• 女性とノンバイナリーの創業を支援するFFAが同じ目的と起源を持つMonarqを吸収し活動を強化

    女性とノンバイナリーの創業を支援するFFAが同じ目的と起源を持つMonarqを吸収し活動を強化

    女性とノンバイナリーである起業家のためのアクセラレーター、Ready Set Raiseを運営するシアトルのFemale Founders Alliance(女性創業者同盟、FFA)が、同じ目標と起源を持つニューヨークのインキュベーター、Monarqを買収。後者が前者に統合されるが、必要に迫られての合併ではなく、幸せなコラボレーションのようだ。 続きを読む

  • 超音速旅客機開発のBoom SupersonicがFlight Researchと提携、XB-1実現に前進

    超音速旅客機開発のBoom SupersonicがFlight Researchと提携、XB-1実現に前進

    超音速旅客機の開発計画はいくつもあるがもっとも影響が大きいのはJALとバージン航空が出資するスタートアップ、Boomだろう。同社についてはTechCrunchでも詳しく紹介してきた。 続きを読む

  • Netflixの2019年Q4における有料会員数は予想を上回る880万人増

    Netflixの2019年Q4における有料会員数は予想を上回る880万人増

    直近の決算報告によると、Netflixは2019年第4四半期に有料会員を880万人増やし、760万人増という予想を上回る好成績となった。 続きを読む

  • DNAに倣った遺伝学的手法でマルウェアのコードを特定・追跡するIntezer

    DNAに倣った遺伝学的手法でマルウェアのコードを特定・追跡するIntezer

    イスラエルのサイバーセキュリティー・スタートアップであるIntezerは、サイバー攻撃を特定し無力化する独自の遺伝学的マルウェア分析という技術で15億円のシリーズB投資を獲得した。 続きを読む

  • クラウド上でAndroidアプリを動かすCanonicalのAnbox Cloud

    クラウド上でAndroidアプリを動かすCanonicalのAnbox Cloud

    人気ディストリビューションUbuntuのCanonicalが、その上でAndroidを動かすことができるクラウドサービスAnbox Cloudの立ち上げを発表。独自のエンタープライズアプリケーションやゲームサイトなど、さまざまなユースケースが期待されている。 続きを読む

  • ファーウェイは失ったGoogleマップの代わりを求めTomTomを頼る

    ファーウェイは失ったGoogleマップの代わりを求めTomTomを頼る

    HuaweiはGoogleに対抗しうるソフトウェアスイートを再構築するために、かなりのビッグネームに頼った。オランダの地図ソフトウェアの大手TomTomが、そのナビゲーションとマッピングと交通の情報へのアクセスを提供することに合意した。 続きを読む

  • Apple Cardの取引明細がダウンロード可能に

    Apple Cardの取引明細がダウンロード可能に

    多くの人が困っていた問題が解決した。Appleは、Apple Cardユーザーが月間取引明細のダウンロードが可能になると発表。データを個人会計アプリやスプレッドシートアプリで利用できるようになる。 続きを読む

  • 激化する小売業向けロボティクス競争の中、Berkshire Greyが289億円調達

    激化する小売業向けロボティクス競争の中、Berkshire Greyが289億円調達

    ここ数年、ロボティクス業界で最も大きく、最も資金を調達している分野が小売業で、その中でも倉庫の管理、輸送などのインターネット接続を利用した特定市場だ。Berkshire Greyは、これまでほとんど表に出ていなかったが、2020年に入り相当な金額の資金調達をしたというニュースで一躍その名を轟かせた。 続きを読む

  • 英語の会話をリアルタイムでテキスト化する「Otter」、日本展開に向けドコモと協業

    英語の会話をリアルタイムでテキスト化する「Otter」、日本展開に向けドコモと協業

    NTTドコモは1月22日、英語音声を自動でテキスト化する音声認識AIサービス「Otter」を提供するAISense(Otter.ai)と、日本展開に向け協業を開始したと発表。ドコモは2019年12月12日、100%子会社であるドコモ・ベンチャーズを通じて、Otter.aiに出資した。 続きを読む

  • IoTの衛星ネットワーク接続を低価格で提供するSkyloが約113億円調達

    IoTの衛星ネットワーク接続を低価格で提供するSkyloが約113億円調達

    来るべき宇宙経済における最大のチャンスのひとつは、成長し続ける通信衛星群が可能にした新たな接続性を地球上のモノや企業に役立てることだ。米国時間1月21日、約113億円のシリーズBラウンドを発表しステルス状態を脱したスタートアップのSkyloは、そのチャンスを手頃な価格で可能にしようとする一社だ。 続きを読む