クラウドソーシング

 

  • Webサイトやモバイルアプリのテストを全世界2万名のクラウドソースで行うTest IOが$5Mを調達、合衆国進出を目指す

    Webサイトやモバイルアプリのテストを全世界2万名のクラウドソースで行うTest IOが$5Mを調達、合衆国進出を目指す

    モバイルアプリやWebアプリケーションのデベロッパに、セルフサービス型の‘クラウドテスト’プラットホームを提供しているベルリンのTest IO(元Testcloud)が、サンフランシスコのVC Turn/Riverが率いるシリーズAのラウンドで500万ドルを調達した。 この新たな資金は合衆国への進出(まずサンフランシスコから)など、会社の成長のために使われる予定で、またTest IOという新しい名前の周知のためにも使いたい、という。 同社は今、世界の78か国に計2万名あまりの、クラウドソースなソフトウェアテスターを抱えて… 続きを読む

  • 自分のスマホで簡単な手作業バイトができるSpare5、シリーズAで$10Mを調達

    自分のスマホで簡単な手作業バイトができるSpare5、シリーズAで$10Mを調達

    Spare5を利用して企業は、写真にタグ付けをするとか、コンテンツを分類整理するなどの細かい雑務を、停留所でバスを待っているスマートフォンユーザ(==ひまな人)にやってもらい、その‘賃金’を払う。それはまるでAmazon Mechanical Turkのモバイルバージョンみたいだが、同社はこのたびシリーズAで1000万ドルを獲得した。このラウンドをリードしたのは、Foundry GroupとMadrona Venture GroupとNew Enterprise Associates(NEA)の3社だ。 続きを読む

  • オンライン学習サービスのスクーがクラウドワークスと提携、「人材x教育」で地方創生に臨む

    オンライン学習サービスのスクーがクラウドワークスと提携、「人材x教育」で地方創生に臨む

    人は誰しもキャリアアップしたいと願うものだろう。キャリアアップを実現するために学び、スキルを身に付け、自分の価値を高めていく。企業に勤めていればトレーニングも提供されるものだが、クラウドワーカーにとっては先行投資でありそのハードルは低くない。だがそれが無料で受講できるとしたらどうだろうか。 インターネットの動画配信を利用したオンライン学習サービス「schoo(スクー)」を運営するスクーは6月12日、クラウドワークスとの提携を発表した。 続きを読む

  • ランサーズとアイレップが提携、クラウドソーシングを使ったコンテンツマーケ支援事業

    ランサーズとアイレップが提携、クラウドソーシングを使ったコンテンツマーケ支援事業

    クラウドソーシングサービスを展開するランサーズとマーケティングエージェンシーのアイレップは6月8日、コンテンツマーケティング領域での業務提携を発表した。2社は共同でコンテンツマーケティング支援サービス「ONE CUSHION(ワンクッション)」を提供する。 続きを読む

  • 生活密着型クラウドソーシングのエニタイムズが高野真氏、グリー、DeNAなどから2.3億円の資金調達

    生活密着型クラウドソーシングのエニタイムズが高野真氏、グリー、DeNAなどから2.3億円の資金調達

    生活密着型のクラウドソーシングサービス「Any+Times(エニタイムズ)」を運営するエニタイムズ は5月21日、元ピムコジャパンリミテッド取締役社長でアトミックスメテディア代表取締役CEOおよびフォーブス ジャパン編集長の高野真氏、グリー、ディー・エヌ・エー、その他個人投資家を引受先とする、総額2億3000万円の第三者割当増資を実施したことを明らかにした。今回調達した資金をもとに、システムの強化を進めるほか、マーケティングや人材の採用・育成を進める。 続きを読む

  • 動画制作クラウドのViibarがヤフーと資本業務提携、既存株主含め7億円の資金調達

    動画制作クラウドのViibarがヤフーと資本業務提携、既存株主含め7億円の資金調達

    「動画元年」なんて言われていたのは去年か一昨年のことだっただろうか。ともかく動画に関するビジネスが急速に拡大しているのは事実だ。十代のカップルが自らの動画をアップする「MixChannel」は女子中高生の2人に1人が利用しているそうだし、動画広告のプラットフォームも複数スタートしている。UUUMのようなYouTuberのマネジメント会社も登場してきたし、動画制作向けのクラウドソーシングサービスもある。 そんな動画制作特化型クラウドソーシングサービスの1つ、「Viibar」を運営するのがViibarだ。同社は5月18日、ヤフーと資本業務提… 続きを読む

  • 「赤字上場でもしっかりした成績が残せた」2Q決算でクラウドワークス吉田社長

    「赤字上場でもしっかりした成績が残せた」2Q決算でクラウドワークス吉田社長

    20年後にクラウドソーシングで年間総契約額3兆円の仕事を提供する——クラウドワークス代表取締役社長の吉田浩一郎氏は、5月15日に開催された決算説明会兼事業戦略発表会でこのように語った。 すでに昨日発表済みではあるが、クラウドワークスの2015年9月期第2四半期(第1〜2四半期累計)の営業収益で3億6500万円(前年同期比で307.8%増)、営業利益は2億8300万円の赤字(前年同期は1億700万円の赤字)、経常利益は2億8700万円の赤字(同1億700万円の赤字)、純利益は2億9500億円の赤字(同1億800万円… 続きを読む

  • OpenSignalのWiFiホットスポットマッパーは有料/無料を識別できるお利口さん

    OpenSignalのWiFiホットスポットマッパーは有料/無料を識別できるお利口さん

    【抄訳】 モバイルの信号を地図に落とすマッパーサービスOpenSignalが、良い接続を求めるユーザを助けるためにWiFiホットスポットをマップするアプリをローンチした。同社は2013年に、クラウドソーシングした携帯電話ネットワークのデータから天気予報情報を拾い上げて地図に落とすアプリをローンチしたが、今回は同社のクラウドソーシング努力の第二弾である。 続きを読む

  • GoogleがGoogle Mapsのいたずら/悪ふざけ対策に着手…やはり人海作戦か

    GoogleがGoogle Mapsのいたずら/悪ふざけ対策に着手…やはり人海作戦か

    Googleによると同社は今Google Mapsのスパム検出システムの改良に取り組んでいる。昨日(米国時間4/24)またあった悪質ないたずらは、ユーザがGoogle Mapsにどんな画像でもアップロードできる機能を悪用し、人気漫画Calvin and Hobbesの不運な偽造ステッカーのスタイルを真似て、Androidのマスコット人形がAppleのロゴにおしっこをかけている様子を描いている。Map Makerアプリケーションのユーザプロフィールページによると、昨日ユーザ”nitricboy“が、その画像をアップロードし… 続きを読む

  • 日本参入の99designsの差別化は「ブリーフィングツール」、来日中のCEOに聞いた

    日本参入の99designsの差別化は「ブリーフィングツール」、来日中のCEOに聞いた

    東京・台場で開催中の「Slush Asia」の場で、初来日という99designsのCEO、Patrick Llewellyn氏に話を聞くことができた。99designsは2008年創業の世界最大規模のグラフィックデザイン特化型のクラウドソーシングのプラットフォームで、コンペ型のクラウドソーシングの先駆者だ。発注者は99designsにデザインを発注し、応募が集まった中から一番良いデザインを採用することができ 続きを読む