仮想通貨/暗号通貨

仮想通貨とは、法定通貨に対して特定の国家による価値の保証を持たない通貨のことを指す。

通常、通貨は国家などよって発行され価値を保証されているものの、国家の経済政策による価値の変動リスクは常に伴っている。仮想通貨は、利用者による仮想通貨自身への信用によってのみ価値が保証されている。そのため、価値の変動を主導するのは利用者である。

日本で2016年に成立した新資金決済法によれば、「仮想通貨」は「物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの」、または「不特定の者を相手方として相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの」と定義されている。

仮想通貨/暗号通貨 関連記事