ドローン

ドローンとは、人間が搭乗せずに飛行する無人航空機(UAV:Unmanned aerial vehicle)のこと。遠隔操作での操縦、または搭載されたコンピュータによる自動操縦により飛行する。特に2010年代以降、回転翼が3つ以上配置されたマルチコプターの小型化・低価格化が進み、広く普及。カメラを安定して搭載して撮影ができるようになったことで、趣味の空撮も含め、幅広く活用されるようになっている。

業務用途では、GPSを利用して自動飛行できるドローンを農業の薬剤散布や作物生育状況の確認などに活用する例や、測地測量、警備、災害調査での利用、また試験的に物品の配送・輸送にも用いられている例がある。

小型で安価なマルチコプターの普及に伴い、空撮中の墜落や空港など保安上問題のある場所への侵入など、各国で問題も発生するようになっている。日本では、2015年12月に施行した改正航空法、2016年4月施行の小型無人機等飛行禁止法(ドローン規制法)により、対象となる無人航空機の定義や飛行ルール、飛行が禁止される場所などが定められた。

ドローンの名称が一般化する中で、無人で航行する船を「ドローン船」と称したり、遠隔操作が可能な潜水機器のことを「水中ドローン」と呼ぶケースもある。

ドローン 関連記事