ガジェット

 

  • Mozillaがギフト用のスマート製品のプライバシーとセキュリティを評価して格付け

    Mozillaがギフト用のスマート製品のプライバシーとセキュリティを評価して格付け

    そろそろ今年のホリデーシーズン、家族その他愛する人にクールなスマートデバイスの新製品をプレゼントしたいと思ってる人なら、新製品だからなおさら、その品物の良し悪しが気になるだろう。カメラや歩行計の性能ばかりでなく、製品が生成する顧客データを集めているであろう物については、セキュリティとプライバシーも気になる。そこで、Firefoxブラウザーを作っているMozillaが、70種の最新製品のランキングを発表した。そこには、Amazon Echoもあればお利口なテディベアもある。 続きを読む

  • Luna DispayはiPadをMac Miniのメインディスプレイにできる――WiFiアダプターに便利な機能があった

    Luna DispayはiPadをMac Miniのメインディスプレイにできる――WiFiアダプターに便利な機能があった

    AstropadのLuna DisplayはMacbook用のWiFiディスプレイ・アダプターだが、使いみちはノートだけではなかった。この小さなガジェットをMac Miniのポートに挿すとiPadをメインディスプレイにできる。Luna DisplayはMacbookの画面を拡張するのが主たる目的だ。デスクトップの大きな画面に慣れているユーザーは出先でMacbookを使うと、13インチだろうと15インチだろうと、狭さを感じてしまう。 続きを読む

  • SONYがPS用タッチスクリーン付きコントローラーの特許を出願

    SONYがPS用タッチスクリーン付きコントローラーの特許を出願

    2017年に出願され最近公開された継続特許によると、Sonyはタッチスクリーン付きのプレイステーションコントローラーを作る試案をもっているかもしれない。 続きを読む

  • 写真マニアに贈るパーフェクトなクリスマスプレゼントはこれだ

    写真マニアに贈るパーフェクトなクリスマスプレゼントはこれだ

    写真マニアというのはプレゼントを選ぶのに厄介な相手だ。それぞれ独自の好みがあるし、長年いろいろなガジェットを買い集めている。それでも気づいていない部分はあるものだ。われわれ写真マニアはレンズとなると夢中で何百種類も試したりするのにスマートなカメラバッグを持っていなかったりする。写真のバックアップ・システムが貧弱だったり、ある種の撮影を10倍も楽にするちょっとしたツールを知らないということもあるだろう。そういうヒントになればといくつかガジェットを集めてみた。バックアップSSDはGnarboxかWestern Digital 続きを読む

  • ジャケ・ドローの「Sports Watch」は、ハイエンド・へビューデューティーなクロノグラフ

    ジャケ・ドローの「Sports Watch」は、ハイエンド・へビューデューティーなクロノグラフ

    ウォッチメーカーのJaquet Drozは、サンフランシスコのアパートよりも高価な高級腕時計を作っている。しかし、このたび同社はクロノグラフのSports Watchを「大衆化」化する決断を下した。その時計は仕事と遊び両方に向けて作られている。 続きを読む

  • Xiaomiから30ドルのワイヤレンス・イヤフォン――けっこういいんじゃないか?

    Xiaomiから30ドルのワイヤレンス・イヤフォン――けっこういいんじゃないか?

    このイヤフォン、いいんじゃないか? そう考える理由がいくつかある。中国のXiaomi(小米)の消費者向け製品はスマートフォン以外でも概して信頼性が高いし、徹底的な低価格化はフィットネス・モニターのような分野を大きく変革してきた。 続きを読む

  • Apple Watchはこうやって世界を変えた

    Apple Watchはこうやって世界を変えた

    2015年、スイスは終わった。AppleのJony Iveが漏らしたこの無遠慮な信念は、時計業界の終焉として繰り返しメディアに報じられ、スイスウォッチは死に、引き金を引いたのはAppleだ、という悲しい真実が明らかになったかと思われた。 3年後、Apple Watch 4世代後の今、Iveは正しかったのか? Appleは世界を変えたのか? そして何よりも大切なのは、スイスは生き延びたのか、だ。 たしかに。しかし… お気づきの通り、スイスウォッチ産業は今も存続している。主要なスイスメーカー——LVMH、Richemont、お… 続きを読む

  • このガジェットはApple電源アダプターにUSB 3.0ポートを2つ追加する

    このガジェットはApple電源アダプターにUSB 3.0ポートを2つ追加する

    これは賢い。HyperDriveが作ったこのUSB-C Hubは、AppleのUSB-C電源アダプターに差し込むとUSB 3.0ポートが2つ増える。それだけだ。私はすごく気に入っていて、Appleの現在のノートパソコンラインアップの大きな弱点をカバーしている。 続きを読む

  • iPad Proからヘッドホンジャックが消えた

    iPad Proからヘッドホンジャックが消えた

    iPad Proの最新モデルにはヘッドホンジャックがない。消えてしまった。もう遅い。しかも、iPhoneに付いてくるヘッドホンも使えない。AppleはLightningを捨てUSB-Cを採用した。その代わりにAppleはUSB-C ->3.5mmの変換アダプターを9ドルで売っている。 続きを読む

  • iPad、ようやくUSB-Cを採用

    iPad、ようやくUSB-Cを採用

    Lightningケーブルは長い間利用されてきた。しかし今の時代、ケーブルのスタンダードはUSB-Cに移りつつある。Appleも、新しいiPadからは、ついにLightningポートを捨て去る決意をしたようだ。この決定により、iPadは一層の拡張性を手に入れることとなった。 続きを読む

  • スズメバチやクモをモデルにした強力ドローン開発――自重の40倍の対象を動かせる

    スズメバチやクモをモデルにした強力ドローン開発――自重の40倍の対象を動かせる

    ドローンに面倒な仕事をやらせようと思うなら重い荷物を動かせる能力が必要だ。 残念ながら物理の法則はいかんともしがたく、ドローンが地上を離れるためには非常に大きな力を必要とする。スズメバチやクモからヒントを得て、Stanford大学とスイス連邦工科大学(EPFL)の研究者は協力して自重の40倍の重量を動かせるドローンを開発した。 続きを読む

  • Mirrorは鏡を使ったフィットネス・システム――自宅で高度なトレーニングができる

    Mirrorは鏡を使ったフィットネス・システム――自宅で高度なトレーニングができる

    9月にサンフランシスコで開催されたTechCrunch Disrupt SFでCEOのBrynn PutnamがデモしたMirrorrは自宅でブティック・ジムなみのカスタマイズされたフィットネス・プログラムを実行できるスマートガジェットだ。 続きを読む

  • モトローラ、ガジェット分解のiFixitと組んで「公式DIY修理キット」を発売

    モトローラ、ガジェット分解のiFixitと組んで「公式DIY修理キット」を発売

    携帯電話の修理は必要以上に難しい。この10年端末メーカーは機体の薄さと契約期間だけもてばいいデバイスの開発に注力し、修理のしやすさはおよそ気にかけてこなかった。修理が必要だって? eBayで見つかりますように! 続きを読む

  • 「スペースペン」、50周年を迎える

    「スペースペン」、50周年を迎える

    スペースペンのことは誰もが知っているだろう。NASAが無重力で使える究極のペンを作るために数百万ドルの開発費をかけた結果、この驚くべき道具が出来上がった。いや、違う。事実はといえば、1966年にあるボールペンメーカーが作った——しかしそれが軌道に乗ってスペースペンの運命を全うしたのは1968年10月のことだった。 続きを読む

  • 新iPad Pro登場か?Appleが10月30日にまた大型イベントを開催

    新iPad Pro登場か?Appleが10月30日にまた大型イベントを開催

    そろそろ今年のハードウェア発表のシーズンも終わりだが、Appleが10月30日にブルックリンで大型のイベントを開催する。新しいiPhoneが発表されたイベントから1月半後になるわけだが、前回のイベントにスケジュールが合わなかったデバイスがお披露目されることになりそうだ。可能性が高いのは新しいiPadだろう。Mac製品のテクノロジーが紹介される可能性もある。 続きを読む

  • オープンオフィスの流行はパナソニックに人間のための遮眼帯を開発させた

    オープンオフィスの流行はパナソニックに人間のための遮眼帯を開発させた

    私たちが、未来を予測する小説が警告してきたディストピアの悪夢の中に住んでいることを、素直に認めるのはいつだろうか。おそらくテリー・ギリアムの映画からそのまま抜け出してきたようにみえる、この馬の遮眼帯を見た時に違いない。 続きを読む

  • IoTを駆使した狩猟罠センサーの新モデル、獣害対策とジビエ利用拡大を支援

    IoTを駆使した狩猟罠センサーの新モデル、獣害対策とジビエ利用拡大を支援

    狩られる側からすると決してスマートではないのだが、狩猟罠に装着できるIoT機器の新モデルが登場した。2017年9月創業のhuntechが開発した「スマートトラップ2」だ。3G通信モジュールの刷新などでバッテリー駆動時間が伸び、最長2カ月の連続利用が可能になったのが特徴。税別の販売価格は1台あたり3万3800円で、システム利用料は月額980円。同社のウェブサイトで注文できる。 続きを読む

  • ようやく登場したMagic Leapは荒削りな驚異――初のデベロッパー・カンファレンスでARゲーム公開

    ようやく登場したMagic Leapは荒削りな驚異――初のデベロッパー・カンファレンスでARゲーム公開

    何年も噂と推測、ときにはライバルからの批判の的となってきた拡張現実システムの開発企業、Magic Leapのヘッドセットがついにデベロッパー、消費者向けに出荷される。最初プロダクトは荒削りだがある種の驚異だということが判明した。Magic Leapは先月、予約の受付を開始することを正式発表していたが、いよいよ、長年謎に包まれていた魔法のタネ明かしがなされた 続きを読む

  • GoogleのChromecastはニューバージョンで高速Wi-Fiをサポート

    GoogleのChromecastはニューバージョンで高速Wi-Fiをサポート

    GoogleのChromecastデバイスの次世代機が今日(米国時間10/9)ローンチしたが、もはや意外感はない。すでに先月、Best Buyで買った人がいたのだから。この新しいストリーミングドングルは、前のバージョンからの大きなアップデートはなくて、形も前と同じくケーブルの生えた円形、お値段35ドルだが、予想どおり高速なWi-Fi、5GHzの802.11acをサポートする。また、スピーカーのグループへのストリーミングが、新たにサポートされた。 続きを読む

  • Google Pixel 3、Pixel 3 XLハンズオン・レビュー

    Google Pixel 3、Pixel 3 XLハンズオン・レビュー

    「もう知ってるって? 明日、自分の目で確かめよう!」とGoogleはツイートしていた。けっきょく、われわれの推測は正しかった。今日(米国時間10/9)のハードウェア・イベントでGoogleが発表するアイテムについてはPixel 3その他、ほぼすべて知っていた。 実際情報は広く流れていたので発表そのものはほぼ予想どおりだった。昨年のこのイベントでPixel 2が発表されたときの驚きとは違って、Pixel 3の印象は着実なアップデートというものだ。 続きを読む