ベンチャーキャピタル

 

  • メアリー・ミーカーら、12.5億ドルの独自ファンド組成へ――「インターネットの女王」がトップの新VC誕生間近

    メアリー・ミーカーら、12.5億ドルの独自ファンド組成へ――「インターネットの女王」がトップの新VC誕生間近

    インターネットの現状を網羅的に紹介するレポートを毎年発表して「インターネットの女王」とも呼ばれてきた著名投資家のメアリー・ミーカーが8年間パートナーを務めてきたKleiner Perkinsを去って独自のファンドの組成を目指すという。9月のBusiness Insiderの記事によれば、メアリー・ミーカーのデビュー・ファンドは12.5億ドルの規模となる。TechCrunchはメアリー・ミーカーにさらに詳しい情報を求めている。 続きを読む

  • 今年のクリスマスはこのダサいトレーディングカードだけでいい

    今年のクリスマスはこのダサいトレーディングカードだけでいい

    冗談です。お願いだからこのシリコンバレーのベンチャーキャピタリストをあしらったトレーディングカードをクリスマスにプレゼント〈しない〉でほしい。でも、もし今あなたがVC——あるいはVC志願者——のためにプレゼントを探しているなら、1セット贈ると喜ばれるかもしれない。 続きを読む

  • 女性起業家が調達した資金は米国VCのわずか2.2%(今年も)

    女性起業家が調達した資金は米国VCのわずか2.2%(今年も)

    女性起業家に公平な活躍の場を与えようとする数々の努力にもかかわらず、2018年に米国女性が設立したスタートアップの調達金額はベンチャー資金全体のわずか2.2%だった。 続きを読む

  • 早稲田大学が総額20億円規模の公式ファンド設立へ——ウエルインベストメント、Beyond Nextと提携

    早稲田大学が総額20億円規模の公式ファンド設立へ——ウエルインベストメント、Beyond Nextと提携

    早稲田大学は10月30日、同大学の研究成果を活用するスタートアップへの出資を目的とした総額20億円規模のファンド組成を目指し、ウエルインベストメントおよびBeyond Next Venturesの2社と提携契約を締結したことを発表した。契約締結日は10月29日。ファンドが設立されれば、早稲田大学にとっては初の公式なベンチャーファンドとなる。 続きを読む

  • TikTokのByteDanceが世界最大のスタートアップに――Uberを抜く会社評価額で資金調達完了

    TikTokのByteDanceが世界最大のスタートアップに――Uberを抜く会社評価額で資金調達完了

    オンライン広告ネットワークやTikTokなどのサービスを運営する中国のByteDanceがUberを抜いて会社評価額で世界最大のスタートアップとなった。ForbesとBloombergは同社が750億ドルの会社評価額で30億ドルの資金調達を完了したと報じている。TechCrunchの取材に対し、事情に通じた情報源はこの報道が事実であると確認し、会社評価額はプレマネー、つまり資金調達を実施する前の評価額だと述べた。 続きを読む

  • カショーギ事件はシリコンバレーの一つの時代の終焉か――SoftBank新ファンドの行方も不透明

    カショーギ事件はシリコンバレーの一つの時代の終焉か――SoftBank新ファンドの行方も不透明

    事件の進展の速さは驚くばかりだ。きっかり1週間前、われわれはWashington Postのコラムニストがトルコで失踪した事件でサウジアラビアの資金が汚染されたのではないかと疑う記事を掲載した。しかしジャマル・カショーギがイスタンブールのサウジ領事館で消息を絶ったことに関して、シリコンバレーの取材先はほぼ全員が実名でコメントすることを拒否した。いくつかのソースからオフレコで聞いたところでは、サウジの資金に利害関係をもつ人々は同国と、特にムハマド・ビン・サルマン皇太子との関係の安定を望んでおり、ことを荒立てたがっていないということだった。… 続きを読む

  • 世界的に成長中のVCマーケット、主に中国が貢献

    世界的に成長中のVCマーケット、主に中国が貢献

    ベンチャーキャピタルのビジネスモデルが世界中でみられるようになった。まだ金融業界の特別クラブ的なものではあるが、今やワールドワイドに、そしてそれなりの規模で展開されている。 続きを読む

  • “ファン家のアメリカ開拓記”の兄弟、大麻やクリプトにフォーカスしたBatuキャピタル設立

    “ファン家のアメリカ開拓記”の兄弟、大麻やクリプトにフォーカスしたBatuキャピタル設立

    レストランオーナーで談話家のEddie Huangは“Fresh off the Boat”(編集部注:台湾系アメリカ人一家を描いた米国ABCテレビのコメディードラマ、邦題は「ファン家のアメリカ開拓記」)に出てくる3兄弟の一人として知られる。ABCのシチュエーションコメディは彼の回想記がもとになっている。しかし、彼の兄弟EmeryとEvanは、ドラマをかなり熱心に視聴した人にとってすら、どちらかというとミステリアスな存在だ。この2人のキャラクターはドラマではかなりフィーチャーされていたが、実在の彼らはあまり表舞台には出… 続きを読む

  • 2018年の米VC投資が1000億ドル超え

    2018年の米VC投資が1000億ドル超え

    企業価値10億ドル超のユニコーン企業の続出、数え切れないほどの1億ドル規模のベンチャーファイナンス、そして巨大ファンドの爆発的な増加ー2018年の米国企業ベンチャーキャピタルが過去最多になることはまったく驚きではない。 続きを読む

  • コーポレートベンチャー投資、2018年通年で増加の見通し

    コーポレートベンチャー投資、2018年通年で増加の見通し

    多くの企業が将来をベンチャー投資ポートフォリオにかけている。イノベーション競争でスタートアップにかなわないのであれば、ファイナンシャルパートナーとしてスタートアップとビジネスを展開すればいい。 続きを読む

  • 古いメディア大企業が次なる策としてVCに目を向け始めた

    古いメディア大企業が次なる策としてVCに目を向け始めた

    ウェブ1.0とウェブ2.0の時代は、世界の大きなメディアコングロマリットにとって優しいものではなかった。それまでのビジネスモデルに疑問符がつくようになり、コンテンツ消費する全く新しいカテゴリーをつくり、オンライン上での購読や価格設定などでの競争を展開することになった。1990年代から2000年代はじめにかけてのメディア大企業の多くは、数十億ドルもの企業価値を持ったマーケットリーダーであったが、会社を発展させるための戦略としてスタートアップに積極的に投資するようになった。 続きを読む

  • インタビュー:ジェイソン・カラカニスがエンジェル投資を勧める理由

    インタビュー:ジェイソン・カラカニスがエンジェル投資を勧める理由

    Uberの投資家として大成功を収めたジェイソン・カラカニスが著書『エンジェル投資家』の邦訳出版を機に来日している。カラカニスにインタビューする機会があったので紹介してみたい(写真はジェイソン・カラカニスと企画から編集まで出版を担当した日経BPの中川ヒロミ部長)カラカニスは無名のスタートアップだったUberにシード資金を投資した。その後Uberは世界的大企業に成長した。 続きを読む

  • 書評:Bad Blood――地道な調査報道が暴いたシリコンバレー最大の嘘

    書評:Bad Blood――地道な調査報道が暴いたシリコンバレー最大の嘘

    シリコンバレーでは毎年千の単位でスタートアップが生まれている。その中で全国で名前を知られた会社になるというのはそれだけで大変なことだ。指から一滴の血を絞り出すだけで多数の病気が検査できると主張したTheranosはそうした稀有なスタートアップとなり、続いて真っ逆さまに転落した。Wall Street Journalの記者、ジョン・カレイルーの忍耐強く勇気ある調査報道が起業家、ファウンダーのエリザベス・ホームズとそのスタートアップの実態を暴露した。 続きを読む

  • VCたちはどれだけ稼いでいるか

    VCたちはどれだけ稼いでいるか

    ベンチャーキャピタルは不透明な業界と思われているので、われわれの多くが、平均的なVCの年収などを知らなくても当然だ。 しかし、ベンチャー企業の報酬に関するJ. Thelander Consultingの調査報告書を見ると、やはりVCたちは大金を稼いでいる。 続きを読む

  • スタートアップは国際投資をいかに確保できるか

    スタートアップは国際投資をいかに確保できるか

    中南米でスタートアップが資金を調達するのは、砂漠のど真ん中で水飲み場を探すようなものだ。どこかにあるはずだ、というのは分かっていても、タイミングよく見つけ出すには生死を伴う。 続きを読む

  • Disrup SF:サイアン・バニスターが高校中退からエンジェル投資家への道を語る

    Disrup SF:サイアン・バニスターが高校中退からエンジェル投資家への道を語る

    今日(米国時間9/5)、サンフランシスコで開催中のTechCrunch SF 2018でFounders Fundのパートナー、サイアン・バニスターが15歳のホームレスのティーンエージャーからトップクラスのエンジェル投資家になった驚くべき道筋を語った。バニスターはUber、Thumbtack、SpaceX、Postmates、EShares、Affirm、Nianticといった著名なスタートアップへの投資家だ。 続きを読む

  • Y Combinator 2018夏クラスのデモデーをビデオでチェック

    Y Combinator 2018夏クラスのデモデーをビデオでチェック

    先週マウンテンビューのコンピューター・ヒストリー・ミュージアムで開催されたY Combinator 2018夏のクラスのデモデーをビデオでまとめた。TechCrunchではすべてのスタートアップを紹介している。1日目のスタートアップ63チーム(ハイライト10チーム)、2日目のスタートアップ59チーム(ハイライト10チーム)。 続きを読む

  • ビジネスチャットのSlack、 さらに4億ドルを調達中――ポストマネーは70億ドル以上か

    ビジネスチャットのSlack、 さらに4億ドルを調達中――ポストマネーは70億ドル以上か

    Slackはビジネスパーソンが社内、社外で共同作業をすることを助けるプラットフォームだ。手軽にチャットし何百というフォーマットのデータを簡単に共同利用できる。こここ数年の急成長は目をみはらせるものがあった。最近ではアクティブ・ユーザー800万人、うち有料ユーザー300万人というマイルストーンを達成している。このSlackが現在さらなる大型資金調達に動いている。 続きを読む

  • SoftBankの投資戦略を検討する――WeWorkへの5億ドルもテーマの一つに過ぎない

    SoftBankの投資戦略を検討する――WeWorkへの5億ドルもテーマの一つに過ぎない

    今週、WeWorkは中国における子会社、WeWork ChinaがSoftBank、Temasek Holdings他から5億ドルの追加投資を得たことを発表した。これにより中国法人の価値は1年前の10億ドル(投資後会社評価額)から50億ドルにアップした。WeWork Chinaは前回の投資ラウンドをほぼ1年前、2017年の7月に発表している。 続きを読む

  • 書評:『エンジェル投資家 』――Uberで場外満塁ホームランのジェイソン・カラカニスが投資の極意を説く

    書評:『エンジェル投資家 』――Uberで場外満塁ホームランのジェイソン・カラカニスが投資の極意を説く

    ジェイソン・マッケイブ・カラカニスはUberが誰も知らないスタートアップだったときに2万5000ドルを投資した。それが今年は3億6000万ドルの評価額となったことで、多少のことには驚かないシリコンバレーもショックを受けているらしい。この本を読んでいると知らず知らず自分もエンジェル投資家として起業の修羅場に出ているような気分になる。この迫力、説得力はジェイソン・カラカニスというベンチャー投資家として異色の人物の経歴と分かちがたいように思う。 続きを読む