人工知能

 

  • ファッションにAIを活用するということ

    ファッションにAIを活用するということ

    この夏の結婚式シーズン、僕はスーツを新調する必要に迫られた。スーツ選びに際し、冒険をしてみよう、これまで検討すらしなかった色のものを買おうと心に決めていた。その結果、僕は映画館の案内人のような、そして少しJidennaっぽいものを選んだ(編集部注:Jidennaは米国のラッパー歌手)。もし知っていたら、スーツを選ぶのにオーダーメードスーツ専門のEison Triple Threadを使っていたかもしれない。 続きを読む

  • IBM Watson Healthと復員軍人省が退役軍人のがん治療でパートナーシップ

    IBM Watson Healthと復員軍人省が退役軍人のがん治療でパートナーシップ

    IBMのWatson Healthと復員軍人省が今日(米国時間7/19)、Watsonの人工知能を使って末期がんの退役軍人を支援する共同事業を今後も継続する、と発表した。 Watsonは一般的には、ゲームのJeopardy!で人間に勝ったことぐらいしか知られていないが、2016年にはオバマ政権の全米がん撲滅運動に従って、復員軍人省の精密腫瘍学プログラムに参加した。 続きを読む

  • Oculusのファウンダー、パーマー・ラッキーのAndurilが一歩前進――AI/VRでメキシコ国境の越境者探知に成功

    Oculusのファウンダー、パーマー・ラッキーのAndurilが一歩前進――AI/VRでメキシコ国境の越境者探知に成功

    Oculus VRのファウンダー、パーマー・ラッキーの防衛産業におけるスタートアップ、ステルス・モードから半歩踏み出した。ラッキーがAnduril Industriesを創立してほぼ1年になるが、この間何回かの公式ツイートとWiredの好意的な紹介記事や以外にこのスタートアップは秘密のベールに包まれていた。 続きを読む

  • メアリ・ミーカー、恒例のインターネット・トレンドを発表――全スライドと重要ポイント要約

    メアリ・ミーカー、恒例のインターネット・トレンドを発表――全スライドと重要ポイント要約

    テクノロジー分野の最新の数字を漏れなく知っておきたいなら朗報だ。伝説のアナリスト、ベンチャー投資家、 メアリー・ミーカーがInternet Trendsの2018年版を発表した。記事末に294ページに及ぶスライド全体をエンベッドしてある。モバイルからeコマースまであらゆるジャンルがカバーされている。ここでは特に重要と思われる点を選んで要約してみた。 続きを読む

  • GmailのSmart Composeで簡単に英文レターが書ける

    GmailのSmart Composeで簡単に英文レターが書ける

    Googleは先週のI/Oデベロッパー・カンファレンスで ウェブ版Gmailのアップデートを発表した。われわれもSmart Composeというスマート自動補完機能を紹介した。この機能の実地テストがいよいよ始まった。 続きを読む

  • Google I/O: モバイルアプリ向け機械学習モデル登場――iOS、Android開発にML Kit

    Google I/O: モバイルアプリ向け機械学習モデル登場――iOS、Android開発にML Kit

    今日(米国時間5/8)開幕したI/Oデベロッパー・カンファレンスでGoogleはML Kitを発表した。iOS、AndroidアプリのデベロッパーはこのSDKを用いることでGoogleによって開発ずみでの機械学習モデル多数をアプリに取り込むことができる。特に巧妙なのは、これらのモデル(テキスト認識、顔認識、バーコードスキャン、画像タグづけ、外界のランドマーク認識などを含む)がオンライン、オフラインの双方で利用できる点だ。ネットワーク接続の状態とデベロッパーの判断に応じて適切な方を選ぶことが可能だ。 続きを読む

  • Microsoft Build 2018:キーワードはAIとエッジ――Azure IoT Edgeを大幅アップデート

    Microsoft Build 2018:キーワードはAIとエッジ――Azure IoT Edgeを大幅アップデート

    この月曜(米国時間5/7)からシアトルでBuild 2018デベロッパー・カンファレンスがスタートした。Microsoftはここで人工知能とエッジ・コンピューティングに多大な力を入れている。特に目立ったのは、倉庫管理用の大型産業機器や油井をリモートコントロールするツールなどを含むエッジ・デバイスで作動する多くの既存のAzureサービスへの機械学習の適用だ。 続きを読む

  • Lobeで機械学習利用アプリを誰でも簡単に開発できる――デモではジェスチャーを絵文字に変換

    Lobeで機械学習利用アプリを誰でも簡単に開発できる――デモではジェスチャーを絵文字に変換

    機械学習はトレンドだ。CERNの素粒子の探求からGoogleによる人間の声の合成まであらゆる場所に用いられている。ただしハードルが高い。 しかしビデオ編集、音声編集の実際の動作は複雑きわまるものだが、好奇心さえあれば子供でも手を出せるくらい優れたUIが数多く実用化されている。それなら機械学習でも同じことができるはずだ、というのがLobeのファウンダーたちのコンセプトだ。 続きを読む

  • Microsoft翻訳が新AIアルゴリズムでオフライン化――サードパーティーのデベロッパーも利用可能

    Microsoft翻訳が新AIアルゴリズムでオフライン化――サードパーティーのデベロッパーも利用可能

    外国に旅行するとき自動翻訳アプリをインストールしていく人は多いだろう。しかしいざというときにインターネット接続がなかったら? 旅行先ではありがちだ。たいていの翻訳アプリはオフラインでも作動する。しかし高度な、ということはつまり処理量の大きいクラウド上の機械学習アルゴリズムを利用することができない。これまではMicrosoft Translatorもその例にもれなかった。 続きを読む

  • あなたの頭の中の言葉を読み取るマシンをMITのチームが開発、すでに確度92%

    あなたの頭の中の言葉を読み取るマシンをMITのチームが開発、すでに確度92%

    音声コンピューティングには、大きな問題がつきまとっている。まわりにほかの人たちがいるところで音声アシスタントに話しかけたら、たいがいおかしな結果になるだろう。音声コンピューティングが家の中で普及し始めたのには、理由がある。家の中なら、マシンに話しかけるとき、あまり自分を意識せずにすむからだ。 言葉を使わない、マシンに話しかけないデバイスが登場してきたのも、必然的なことだ。あるMITのチームもそんなデバイスに挑戦しているが、しかしそのハードウェアはまだ、完全に自分を意識しないで使えるところまでは、行ってないようだ。 続きを読む

  • Linux Foundationにディープラーニングのオープンソース団体が加わる

    Linux Foundationにディープラーニングのオープンソース団体が加わる

    名前はLinuxでも、Linux Foundationかなり前から、Linuxのためだけの団体ではない。今ではCloud Foundry, Automotive Grade Linux Initiative, Cloud Native Computing Foundationなど、さまざまなオープンソースの財団やプロジェクトを支えている。そして今日(米国時間3/26)Linux Foundationにはさらにもうひとつの財団、LF Deep Learning Foundationのサポートが加わった。 続きを読む

  • 売上と共に増大するテクノロジー企業の社会的責任

    売上と共に増大するテクノロジー企業の社会的責任

    主要プラットフォームが成長を続けるなか、FacebookやApple、Google、Amazonをはじめとする大手企業は人類全体にまで影響を及ぼすようになった。そしてその影響はポジティブなこともあれば、そうとは言えないときもある。 そのため大手のプラットフォーマーは、ユーザーの行動を把握するだけでなく、どんな場合にユーザー(もしくはプラットフォーマー自身)が不正をはたらいたり、悪意を持ってサービスを操作したりするか、ということを理解しなければならない。同様に、AIのような個別のテクノロジーやそのほかの先進的な技術、そしてそれらの影響につ… 続きを読む

  • ELSAはAI利用の優れもの英語発音学習アプリ――資金調達に成功、創業者はベトナム出身女性

    ELSAはAI利用の優れもの英語発音学習アプリ――資金調達に成功、創業者はベトナム出身女性

    ELSAといっても『アナと雪の女王』のキャラクターではない。English Language Speech Assistantの頭文字で、AIを利用して各国の学習者が英語の正しい発音を習得する手助けをするアプリだ。このほどELSAは320万ドルの資金を調達することに成功した。文法や語彙に重点を置く他の学習プラットフォームとは異なり、 ELSAではAIを利用した音声認識システムにより学習者の音声を解析してただしい発音を身につけられるようにする。 続きを読む

  • 画像検索エンジン、Google LensがAndroidのGoogleフォトにやって来る

    画像検索エンジン、Google LensがAndroidのGoogleフォトにやって来る

    Googleのビジュアル検索エンジン、Google Lensは写真をスキャンして「何が写っているのか」を認識する。たとえば名刺をカメラで撮影するとLensは自動的に内容を認識し、連絡先に追加したりできる。このGoogle LensがAndroidのGoogleフォトのユーザーに公開された。これはGoogleにとって最初の本格的なLensの普及の試みだ。これまでLens機能は最新のPixelスマートフォンでしか使えなかった。PixelではGoogle Assistantを通じてLensが利用できたが、他の機種のAndroidユーザーはアクセス… 続きを読む

  • スマートカメラ、Google Clipsレビュー――機械学習が人、イヌ、ネコ、ウサギを自動認識する

    スマートカメラ、Google Clipsレビュー――機械学習が人、イヌ、ネコ、ウサギを自動認識する

    今日(米国時間2/27)、GoogleからClipsが登場した。これはGoogleによれば「スマート・カメラ」だ。セキュリティーカメラでもないし、アクションカメラでもない。そういう用途ならすでに多数の製品が市場に出ている。シンプルで親しみやすい外見の内部にはきわめて高度かつ洗練されたテクノロジーが詰め込まれている。Clipsは見たところInstagramのアイコンのようなデバイスだが、妖精が魔法の杖を一振りして自ら撮影する現実のデバイスに生まれ変わらせたとでも言おうか。まったく新しいカテゴリーのカメラだ。 続きを読む

  • 新しいGoogleフライトは出発遅延を予測――AIで航空会社より早く教えてくれる

    新しいGoogleフライトは出発遅延を予測――AIで航空会社より早く教えてくれる

    フライト検索エンジン、Googleフライトがアップデートされ、さらに便利になった。飛行機を利用する旅行者にとっていちばんいらだたしいのは、新しいベーシックエコノミー運賃の複雑さとフライトの出発遅延だ。新しいGoogleフライトはこの点で新機能を追加した。出発遅延については単に通知してくれるだけなく、当の航空会社より早く教えてくれる。蓄積された過去のデータと機械学習アルゴリズムを利用して航空会社が警告する前にGoogleフライトは遅延を察知するという。 続きを読む

  • GoogleのAutoMLで誰もが機械学習を利用できる――プログラミング不要、ビジネス利用へも

    GoogleのAutoMLで誰もが機械学習を利用できる――プログラミング不要、ビジネス利用へも

    今日(米国時間1/17)、Googleはいくつかの重要な発表をしたが、 AutoML Visionのα版公開もその一つだ。このサービスはML(機械学習)についてまったく経験のない層も含めたデベロッパーに対して、カスタマイズされた画像認識モデルの構築を可能にする。Googleではカスタム機械学習モデルをAutoMLと名付け、画像認識以外の分野に応用を拡大していく計画だ。 続きを読む

  • 音声インターフェースがビジネス向けに進出中

    音声インターフェースがビジネス向けに進出中

    会社の会議にAmazon Echo(要するに音声操作デバイス)を持っていく、というシナリオはどうだろうか? つまり今月の南部地区での売上の数字が必要になったとしよう。今までならノートパソコンを開き、Excelを忙しく操作することになったはずだが、その代わりにEchoに尋ねるだけでいい。デバイスは即座に数字を答えてくれる。ビジネス・シーンの主流になるにはまだ距離があるとはいえ、こういうシナリオは次第に現実化しつつある。 続きを読む

  • AIのパイオニア、Andrew NgのLanding.aiは製造業の改革を目指す――最初のパートナーはFoxconn

    AIのパイオニア、Andrew NgのLanding.aiは製造業の改革を目指す――最初のパートナーはFoxconn

    人工知能のパイオニア、Andrew NgはGoogle BrainプロジェクトやBaiduのAIグループのリーダーを務めたことなどでよく知られている。Ngはオンライン学習のCourseraの共同ファウンダーであり、そこで教えている機械学習のコースも有名だ。今年初めにBaiduを離れた後、Ngが何をしているのか(もちろんCourseraで多くのコースを教える以外にということだが)はっきりしなかった。 続きを読む

  • Google、スプレッドシートにピボットテーブル自動作成ツールを追加

    Google、スプレッドシートにピボットテーブル自動作成ツールを追加

    読者の会社にもピボットテーブルの奥義をマスターした表計算ソフトの達人がいて、一見わけがわからない数字の山から重要な洞察を導き出していることだろう。この能力がわれわれ凡人とエリートの間を隔てていたわけだが、Googleはこの問題の民主化に動いた。今日(米国時間12/6)の発表によれば、最新版のGoogleスプレッドシートはピボットテーブルの自動作成機能を備える。 続きを読む