• 非白人女性がシリコンバレーでベンチャー投資を獲得した秘訣

    非白人女性がシリコンバレーでベンチャー投資を獲得した秘訣

    世界のデジタル化が進むと、生身の付き合いがより渇望されるようになる。Squad(スクワッド)は、Z世代やミレニアル世代のための密接な人間関係をキュレートすることにより、招待者専用のコミュニティーとアプリで、オフラインでのつながりを満たそうとしている。 続きを読む

  • 既存の銀行や保険会社にスタートアップに比肩する開発スピードを与えるFintechOSとは?

    既存の銀行や保険会社にスタートアップに比肩する開発スピードを与えるFintechOSとは?

    ここ数年、N26やMonzoといったフィンテックのスタートアップが勃興してきて、チャレンジャーバンクなどのプロダクトで文字どおり既存勢力にチャレンジしている。でも、大きな銀行がこのゲームに参戦したくなったらどうなるだろうか? 続きを読む

  • 不愉快な企業文化とのレポートを受けAwayのCEOが辞任

    不愉快な企業文化とのレポートを受けAwayのCEOが辞任

    way のCEOであるSteph Korey(ステフ・コリー)氏は、The Vergeが報じた「不愉快な企業文化」とのレポートを受けて、この手荷物のスタートアップのCEOを辞任することになった。 続きを読む

  • Google Pixelに着信の自動判別機能が加わる、後から背景をボカす撮影機能も

    Google Pixelに着信の自動判別機能が加わる、後から背景をボカす撮影機能も

    Googleが同社のスマートフォン、Pixelシリーズ用の新機能を発表。着信の自動判別や写真などを強化。自動文字起こしアプリ、Recorderなどが古いPixelでも利用可能に。今後、「feature drop」として毎月定期的に機能拡張を配信を行っていく。 続きを読む

  • 京急アクセラレータープログラムの第3期募集を開始、デモデイは2020年9月上旬

    京急アクセラレータープログラムの第3期募集を開始、デモデイは2020年9月上旬

    京浜急行電鉄とサムライインキュベートは12月10日、新規事業創出を目指した「KEIKYU ACCELERATOR PROGRAM」(京急アクセラレータープログラム)の第3期の募集開始を発表した。取り組みの成果を発表するデモデイは2020年9月上旬を予定している。 続きを読む

  • スキマ時間シェアのタイミーが西鉄グループと提携、沿線の人手不足解消にIoTバス停を活用

    スキマ時間シェアのタイミーが西鉄グループと提携、沿線の人手不足解消にIoTバス停を活用

    空き時間に面接なしですぐにアルバイトとして働けるサービスであるTimeeを展開するタイミーは12月10日、福岡を拠点とする西鉄グループとの提携を発表した。YE DIGITALが展開するIoT技術を搭載した高機能なバス停「スマートバス停」を活用して、西鉄バス沿線の人手不足解消を目指した取り組みを開始する。 続きを読む

  • 電子契約「クラウドサイン」がセールスオートメーション領域でサービス開始

    電子契約「クラウドサイン」がセールスオートメーション領域でサービス開始

    弁護士ドットコムの電子契約サービス「クラウドサイン」が、今度はセールスオートメーションの領域に乗り出した。12月10日、同社が提供開始したのは「クラウドサイン Sales Automation」。契約の電子化だけでなく、前後の営業プロセスについても電子化・自動化を取り入れ、企業の営業活動を支援しようというサービスだ。 続きを読む

  • マイクロソフトは2020年5月6日にWunderlistを閉鎖

    マイクロソフトは2020年5月6日にWunderlistを閉鎖

    これまでずっとMicrosoft(マイクロソフト)は、2015年に買収したTo DoアプリであるWnderlist(ワンダーリスト)について、自社開発のTo Doアプリで遜色のない体験を提供できるようになったときに、Wundelistを閉鎖し置き換えることを宣言してきた。 続きを読む

  • 超精細な画像を高頻度で撮れるNear Space Labsの成層圏気象観測気球

    超精細な画像を高頻度で撮れるNear Space Labsの成層圏気象観測気球

    航空宇宙工学におけるこの盲点を利用したい、と考えた。盲点とは成層圏、航空機が飛ぶ高度の倍ぐらいの高さのことだ。誰もまだ手を付けていないという創業者有利の見地から言えば、そこではとても広大な領域を一望にでき、しかも得られる画像の解像度は航空機やドローン並にきわめて精細だ。 続きを読む

  • 中国が政府機関での外国製PCやOSの使用を禁止

    中国が政府機関での外国製PCやOSの使用を禁止

    伝えられたところによれば、中国は外国製のPCハードウェアやOSを3年以内に国産のものに切り替えるよう命じた。これは現在展開されているテック戦争をさらに激化させることになる。 続きを読む