IoT

IoT(Internet of Things、モノのインターネット)は、あらゆる「モノ」がインターネットに接続して、モノ同士が相互に通信し、制御し合う仕組みやコンセプトのことを指す。読み方は「アイオーティー」。

1999年にケビン・アシュトン(Kevin Ashton)氏によって提唱されたIoTは、以前は「制御ネットワーク」として知られていた。IoTソリューションを提供する米Xenio Systems CEOのReza Raji氏は、そのコンセプトについて「(IoTデバイスが発信する)小さなデータパケットを多数のノード(接続ポイント)に動かすことで、家電から工場全体まで全てを統合し自動化するもの」と表現している。

現在では、IoTはM2M(マシン・ツー・マシン)通信を超えた高度な接続デバイスやシステム、サービスを意味し、さまざまなプロトコルやドメイン、アプリケーションをカバーしている。IoTデバイスには、RFIDタグを組み込んだ商品や機器のほか、スマートフォンやスマートウォッチをはじめとするウェアラブル機器、スマートリモコンやスピーカー、家電などスマートホームを実現する機器、電力などのスマートメーター、自動車、自転車やスノーボード、中には“けん玉”などもあり、まさに「あらゆる」ジャンルで幅広い活用が進んでいる。

IoT 関連記事