WealthNavi

WealthNavi(ウェルスナビ)は、ロボアドバイザーにより国際分散投資を自動で行う、個人向け資産運用サービス「WealthNavi」を提供する、日本のFinTechスタートアップ。創業者の柴山和久氏は日本および英国で財務省に勤務、その後マッキンゼーでの資産運用を経て、同社を2015年4月に設立した。

資産運用サービスのWealthNaviは2016年7月に一般公開された。2016年9月にはSBIグループと業務提携し、SBI証券、住信SBIネット銀行の顧客向けにもサービスを提供開始。2017年にはANAやソニー銀行の顧客向けにもサービスを始めている。提携施策が功を奏したこともあってか、2017年11月末時点での預かり資産は400億円を突破。国内のロボアドバイザーサービスでは預かり資産額トップとなっている。