チャット

 

  • 明日iOS 12.1がやってくる。グループFaceTimeとカメラの改善

    明日iOS 12.1がやってくる。グループFaceTimeとカメラの改善

    どうやらAppleは、明日ブルックリンで行われるビッグイベントだけにニュースを残しているわけではなさそうだ。同社は最新バージョンのiOSを明日公開するとついさきほど発表した。iPadのお披露目にちょうど間に合うタイミングだ。 続きを読む

  • Slackがメールの支配へ向けてAstroを買収

    Slackがメールの支配へ向けてAstroを買収

    Slackが今日(米国時間9/24)、メールアシスタントAstrobotを抱えるベイエリアのスタートアップAstroを買収した、と発表した。これは、Slackのこれまでで最大の買収*で、企業のワークプレースの総合的プラットホームを提供するという同社のビジョンの実現に向かって、今度はメールとカレンダーが加わることになった。 続きを読む

  • Slack、またもダウン(現在は復帰)

    Slack、またもダウン(現在は復帰)

    ノー。Slackにつながらなくなったのはあなただけではない。Slackがまたもやダウンした。ただし今回のダウンは前回ほど全面的なものではなかったようだ。TechCrunchでも特定のチャンネルが消えるなどの問題が断続的に起きた。それでも全体としてコミュニケーションがまったくできなくなるという状態にはならずにすんだ。 続きを読む

  • SlackがMissionsを買収してルーチン的なタスクの統合を支援

    SlackがMissionsを買収してルーチン的なタスクの統合を支援

    Slackは有料の企業ユーザーが増えているので、彼らの仕事に役に立つような他サービスの統合が、容易にできるための方法を模索している。 今日(米国時間7/17)同社は、Robots and PencilsのMissionsを買収したことを発表した。これによりSlackのユーザーは、コードを書かなくても、毎日の仕事の単純なルーチンを自動化できるようになる。買収の条件は、公表されていない。 続きを読む

  • アプリケーションにチャット(会話)機能をつけるAPI、Dialogflow Enterprise EditionをGoogle Cloudが一般公開

    アプリケーションにチャット(会話)機能をつけるAPI、Dialogflow Enterprise EditionをGoogle Cloudが一般公開

    会話ができるための入出力インタフェイスを作ることは、デベロッパーにとって新しい挑戦分野だ。チャットボットはWebサイトやアプリにおけるトラブルを減らし、会話ができるという構造の中では、企業はよく聞かれる質問に簡単迅速に答えることができる。そこで今日(米国時間4/17)Googleは、これまでベータだったDialogflow Enterprise Editionを一般公開した。 続きを読む

  • Skypeの通話をコンテンツにできる(録画、ストリーミング、他での利用、等)モード登場

    Skypeの通話をコンテンツにできる(録画、ストリーミング、他での利用、等)モード登場

    Microsoftはポッドキャストやビデオの人気に乗じて、コンテンツの作者にとってのSkypeの魅力を高めようとしている。同社が今テストしている“Skype for Content Creators”というモードでは、今使っているSkypeそのものの能力で、通話中にビデオなどのコンテンツを入れたり、あるいは逆に通話を録音録画できる。また、通話中のビデオや音声をライブでストリーミングしたり、ほかのアプリケーションにインポートして編集しポストする、などのことができる。 続きを読む

  • Facebook Messengerで音声、ビデオで会話中にメンバーを追加できるようになった

    Facebook Messengerで音声、ビデオで会話中にメンバーを追加できるようになった

    Facebook Messengerではビデオまたは音声で通話している途中で新しい相手を追加できるようになった。新しい通話先を加えるためにいったん通話を中断する必要はない。この新機能はAndroidとiOSのMessengerアプリがアップデートする際に追加される。 続きを読む

  • 電池切れ直前のスマホでないと使えないチャットアプリDie With Meはデジタルアートだった

    電池切れ直前のスマホでないと使えないチャットアプリDie With Meはデジタルアートだった

    【抄訳】 今人類は、過度のスマートフォン中毒だろうか? その疑問はとりあえず置いておき、ここではチャットアプリの形をしたアート、Die With Me(一緒に死んで)をご紹介しよう。この有料アプリは、お互いのスマートフォンの電池残量が5%以下になると、チャットができる。 作者の一人Dries Depoorterによると、このアプリは“アートのプロジェクト”だ。アートの部分を担当したのが彼で、もう一人の作者David SurprenantはWeb開発を担当した。 続きを読む

  • Slackのプライベート共有チャンネルを使うと複数の会社が非公開会員制で会話できる

    Slackのプライベート共有チャンネルを使うと複数の会社が非公開会員制で会話できる

    数か月前にSlackがベータで立ち上げたShared Channelsという機能は、複数の組織(会社や団体)が共有できるチャンネルだった。たとえばあなたのスタートアップは、PR会社や法律事務所とチャンネルを共有できるだろう。 しかし二つの会社の会話が互いに全社に見られては困ることもあるので、今日(米国時間1/17)同社はPrivate Shared Channelsというものを、やはりベータで立ち上げた。これは、共有チャンネルだけれど招待制で文字通りプライベート、非公開だ。 続きを読む

  • Googleのチャットボット・ビルダーDialogflowに企業ユーザー向け有料バージョン登場

    Googleのチャットボット・ビルダーDialogflowに企業ユーザー向け有料バージョン登場

    Googleが今日(米国時間11/16)、チャットボットやそのほかの会話的アプリケーションを作るツールDialogflowの、エンタープライズエディションの、ベータローンチを発表した。 続きを読む

  • Microsoft Skype、デスクトップ版がリニューアル――UIが若返り新機能も追加

    Microsoft Skype、デスクトップ版がリニューアル――UIが若返り新機能も追加

    今年に入ってMicrosoftはSkypeのアップデートを開始した。これはSlackやFacebook Messenger、Snapchatなどのライバルが有力となってきたこを受け、メディアの共有などソーシャルコミュニケーションのツールとしての能力の強化に重点を置いたものだ。今日(米国時間10/30)、Skypeのl新しいデスクトップ版が正式公開された。プラットフォームはMac、Windows 10(2016年11月アップデート以降)、 Windows 8、Windows 7、Linuxが利用できる。 続きを読む

  • チャットやメッセージングを営業とマーケティングのツールにしたいHubSpotがチャットボット制作のMotion AIを買収

    チャットやメッセージングを営業とマーケティングのツールにしたいHubSpotがチャットボット制作のMotion AIを買収

    営業支援とインバウンドマーケティングの今や古参で大手HubSpot(日本)が、チャットボット制作のスタートアップMotion AIを買収したことを、今朝(米国時間9/20)発表した。 Motion AIは2015にローンチし、チャットボットを作るためのエディターを提供している。 続きを読む

  • SoftBank、評価額51億ドルでSlackに巨額投資 

    SoftBank、評価額51億ドルでSlackに巨額投資 

    Slackが新たなラウンドで大型の資金調達を実施した。評価額が50億ドル以上と伝えられる今回のラウンドをリードしたのは日本のSoftbankで、同社はこのところありとあらゆるテクノロジー企業に投資している。今回の投資も総額1000億ドルと伝えられるSoftBankの巨大なビジョン・ファンドからのようだ。 続きを読む

  • Facebook Messenger Dayは1日7000万――アプリは月間13億、グループビデオチャットにも力

    Facebook Messenger Dayは1日7000万――アプリは月間13億、グループビデオチャットにも力

    FacebookはSnapchat Storiesのクローン、24時間で投稿内容が消えるメッセージ・サービスの運用成績を発表した。同じFacebookグループのInstagram版やWhatApp版に比べれば成長速度は爆発的ではないものの、Messenger Dayの1日当たりユーザーは7000万だという。Messenger Dayがスタートして半年経ったところで、毎日それだけの人間が1日で消える写真やビデオを見たり投稿したりしているわけだ。 続きを読む

  • Googleは昨年300億ドルでSnapchat買収を試みた――報道を受けてSnapの株価アップ

    Googleは昨年300億ドルでSnapchat買収を試みた――報道を受けてSnapの株価アップ

    Googleがソーシャルメディアで失敗を繰り返してきたことはよく知られている。今回は同社がSnapchatの買収を試みていたことが報じられた。2016年にGoogleはSnapが最後の最後のベンチャー資金を調達する前(もちろん今年の株式上場以前だ)に同社と話し合いを行い、300億ドルという買収金額が示唆されたという。Business Insiderの Alex Heathのスクープによれば、この買収申し出はSnap社内では「公然の秘密」だったという。 続きを読む

  • Facebook、ビデオチャット・デバイス開発中――スマートスピーカーは一時棚上げか?

    Facebook、ビデオチャット・デバイス開発中――スマートスピーカーは一時棚上げか?

    Facebookはノートサイズのディスプレイを備えたビデオチャット専用ハードウェアの開発を行っているという。Bloombergの記事によれば、Facebookのハードウェア開発事業部、Building 8からの初の本格的製品となる。記事によれば、このハードウェアは物理的に離れた場所にいる友達が同じ空間を共有しているように感じて親しく会話できるようにすることを目指している。 続きを読む

  • Microsoft、Skypeをリニューアル――ストーリーズ的Highlights追加、スワイプでカメラを起動

    Microsoft、Skypeをリニューアル――ストーリーズ的Highlights追加、スワイプでカメラを起動

    今日(米国時間6/1)、Microsoftはまったく新しくなったSkypeをリリースした。新しいSkypeアプリにはライバルのチャットサービス、Facebook MessengerやSnapchatの影響が明らかに見てとれる。つまりSkypeにはFacebookストーリーズに似たHighlightsが導入された。インターフェイスのDesignも一新され、スワイプするだけでビデオが利用できるようなるなど多数の新機能が追加されている。 続きを読む

  • YouTube VRの中ではチャットによる対話形式/会話形式のコメントが可能に、安全なルームならね…

    YouTube VRの中ではチャットによる対話形式/会話形式のコメントが可能に、安全なルームならね…

    YouTubeにコメント書いてる人と、実際に会いたいと思ったことある? そう、ぼくもないね。 ところが、どっこい! 今日のGoogle I/OのYouTube VRに関する説明では、コメントは従来のようにテキストで書くだけでなく、VRの中にチャットルームができるので、そこでいろいろとお話ができるようになる。それ以上詳しいことはまだ分からないんだけど、音声によるスパムが猛威を揮ったりしたら、おとろしいだろうね。 続きを読む

  • Slackがビデオ通話で画面共有サポート――Screenhero買収後2年目にやっと実現

    Slackがビデオ通話で画面共有サポート――Screenhero買収後2年目にやっと実現

    スクリーンショットを送るだけでは十分でないことがある。Slackの有料ユーザーはビデオ通話機能を利用してライブで画面共有できるようになった。この機能が追加されたのはSlackがScreenheroを買収して2年後となった。当時Screenheroはエンタープライズ向けに画面共有を提供する社員6人のスタートアップで、Slackはキャッシュと株式によって同社を買収した。今後数日のうちに実施されるMacとWindowsアプリのアップデートに画面共有機能が含まれる予定だ。 続きを読む

  • Instagram Storiesのユーザー、2億人に―ARスタンプのコピーで本家Snapchatを抜く

    Instagram Storiesのユーザー、2億人に―ARスタンプのコピーで本家Snapchatを抜く

    最近のFacebookのモットーは「素早く動いてぶち壊せ」ではなく、「最後に動いて頂いてしまえ」になっているらしい。 Facebook傘下のInstagram Storiesは1日当りアクティブ・ユーザー2億人を達成した。このサービスはSnapchatのクローンだが、今やユーザー数はSnapchatが株式上場の際に明らかにした1億6100万人を大きく上回る。 続きを読む