VR/AR/MR

VR(Virtual Reality、仮想現実)とは、視覚や聴覚、動きの感覚などを人工的に再現することで、作られた環境の中に実際にいるように感じられるようにする技術のこと。コンピュータ上で生成された環境を、360度スクリーンやヘッドマウントディスプレイ、スピーカーやイヤホン、センサーなどを使って体験することで実現する。コンシューマー向けのVR機器には、HTC ViveOculus RiftPlayStation VRGear VRなどがある。VR市場は年々拡大しており、2020年のワールドワイドでの市場規模は、404億ドルになると予測されている

AR(Augmented Reality、拡張現実)は、現実の環境の上に付加した情報をレイヤー状に重ねて提供する技術だ。情報は、スマートフォンのカメラやヘッドマウントディスプレイなどを使って表示する。「ポケモンGO」はスマホでの身近なAR体験アプリ。実際の街を歩きながらスマホに表示されるポケモンを捕獲・育成し、実在のスポットに配置されたポケストップやジムで補給や対戦を行う。

MR(Mixed Reality、複合現実)は、VRで体験できることがARでも実現できるようになり、VRとARが統合された状態。MRでは、現実の環境の情報と仮想空間の情報はリアルタイムに反映され、相互に影響し合う。MRコンテンツの例に、2017年夏に日本で展開された「MRお化け屋敷」がある。

VR/AR/MR 関連記事