TechCrunch Tokyo 2011 Startup Battle

トップ
チケット
デモブース
スピーカー
アジェンダ



TechCrunch Tokyo 2011ではプロダクトやサービスのデモとプレゼンテーションを通じて、すぐれたスタートアップ企業を決定するスタートアップバトルを開催します。世の中を変えるプロダクトやサービスをお持ちのスタートアップ企業からのご応募をお待ちしています!(多数の応募ありがとうございました。締めきっております)。

応募対象

以下のすべての条件を満たすスタートアップ企業を対象としています。

  • 2011年4月から2011年12月までにローンチさせた、またはそれまでにデモが可能なプロダクト(サービス)を持つスタートアップ企業および起業を予定しているチーム(未公開プロダクトを歓迎します)
  • 創業3年未満(2009年1月以降の創業)で上場企業の子会社でないこと
  • このイベント以前に開催された他のイベントで受賞をしていないプロダクトを対象とします問い合わせ多数のためこの条件を外します|2011年10月27日更新

応募受付期間

2011年10月7日(金)〜 2011年10月27日(木)

審査について

  • 審査基準: 企業(チーム)とプロダクトを対象にし、そのプロダクトの市場性やビジネスの成長性、またビジョンを実現していけるチームであるかを基準とします。
  • 一次審査: 一次審査は書類審査としますが、一部評価に必要な情報が足りない場合はインタビューやデモを見せていただく場合があります。選考を通った応募企業には運営事務局から11月第一週までに審査結果を通知します。
  • 一次審査員:一次審査は下記の審査員が審査をいたします。
    • 井口尊仁氏(頓智ドット株式会社 CEO)
    • 片桐孝憲氏(ピクシブ株式会社 代表取締役)
    • 小林清剛氏(株式会社ノボット 代表取締役社長)
    • 松山太河氏(クロノスファンド パートナー / East Ventures Managing Partner)
    • 宮澤弦氏(株式会社シリウステクノロジーズ 代表取締役)
    • 山田進太郎氏(ジンガジャパン株式会社 ジェネラル・マネージャー )
    • 西田隆一(TechCrunch Japan編集長)
  • 最終審査:TechCrunch Tokyo 2011の会場でのスタートアップバトルが最終審査です。デモを交えたプレゼンテーションをTechCrunch Japanが選んだ審査員によって最優秀企業(チーム)および優秀企業を選出します。

受賞について

受賞企業には賞金および協賛者による賞品が提供されます。優勝者には100万円を提供します。

ご注意

  • 本事業の目的を損なうような行為、もしくは虚偽の記載等不正行為があった場合には、応募を無効とします。
  • 応募申請書および審査時に応募者から得た情報は、本事業の目的外に使用しません。ただし、審査員・協賛者・協力者にこれらの情報が提供されることをご了承ください
  • 特に守秘を要する情報がある場合には、その旨をお知らせください。

個人情報について

下記にある応募フォームに含まれる個人情報はAOLのPrivacy Policyの下に適切に取り扱われます。なお、今回いただいた個人情報はTechCrunch Tokyo 2011に関連した事項のみに利用されますが、ご了承いただいた場合にのみ、下記のフォームに記載いただいた内容は協賛・協力企業に提供され、企業各社より、電子メールや電話などで連絡させていただく場合がございます。


協賛社ご紹介


お問い合わせ

<TechCrunch Tokyo 2011運営事務局>
問い合わせ先:hello[at]tctokyo.com