スマートウォッチ

 

  • HuaweiのWatch GTはWear OSを捨てて自社製OSを搭載、‘競争に勝てる’性能を目指す

    HuaweiのWatch GTはWear OSを捨てて自社製OSを搭載、‘競争に勝てる’性能を目指す

    LGの奇妙なハイブリッドウォッチWatch W7は、WearOSの小さいが重要な勝利だった。しかし今朝(米国時間10/16)のロンドンでGoogleは、少なくともこの機種に関しては、スマートウォッチの市場競争における重要な同盟を失った。Huaweiの最新のウェアラブルWatch GTはGoogleのオペレーティングシステムを捨てて、自社製のLiteOSを採用した。 続きを読む

  • CasioのオールメタルG-Shockが設定やアラームをBluetooth化してややスマート化

    CasioのオールメタルG-Shockが設定やアラームをBluetooth化してややスマート化

    Casioが最初のG-Shockウォッチをリリースしたのは1983年だ。その初代は、クォーツモジュールを保護するすばらしい耐衝撃性によって、タフなウォッチのバーを上げた。今やクラシックウォッチだが、2018年の今でもさまざまな機種が売られている。 最近Casioは、このウォッチのオールメタルバージョンを発売した。それはその独特のデザインを維持しつつ、Bluetoothなどのモダンなテクノロジーをフィーチャーしている。スマートウォッチではないが、ちょっとばかしスマートだ。 続きを読む

  • サウジ記者の失踪事件、Appleウォッチに注目集まるが手がかりにはならないかもしれない

    サウジ記者の失踪事件、Appleウォッチに注目集まるが手がかりにはならないかもしれない

    サウジアラビアのジャーナリスト、Jamal Khashoggiが失踪した事件を調べている警察当局は、失踪前のKhashoggiの健康データや位置情報を入手しようと同氏が身につけていたAppleウォッチを探している。しかし、TechCrunchが新たに入手した情報では、ウォッチがそれらデータを示すのは無理かもしれない。 続きを読む

  • LGの奇妙なハイブリッドスマートウォッチはWear OSに命を吹き込めるか?

    LGの奇妙なハイブリッドスマートウォッチはWear OSに命を吹き込めるか?

    新しいV40 ThinQの発表に加えて、LGはこの一風変わった新製品を披露した。ハイブリッドスマートウォッチはもはや目新しくないのは確かだが、Watch W7は奇妙なアプローチでこの分野に参入した。 続きを読む

  • ビデオレビュー: Apple Watch Series 4

    ビデオレビュー: Apple Watch Series 4

    IDCが今年発表した数字によれば、 Apple Watchは2017年に出荷されたスマートウォッチの半分以上を占めていたという。ではこの市場リーダーの今年のモデルはどういうことになったのだろう? まず目に付くのはディスプレイの大型化だ。ただし筐体のサイズは現行製品とほとんど変わらない。 続きを読む

  • Googleのスマートウォッチがいっそう身近に――Wear OSがアップデート

    Googleのスマートウォッチがいっそう身近に――Wear OSがアップデート

    今日(米国時間8/29)、以前Android Wearと呼ばれていたGoogleのスマートウォッチ向けOS、 Wear OSがアップデートされた。Googleによれば、このアップデートでさまざな情報へのアクセスがさらに素早く行えるようになり、ユーザーへのアシストもさらに積極的になったという。 続きを読む

  • FossilのAndroid Wearファッションウォッチが心拍計などフィットネス機能を充実

    FossilのAndroid Wearファッションウォッチが心拍計などフィットネス機能を充実

    バッグや腕時計など、伝統的なファッション小物のメーカーであるFossilが、スマートウォッチという形でウェアラブルの世界に入ってきたことは、スタートアップとは別の意味で興味深い。同社のそのQウォッチシリーズの新製品Fossil Q Venture HRとFossil Q Explorist HRは、Fossilの初期のシンプルなウォッチにAndroid Wearの機能をたっぷり盛り込んでいる。いわばこれらは、フィットネスのファンのための、良くできた低価格のスマートウォッチだ。〔*: HR==heart rate==心拍数〕 続きを読む