セキュリティー

 

  • Pixel 3、これが注目の新機能だ

    Pixel 3、これが注目の新機能だ

    Googleは火曜日(米国時間10/9)の大ハードウェアイベントでGoogle Home HubやGoogle Pixel Slateなどいくつもの新製品を発表した。しかし新しいスマートフォン、Pixel 3が本物のスターだった。 続きを読む

  • Apple、議会宛レターで「スパイチップ」記事を強硬に否定

    Apple、議会宛レターで「スパイチップ」記事を強硬に否定

    Appleは、同社のシステムが中国のスパイに侵入されていたとする先週のBloomberg報道に対して、これを否定する意思を改めて強調した。 続きを読む

  • 米政府、AppleとAmazonに同調、Bloombergの「スパイチップ」報道を事実上否定

    米政府、AppleとAmazonに同調、Bloombergの「スパイチップ」報道を事実上否定

    米国国土安全保障省は、Apple、Amazon、およびSupermicroの声明を「否定する理由はない」と発言し、先週Bloombergが報道した主張を否定した。 続きを読む

  • Facebook曰く:アタッカーが連携アプリにアクセスした「形跡はない」

    Facebook曰く:アタッカーが連携アプリにアクセスした「形跡はない」

    Facebookは、先週発見したデータ流出によってサードパーティーアプリが影響を受けた「形跡はなかった」と発表した。 続きを読む

  • ジュリアン・アサンジ、インターネットを遮断されてWikiLeaks編集長を退任

    ジュリアン・アサンジ、インターネットを遮断されてWikiLeaks編集長を退任

    WikiLeaksのトップが交代した。ファウンダーで争い好きのリーダー、Julian Assangeが退き、元WikiLeaks広報担当者のKristinn Hrafnssonが指揮をとる。WikiLeaksが言うところの「異例事態」よってAssangeが「連絡不能」になったためだ。 続きを読む

  • アメリカ国民は選挙のセキュリティを懸念している

    アメリカ国民は選挙のセキュリティを懸念している

    新たな大規模調査で、一般的な米国人は選挙への脅威が国の土台を揺らしかねない、と中間選挙に向けて懸念している様子が浮かび上がっている。 続きを読む

  • クラウドネィティブ環境のためのセキュリティベンダーTwistlockがシリーズCで$33Mを調達

    クラウドネィティブ環境のためのセキュリティベンダーTwistlockがシリーズCで$33Mを調達

    世界がクラウドネイティブなアプローチへ移行していくに伴い、アプリケーションとそのデプロイのセキュリティを確保する方法も変わりつつある。クラウドネイティブ環境のセキュリティを提供するTwistlockが今日、Iconiq CapitalがリードするシリーズCのラウンドで3300万ドルを調達したことを発表した。 これまでの投資家YL Ventures, TenEleven, Rally Ventures, Polaris Partners, およびDell Technologies Capitalも、このラウンドに参加した。これで同社の資金調達総額は6300万… 続きを読む

  • 郵送でもフィッシングは可能――中国のハッカー、マルウェア入りCDで政府機関を攻撃

    郵送でもフィッシングは可能――中国のハッカー、マルウェア入りCDで政府機関を攻撃

    単純だが効果的なソーシャル・エンジニアリングの手法だ。中国のハッカーは政府機関に対してマルウェアを入れたCDを郵送するという攻撃を行っていいるという。DHS(国土安全保障省)が組織したMS-ISAC(Multi-State Information Sharing and Analysis Center)はこれに関する情報を公開して警戒を呼びかけている。 続きを読む

  • 中国製ロボット掃除機に脆弱性――ハッカーに家中を覗かれる可能性あり

    中国製ロボット掃除機に脆弱性――ハッカーに家中を覗かれる可能性あり

    スマートホーム製品というのはなるほどそこそこ便利だが、家に呼び入れたデバイスのWiFiを誰かが悪用しようと考える可能性があることは知っておく必要がある。しかし多くのユーザーはロボット掃除機もこのカテゴリーに入るとは考えなかっただろう。 続きを読む

  • 監視カメラがあなたを認識して警告や解説をメッセージするパーデュー大学のPHADEシステム

    監視カメラがあなたを認識して警告や解説をメッセージするパーデュー大学のPHADEシステム

    [筆者: Sarah Wells] 今や、通りにも、美術館にも、お店にも、どこにでもカメラがあるという認識は、人間の第二の天性になっている。でもそんなカメラが、人間とコミュニケーションできたらどうだろう? パーデュー大学のコンピューターサイエンスの研究者たちは、そのディストピア的な未来を現実化して、今日、ペーパーに発表した。ただし彼らによると、それはそんなに怖いものではないそうだ。 続きを読む