Yahoo

  • Firefoxのデフォルト検索がGoogleに戻り、OathとMozillaが訴訟合戦

    Firefoxのデフォルト検索がGoogleに戻り、OathとMozillaが訴訟合戦

    MozillaがYahooからGoogleに切り換えると発表した数週間後、Firefoxのデフォルト検索エンジンは激しい法廷闘争の対象になった。12月1日、Yahooの新しい親会社のOathは、Mozillaが契約に違反したとしてカリフォルニア州裁判所に訴えた。そして今度はMozillaが反対訴訟を起こし、検索エンジンの変更は二社間の契約に沿っていると主張した。 続きを読む

  • アメリカYahooデータ漏えいで起訴されたカナダのハッカーが有罪を認める

    アメリカYahooデータ漏えいで起訴されたカナダのハッカーが有罪を認める

    014年に起きた大規模なアメリカYahooのデータ漏えい事件に関与したとして起訴されていたカナダ国籍のハッカーが有罪答弁を行ったことが明らかになった。このハッカーはロシア情報機関の職員に雇われてYahooのデータベースに侵入し、5億件のアカウント情報を不法に得ていた。被告人は22歳のカザフスタン生まれのカナダ人で、Karim Baratovといい、アメリカYahooへのハッキングで逮捕された唯一の人物だ。 続きを読む

  • Verizon、45億ドルでYahoo買収完了――AOL含めメディア事業はOathに統合

    Verizon、45億ドルでYahoo買収完了――AOL含めメディア事業はOathに統合

    VerizonのアメリカYahoo買収が正式なものとなった。先週、Yahooの株主は買収を承認していたが、Verizonは今日(米国時間6/12)、Yahooの買収手続きを完了したと発表した。Verizonは既存AOLと買収したYahooの資産をOathというグループに統合する。Oathにはメディア・ブランドが(TechCrunchを含め)50社前後含まれる。ユーザー総数は世界で10億人に上る。Oathの責任者には現AOLのCEO、ティム・アームストロング(Tim Armstrong)が就任する。 続きを読む

  • ヤフー前社長の井上雅博氏が60歳で逝去——米国で交通事故

    ヤフー前社長の井上雅博氏が60歳で逝去——米国で交通事故

    ヤフーは4月29日、前代表取締役社長である井上雅博氏が4月25日(日本時間26日)、米カリフォルニア州での交通事故により逝去したと発表した。 続きを読む

  • “Oath: A Verizon Company”という名称の長所と短所を考える

    “Oath: A Verizon Company”という名称の長所と短所を考える

    コーポレート・アイデンティティ!もちろん皆が大好きだ。いや、しかし、良いものに出会うことは難しい。どうやら“Oath: A Verizon Company.”(Oathは「宣誓」といった意味)という名前で行くらしい。すでに別の記事も投稿されているが、ここでは私はグループにフォーカスし、気が付いたことを述べたい 続きを読む

  • Yahooを襲ったハッカーは‘勃起不全の治療薬’で検索している検索結果を金銭目的で操作した

    Yahooを襲ったハッカーは‘勃起不全の治療薬’で検索している検索結果を金銭目的で操作した

    今日(米国時間3/15)司法省が提出した起訴状によると、5億人のユーザーが被害者になった2014年のYahooハックの犯人とされているハッカーの一人が、金銭目的で検索結果を操作した。 Alexsey Belanはeコマースの詐欺や悪質なハッキングで何度も告発された人物だが、2013年にはロシアに逃げおおせていた…それは彼がヨーロッパで逮捕され本国(アメリカ)へ送還される前のことだった。 続きを読む

  • 「日本人に最適化したプロダクティビティツールを」 ― BHIがニュースアプリSwingnewsをリリース

    「日本人に最適化したプロダクティビティツールを」 ― BHIがニュースアプリSwingnewsをリリース

    メールアプリのSwingmail、タスク管理アプリのSwingdoなどを展開する日本のBHIは2月16日、新たにニュースアプリのSwingnewsをリリースすると発表した。これまでのアプリと連携してパーソナライズされたニュースを配信できることを武器に、競合も多く存在するニュースアプリ市場に参入する。また、これまでLINEのみだったボットプラットフォームも拡大し、新たにFacebook Messenger、Slack版をリリースする。 続きを読む

  • 再度の巨大ハックにYahoo USの株価6%ダウン―市場はVerizonの買収見直しを恐れる

    再度の巨大ハックにYahoo USの株価6%ダウン―市場はVerizonの買収見直しを恐れる

    今日(米国時間12/15)、Yahooの株価6%ダウンした。投資家はアメリカYahooのユーザー情報が再び大規模に流出したという発表によりVerizonによる買収に支障が出ることを恐れたものと思われる。 続きを読む

  • Verizon曰く:Yahooの個人情報流出問題の影響は「重大」

    Verizon曰く:Yahooの個人情報流出問題の影響は「重大」

    どうやら、5億人のYahooアカウント流出事件は、同社のVerizon(TechCrunchの親会社)への売却に影響を与えそうだ。 続きを読む

  • 政府による大量のメールスキャンに協力したYahoo、大手テク企業はこぞって関与を否定

    政府による大量のメールスキャンに協力したYahoo、大手テク企業はこぞって関与を否定

    Yahooは今、厳しい批判にさらされている。アメリカの諜報機関がYahooの数百万のユーザー全員の入信メールをスキャンできるためのソフトウェアを、同社が設計したと、一部の元社員が主張したからだ。その申し立ては、最初Reutersが報じ、そのような監視のための捜査網の合憲性と、Yahooにそのソフトウェアの作成を強いるのに用いた法的手段に関する疑念を喚起した。 続きを読む

  • Yahooがポルノを検出するニューラルネットワークをオープンソース化、ただし訓練はあなたの仕事

    Yahooがポルノを検出するニューラルネットワークをオープンソース化、ただし訓練はあなたの仕事

    インターネットの上のものに、どうやってNSFWを指定するのか? Yahooに聞こう。Yahooはそれをやっている。わいせつなコンテンツで訓練した、同社特製の、ポルノ検出ニューラルネットワークだ。そして今回、そのシステムがオープンソースになったから、誰もが使える。そう、そのとおり、フォークするのも自由だ。 続きを読む

  • Yahooに致命傷を与えた、プラットフォームの交代

    Yahooに致命傷を与えた、プラットフォームの交代

    2000年、Yahooの価値は1250億ドルだった。2008年、Microsoftが提案した440億ドルでのバイアウトを拒否した。そして、本日Verizonに48億3000万ドルで身売りに至った。ここでの学びは、以前のコンピューター・プラットフォームで勝利を収め、次のプラットフォームが到来する時、それに対応できないのなら会社は売り払った方が良いかもしれないということだ。 続きを読む

  • 確定―VerizonがYahooのインターネット事業を48億3000万ドルで買収

    確定―VerizonがYahooのインターネット事業を48億3000万ドルで買収

    何ヶ月にも渡った価格交渉、数回にわたるレイオフの末、アメリカYahooはついに売却先を確定した。 Verizon(AOLの親会社でありAOLはわれわれTechCrunchの親会社)はYahooの本体事業を4.8億3000万ドルのキャッシュで買収することを公式に発表した。買収される事業にはYahooの広告、コンテンツ、検索、モバイル活動の一切が含まれる。 続きを読む

  • Yahoo相変わらず低迷の四半期決算報告、上場企業としてこれが最後か?

    Yahoo相変わらず低迷の四半期決算報告、上場企業としてこれが最後か?

    Yahooの決算報告は、アナリストたちの予想をわずかに下回り、そして同社はTumblrの簿価を再び下げた。株価の、目立つ変化はなかった。 Yahooはここ数年、毎年こんな調子だ。Yahooのコアビジネスはこのところずっと下降気味であり、2012年にMarissa Mayerが指揮を取る前から下降は続いていた。MayerのCEO就任は、新しいリーダーがYahooを正しい方向に導き成長路線に戻すか、と期待された。なんといってもYahooは強力なブランドであり、蓄積されたユーザーの数も多い。 続きを読む

  • Yahoo買収の最有力候補Verizonが第二ラウンドのビッドで$3Bを提示

    Yahoo買収の最有力候補Verizonが第二ラウンドのビッドで$3Bを提示

    VerizonがYahooの主要なインターネット事業の買収に、徐々に近づいているようだ。Wall Street Journalの記事によると、この通信大手はYahooを競る第二ラウンドのビッドで30億ドルを提示するらしい。 プライベート・エクイティ企業のTPGも、ビッドをねらっている。第二ラウンドのオファーは月曜日だが、WSJの情報筋によるとYahooは、今後もさらにラウンドを重ねるという。 続きを読む

  • Google対Yahoo—インターネット戦争でどうしてここまで差がついたのかを振り返る

    Google対Yahoo—インターネット戦争でどうしてここまで差がついたのかを振り返る

    独立企業としてはYahooは最後の日々を迎えつつあるようだ。一方、GoogleはAppleと時価総額世界最大の企業の座を争っている。わずか10年前と少し前には、YahooとGoogleが激しく競争していたとは信じがたい。 当時、現在のような状態を予測できたものは誰もいなかっただろう。両社の状況にやがてこれほど大きな差がつくと、誰にせよ当時予測できたと考えるなら馬鹿げている。そうではあっても、GoogleとYahooの歴史を振り返ることからわれわれは多くを学べると思う。 私は2003年に Googleで働き始めた。GoogleとYahooは当… 続きを読む

  • Yahoo!を骨董品コーナーで80億ドルで買える(Craiglist上のジョーク、もちろん)

    Yahoo!を骨董品コーナーで80億ドルで買える(Craiglist上のジョーク、もちろん)

    オンライン三行広告の老舗大手Craigslistに、こんな売り物が出た。これまでで最大のお買い得だ。“骨董品”(アンティーク)のカテゴリーには、買わずに立ち去ることのできない品目が載る。わずか80億ドルで買えるYahoo!も、まさにその一つだ。 説明には、“状態: 良〜可。やや摩耗あり。技能のある人なら修復可能。元のオーナーにはもはやメンテナンス不能”、とある。 続きを読む

  • 株価の不振続くYahoo、2015年度決算発表でコア・ビジネス売却の可能性を示唆

    株価の不振続くYahoo、2015年度決算発表でコア・ビジネス売却の可能性を示唆

    これはほぼ予期されていたことなので、大きな驚きではない。 コア・ビジネスであるインターネット部門が不振を続ける中、アメリカYahooは「戦略的な選択肢を検討中」だと述べた。これが示唆するところはかなり幅広いが、その中には以前も報じたように、コア・ビジネスそのものを他社に売却する可能性が含まれる。 続きを読む

  • Web 2.0の寵児 “Delicious”、オーナー交代で直近のサイト変更を復旧へ

    Web 2.0の寵児 “Delicious”、オーナー交代で直近のサイト変更を復旧へ

    むかしむかし(たぶん2004年頃)、Delicious というソーシャルブックマークサービスは、ウェブで最もホットな存在だった。当時のあらゆるバズワードにあてはまっていたが(コラボラティブ・タギング、フォークソノミー、AJAX)、他の多くのサービスと同じく、Yahooが2005年にこの会社を買収した後、放置した。それ以来オーナーが2度代った ― まず、YouTubeのファウンダーらが所有する会社、AVOSへ、2014年にはScience Incへと移った。 続きを読む

  • Yahoo取締役会、Alibaba株を売却しないと決定―会社は2社に分割

    Yahoo取締役会、Alibaba株を売却しないと決定―会社は2社に分割

    アメリカのYahooは今日(米国時間12/9)、中国のeコマースの巨人Alibaba株を売却する計画を撤回したというテレビ報道が事実であると確認した。このニュースを受けて、市場が開く前の時間外取引だが、Yahoo株は上昇中だ。 今月初め、Yahoo取締役会がAlibaba株の売却という選択肢を検討中だという報道が行われた。この噂で Yahoo株は一時、7%アップした。 続きを読む