ICO

ICO(Initial Coin Offering、新規仮想通貨公開)とは、ブロックチェーンなど仮想通貨技術を応用したトークンを独自に発行して、企業が資金調達を行う方法のこと。

株式を発行してそれを購入してもらうことで資金を調達する、IPO(新規株式公開)と似た仕組みだが、ICOでは仮想通貨を使うため、投資家にとっては国境を越えて手軽に参加でき、機関投資家だけでなく個人でも参加が容易だというメリットがある。また企業にとっても、証券取引所への上場のための費用や期間を費やすことなく資金調達を行うことができるため、注目されている。

ただし人気が過熱する中で、ICOの効率性を悪用するような詐欺的な案件が増えたこともあり、各国の規制当局がリスクの高さを鑑みて「有価証券とみなして規制対象とする」との動きも出ている。2017年9月には、中国で国内のICOを一律で停止する措置が取られた

日本では仮想通貨法(改正資金決済法)を根拠として、2017年8月にテックビューロがICOプラットフォーム「COMSA」を発表した。

ICO 関連記事