメリカでは苦戦しているが、しかし国際的には今なお成長している。Canalysの分析によると、ウェアラブルは年率8%で伸びている。爆発的な伸びではないが、上向きのトレンドを維持しているのだ。 続きを読む

  • ヘルスケアスタートアップのFiNCがFitbitと提携、ライフログデータの自動転送が可能に

    ヘルスケアスタートアップのFiNCがFitbitと提携、ライフログデータの自動転送が可能に

    法人向けウェルネス経営ソリューションなどを手掛けるFiNCは7月26日、フィットネス用ウェアラブルデバイス大手のFitbitとの提携を発表した。これまで手動で入力していた活動量や睡眠時間などのデータの自動入力を可能とし、FiNCサービスにおけるユーザーの継続意欲の向上を狙う。 続きを読む

  • これからのドラマーは3本腕だ―ウェアラブル・ロボットが正確なビートを刻む

    これからのドラマーは3本腕だ―ウェアラブル・ロボットが正確なビートを刻む

    前回われわれがジョージア工科大学のCenter for Music Technologyを訪問したとき、ギル・ワインバーグ教授は人間に合わせて歌い踊り、演奏する音楽ロボットを見せてくれた。今回ワインバーグはドラマーの3本目の腕となるウェアラブルなロボット・アームを開発した。 続きを読む

  • ログバーの新プロダクトはウェラブル翻訳デバイス「ili」、コンセプト動画には批判も

    ログバーの新プロダクトはウェラブル翻訳デバイス「ili」、コンセプト動画には批判も

    米国ラスベガスでは現地時間の1月6日から9日まで、世界最大規模のコンシューマ・エレクトロニクスの見本市「CES」が開催されている。世界中の家電メーカーが展示を行うCESだが、ここ最近ではCerevoやMoffをはじめとした日本のIoT・ハードウェアスタートアップも展示を行っている。 続きを読む

  • Apple Watchの販売台数は低レベル?!

    Apple Watchの販売台数は低レベル?!

    アナリストを抱えるCanalysがApple Watchの動向についての推計を発表している。そのレポートによると、Apple WatchがリリースされたQ2期間にて、出荷台数は420万台であったとなっている。 続きを読む

  • Apple Watch、ファーストインプレッション(ビデオあり)

    Apple Watch、ファーストインプレッション(ビデオあり)

    今日(米国時間3/9)のAppleのプレスイベントでわれわれは実際にApple Watchの実機を手にとって試すことができた。昨年9月のイベントでも手首にはめてみることはできたが作動はしなかった。今回は4月24日に発売される製品版とほぼ同一だ。 Apple Watchのハードウェア、特にステンレス版は印象が強い。私の場合、38mm版の方がフィットする感じだが、42mm版もさほど大きすぎはしない。今日の発表で42mm版は38mm版よりおおむね50ドル高いことが分かったが、 私のように小型版が気に入っているものにはよいニュースだ。 続きを読む

  • Pebble、カラー化したPebble Timeに対応したSDKのプレビュー版をリリース

    Pebble、カラー化したPebble Timeに対応したSDKのプレビュー版をリリース

    The Pebble Timeは、Kickstarterにて既に1000万ドル以上を調達している。キャンペーンはまだ29日を残しているが、既に発売開始日も決められており、5月中に出荷開始予定となっている。この予定に則り、既存モデルでも利用できるツールも準備している。まだディベロッパー向けプレビュー版ではあるがPebble SDK 3.0が公開されているのだ。これにはPebble Timeのカラーe-paper上での動作を確認するためのエミュレーターも同梱されている。 続きを読む

  • ティム・クック曰く、Apple Watchは4月に発売

    ティム・クック曰く、Apple Watchは4月に発売


    Apple Watchは4月から一般販売が開始される、とApple CEO Tim Cookは語った。Cookは今日の2015年Q1収支報告会見で、この目標とする発売予定時期を明かした。昨年9月にApple Watchが初めて発表されたとき、発売時期は「2015年初め」と説明されていた。 続きを読む

  • Apple Watchはカスタマイズの宝庫。専用アプリの画像が大量リーク

    Apple Watchはカスタマイズの宝庫。専用アプリの画像が大量リーク

    来たるべきApple Watch専用アプリに関する新たなリーク情報によると、今年新ウェアラブルが発売される暁にはいくつか未発表の機能が期待できそうだ。9to5Macに掲載されたアプリ設定画面のスクリーンショットを見ると、ウォッチがアクティビティー、アクセサビリティー、メッセージ、モーション、フィットネスなどをどう扱うかをユーザーが微調整できるようになってる他、ウォッチにどんな情報が通知されるかをオーナーが細かくカスタマイズできるオプションもある。 続きを読む

  • Tim Cook曰く、Apple Watchは毎日の充電が必要となる

    Tim Cook曰く、Apple Watchは毎日の充電が必要となる

    Apple Watchのバッテリー持続時間について、ぜひともApple得意の現実歪曲能力を発揮して欲しいと期待していた人も多いことだろう。しかし既に各所で報じられているように、その願いは通じなかったらしい。AppleのCEOであるTim Cookが、Apple Watchは毎日の充電する必要があると話したのだ。言うならば、バッテリー面では既に市場に出ている他社製ハイエンド・スマートウォッチと変わらないということになる。 続きを読む

  • Apple Watchは349ドルから、来年早々に出荷

    Apple Watchは349ドルから、来年早々に出荷

    ついにAppleがウェアラブルに参入した。Apple Watchだ。 今朝(米国時間9/9)のイベントに参加した全員の最大の疑問は、「で、いつ、いくらで手に入るのか?」だった。 続きを読む

  • iWatchにNFCが組み込まれるなら支払だけでなくすべてのAppleデバイスのハブとなる

    iWatchにNFCが組み込まれるなら支払だけでなくすべてのAppleデバイスのハブとなる

    Wall Street Journalの記事によると、AppleはいわゆるiWatchにNFC(近距離無線通信)を組み込み、支払いデバイスにするかもしれないということだ。しかしNFCのiWatch(とiPhone 6)への組み込みが事実とすれば、単に支払いだけでなく、消費者に「これなら欲しい」と思わせるような多くの便利な機能への扉が開かれるはずだ。 続きを読む

  • Android WearがGPS機能とBluetoothによる対話機能を持つ、Appleイベント前の先制パンチ?

    Android WearがGPS機能とBluetoothによる対話機能を持つ、Appleイベント前の先制パンチ?

    Androidチームの発表によると、GoogleのAndroid Wearプラットホームは今後継続的かつ頻繁にアップデートを行い、機能や性能を強化していくそうだ。中でも至近に予定されている新たな機能は、GPSのサポート(スマートフォン等に依存せずデバイス自身が)、そしてBluetoothによるウェアラブル同士の対話機能だ。おもしろいのは、とくに後者かもしれない。 この前Googleは、サードパーティが盤面を自由にデザインできるためのAPIを公開すると述べたが、最近のCNETのインタビューでは上記の二つの新機能に加え、これについてもあらため… 続きを読む

  • Apple、9月9日にiPhone 6に加えてウェアラブル・デバイスも発表か?

    Apple、9月9日にiPhone 6に加えてウェアラブル・デバイスも発表か?

    Appleは9月9日(まだ確認はされていないが)のプレスイベントに向けて大忙しだろう。Re/codeの最新記事によれば、このイベントでAppleはiPhone 6に加えてウェアラブル・デバイスの発表も行うということだ。John Paczkowskiは「Appleのウェアラブル・デバイスはiOS 8に搭載されるHealthKitと連動してヘルスとフィットネスの機能を発揮する。同じくiOS 8のHomeKit機能を利用してし、家庭の機器とも連動するだろう」と」書いている。 続きを読む

  • Asus、9月3日IFAにてAndroid Wear搭載スマートウォッチを発表予定

    Asus、9月3日IFAにてAndroid Wear搭載スマートウォッチを発表予定

    今年のGoogle I/Oのにて、AsusはAndroid Wear搭載のスマートウォッチを開発中であると話していた。9月にリリース予定で、既に市場に出回っているものよりも安価なものとしたいということだった。その「9月」が目前にせまる中ASUSは、ベルリンで9月3日に開催されるIFAにて新プロダクトをリリースする予定であるとのティーザー広告を世に出した。写真をみれば、これが予定されていたスマートウォッチであることは間違いない。 続きを読む

  • 日本発、Oculusに視線追跡機能が搭載されたようなHMD「FOVE」が夏にも開発キット提供へ

    日本発、Oculusに視線追跡機能が搭載されたようなHMD「FOVE」が夏にも開発キット提供へ

    ヘッドマウントディスプレイ「FOVE」(フォーブ)が、2015年夏の開発者向けキット発売に向けた準備を進めている。7月16日には日本企業としては初めてとなるMicrosoft Ventures Londonアクセラレータープログラムに採択され、ゲーム領域でのXBox事業との連携を視野に開発を進めるという。「熱量の高いハイエンドゲーマーをターゲットにしたい」といい、来年の年明けをめどにKickstarterでの資金調達を予定。現在はエンジェル投資家と東京大学の産学連携施設「Intellectual Backyard」からプロトタイプが作れる程… 続きを読む

  • ウェアラブルなオモチャ「Moff」、Amazon.co.jpとTokyo Otaku Modeで予約開始

    ウェアラブルなオモチャ「Moff」、Amazon.co.jpとTokyo Otaku Modeで予約開始

    クラウドファンディングサービスKickstarterで、目標金額の約4倍にあたる7万8800ドルを集めた日本発のウェアラブルなオモチャ「Moff」。これまでKickstarterでしか手に入らなかったこの商品の一般予約が始まった。国内向けにはAmazon.co.jp(送料込みで5616円)、欧米向けにはTokyo Otaku Mode(送料別で53.99ドル)でそれぞれ予約できる。国内での発売は1 続きを読む

  • 日本はすでに代表が交代、米国はCEO未確定–井口氏退任に揺れるTelepathy

    ウェアラブルデバイス「Telepathy One(テレパシー・ワン)」を開発中のTelepathyから、CEOの井口尊仁氏が退任するというエントリーを掲載したが、その続報をお届けする。 TechCrunch Japanでは、第1報を公開後、井口氏に替わって日本法人であるテレパシージャパン(Telepathyは米国法人が親会社であり、日本法人が子会社)の代表を務める鈴木健一氏とのアポイントを取り付けたため、東京・人形町の同社に向かった。だが同社に到着する直前で 続きを読む

  • 東北大の川島隆太教授が「Google Glassなんて3日で飽きる」と語ったワケ

    東北大の川島隆太教授が「Google Glassなんて3日で飽きる」と語ったワケ

    5月に発表されたジェイアイエヌのメガネ型のウェアラブルデバイス「JINS MEME」。その機能や会見の様子はすでに当日の記事で紹介した。ここでは、当日の展示会場で、東北大学 加齢医学研究所の川島隆太教授に聞いた話を紹介したい。話を聞いてから少し時間が経過してしまったが、IoT、ウェアラブ 続きを読む

  • PradaデザインのGoogle Glassはこんな感じ

    PradaデザインのGoogle Glassはこんな感じ

    「プラダを着た悪魔」という映画があった。その映画に思いを馳せたか、ドイツのテック系サイトであるCurved.deが、「PradaがGoogle Glassをデザインしたらどうなるか」という記事を掲載していた。ヨーロッパ人にとってみれば、そんなことを考えるのが楽しいことであるらしい。 続きを読む

  • ウェアラブルなんてバズワードだ、まずはモノを作って出すべき——古参ハードウェアベンチャーの提言

    ウェアラブルなんてバズワードだ、まずはモノを作って出すべき——古参ハードウェアベンチャーの提言

    ウェアラブルなんてテクノロジーの進化の一部を切り取ったバズワードでしかない。ハードウェアベンチャーはまず自らプロダクトを作って世に出して、そしてのノウハウを共有していって欲しい——2008年創業で、すでに古参のハードウェアベンチャーとなったCerevo代表取締役の岩佐琢磨氏は、イベントの壇上でこう語った。 これは、3月25日から26日にかけて開催された「ウェアラブル・テック・エキスポ」での一幕。25日の午後に開催されたTelepathy CEO の井口尊仁氏と岩佐氏のセッシ 続きを読む

  • Googleのスマートウォッチの仕様がリーク―LGのOEMでハードの能力はGalaxy Gear 2レベル

    Googleのスマートウォッチの仕様がリーク―LGのOEMでハードの能力はGalaxy Gear 2レベル

    GoogleとNexusでもGoogleのハードウェアのパートナーを務めるLGが準備中のスマートウォッチについてさらに情報が入ってきた。 情報源は@evleaksだ。この情報源はこれまでにも未発表のデバイスについて何度も正しい情報をつかんだ実績がある。われわれがGoogleのスマートウォッチの開発が進んでいるという記事を掲載したすぐ後で@evleaksはOMEはLGで、発表はGoogleのI/Oデベロッパー・カンファレンスになるだろうとツイートした。 続きを読む

  • 日本発、音と動きでカラダを使った遊びを実現するMoffがKickstarterキャンペーンを展開中

    「キュートなウェアラブル」といえばこれを指すことになるかもしれない。何の話かと言えばMoffだ。子供用の腕輪で、これをつければありふれた日用品が、様々な音を発するオモチャになる。このカワイイプロダクトを生み出したのは、もちろん日本だ。 Moffはスラップベルトで巻きつけるようになっている(つまり紐などを使って結びつける必要はない。手首に勢い良く打ち付けるようにすると、自然に手首の周りに巻き付くような形になる)。そしてMoffはiOSデバイスとBluetooth 4.0で繋がり、iOS側のアプリケーションにて、鳴らす音を選択するようになって… 続きを読む

  • Lumusのウェアラブル向けVRディスプレイは「レイア姫の瞬間」を実現する

    Lumusのウェアラブル向けVRディスプレイは「レイア姫の瞬間」を実現する

    Lumusはまだ消費者向け市場では有名ではない。しかし近い将来、繰り返し耳にする名前になるはずだ。 私は2年前にLumusのセールス担当のAri Grobmanからこの驚くべきテクノロジーを紹介された。これは基本的には拡張現実ディスプレイだが、通常のフレームと通常のレンズの普通の眼鏡に装着できるところが画期的だった。720pモデルはHDに近い高画質の画像を目の前の空中に浮かんだように表示した。ユーザーは近くこのテクノロジーを利用して映画を見たりゲームをプレイしたりモバイル・デバイスを操作したりできるようになると説明された。 今回Lumusは… 続きを読む

  • Motorola、新型スマートウォッチを開発中である旨を発表

    Motorola、新型スマートウォッチを開発中である旨を発表

    MotorolaがMobile World Congressにて、あまり注目されない中でプレスカンファレンスを開催した。記者たちも大きな情報を期待していたわけではなかったが、SVPであるRick Osterlohの発表はなかなかの驚きを持って迎えられた。Motorolaはスマートウォッチの開発を継続しており、間もなく新しいデバイスを発表できる見込みだというのだ。 続きを読む

  • ウェアラブルに新しい波―The Dashはヘルス・センサーを組み込んだBluetoothヘッドフォン

    ウェアラブルに新しい波―The Dashはヘルス・センサーを組み込んだBluetoothヘッドフォン

    ウェアラブル・テクノロジーもついに実用的な応用が始まったようだ。新しいKickstarterプロジェクトのThe Dashはこのトレンドの優れた例だろう。 これはBluetooth接続の耳道内装着タイプのヘッドフォンでありながらヘルス・センサー、パッシブ・ノイズキャンセル、マイクを内蔵している。パッシブ・ノイズキャンセル機能はオン、オフできるため、必要なときは外界の音もよく聞き取ることができる。マイクは骨伝導タイプで運動中などノイズの多い環境にも強い。誰もがヘッドフォンを(少なくともある時間は)使うのだから、持ち歩く必要のあるデバイスの数… 続きを読む

  • Bionymのウェアラブル製品ではユーザ本人の体(心臓の鼓動)が認証情報だ

    ウェアラブルハードウェアの新しいコンセプトで注目を集めているトロントのBionymの製品Nymiは、心臓の鼓動の波形(heartwave)でユーザを認証する。その波形はその人と密接に結びついているので、盗まれることも失うこともありえないから、これまでにない強力なセキュリティ対策になりえる。今ではパスワード生成器という専用機もあるが、いったん作られたパスワードはふつうのパスワード同様、安全ではない。〔関連ビデオ。〕 続きを読む

  • おむつ交換のタイミングを教えるウェアラブルデバイスをスペインのスタートアップが開発

    おむつ交換のタイミングを教えるウェアラブルデバイスをスペインのスタートアップが開発

    今出回っているセンサ駆動のウェアラブル(着脱型)デバイスは、スポーツやフィットネスなどのために自分の体のデータを拾うものが多い。しかもそれらは、必要に迫られてというより、むしろデータを楽しむためだ。でも、人間がセンサを身につけることには、きわめて実用的な用途がたくさんある。ここでご紹介するのも、ある現実的な問題を解決するためのウェアラブルセンサ製品だ。 続きを読む