旅行

 

  • Google、新しい旅行プランツールを公開

    Google、新しい旅行プランツールを公開

    ゆっくりだが確実に、Googleは旅行サービスを拡大し今やホテルやフライトの予約からトラベルプランのツールまで提供している。今日(米国時間9/27)、Googleはトラベルプランとホテル予約を中心とする新サービスを発表した。 続きを読む

  • チャットで旅行の相談・予約ができる「ズボラ旅」が当日予約、宿探しのみのメニューを追加

    チャットで旅行の相談・予約ができる「ズボラ旅」が当日予約、宿探しのみのメニューを追加

    お盆休みも終わり、夏休みの思い出を胸に仕事に戻る人が多いことと思うが、まだこれから夏休みで「どこかへ旅行に行きたいけれど、まだどこへ行くか決めてない」あるいは「旅行プランを立てる時間もない」という人もいるだろう。 そんな人にピッタリなのが、漠然とした旅行の相談をLINEチャットで投げかけると、旅行プランを提案し、予約代行までしてくれるサービス「ズボラ旅 by こころから」だ。TechCrunch Japanでも何度か紹介してきたこのサービスに、新しいメニューが加わった。 ズボラ旅のサービスを提供するHotspringが8月16日、新メニューとし… 続きを読む

  • 台湾のFunNowはローカル向けクイック予約サービス――シリーズAで500万ドルを調達、アジアと日本の都市に展開中

    台湾のFunNowはローカル向けクイック予約サービス――シリーズAで500万ドルを調達、アジアと日本の都市に展開中

    最近の旅行ビジネスでは、AribnbやTripAdvisorなどの有力サービスが直前でも簡単にさまざまな予約を可能にするインスタント・ブッキングに参入しつつある。これは特にアジアで、香港のKlookなどのスタートアップが大成功を収めていることに刺激された面が大きいだろう。しかしインスタント・ブッキング・アプリがこう増えてはもうニッチは残っていないのではないか?  続きを読む

  • LINEと「Travel.jp」運営のベンチャーリパブリックが資本業務提携

    LINEと「Travel.jp」運営のベンチャーリパブリックが資本業務提携

    LINEと旅行比較サイト「Travel.jp」を運営するベンチャーリパブリックは7月11日、旅行事業分野で資本業務提携契約の締結を発表した。8月1日付けでLINEはベンチャーリパブリックに34%の出資を行い、関連会社とする。また、LINEからベンチャーリパブリックへ取締役3名と監査役1名が派遣される。ベンチャーリパブリック代表取締役社長の柴田啓氏、代表取締役副社長の柴田健一氏は引き続き、ベンチャーリパブリックの経営を受け持つ。 続きを読む

  • Airbnbが日本の旅館業法の改正で予約をキャンセルされたユーザーのため$10Mのファンドを設立

    Airbnbが日本の旅館業法の改正で予約をキャンセルされたユーザーのため$10Mのファンドを設立

    Airbnbは、シリコンバレーで生まれた共有経済ブームの口火を切った企業のひとつで、その旅行者向けサービスプラットホームは現在の評価額が300億ドルに達する。それは、人びとがプライベートな家を宿泊などのために予約できるサービスだが、国によっては厳しい規制にぶつかることもある。 Airbnbは日本で、法律の改正でホストに免許を義務付けることになったため、大量の予約をキャンセルしなければならなくなった。 続きを読む

  • Airbnbの予約時前金が安くなった、ただし総額250ドル以上なら

    Airbnbの予約時前金が安くなった、ただし総額250ドル以上なら

    Airbnbが今日(米国時間1/16)、ユーザーのお勘定を楽にする機能を発表した。その機能は名前もずばりPay Less Up Front(前払いを少なく)で、予約時に少しだけ払い、残りはチェックインが近くなったら払う。 これまでは、Airbnbのユーザーは予約時に全額払っていた。週末旅行程度なら、それでも大した額ではないが、長期滞在で全額前払いはきつい。 続きを読む

  • WineryGuideはその名のとおりワイナリーのガイドだ(目下カリフォルニアのナパヴァレーに限定)

    WineryGuideはその名のとおりワイナリーのガイドだ(目下カリフォルニアのナパヴァレーに限定)

    ワインとガイドブックの両方が好きなぼくは、WineryGuideに目がとまった。Aga/Mariusz Andryszewski夫妻が作ったこのサービスは、ナパヴァレーのワイナリーのコンパクトでスマートな詳しいガイドだ。 CTOのMariusz Andryszewskiは曰く、“WineryGuideには、プロのワインコンシエルジュが長年蓄積した経験や知識とツアーガイドが、簡単なユーザーインタフェイスの下に詰め込まれている。よく聞かれる質問に最新の技術を使って答えているし、ユーザーが今いるところから行きたいところへどうやって行く… 続きを読む

  • IPO前のAirbnbが2017年にやるべきこと

    IPO前のAirbnbが2017年にやるべきこと

    Airbnbは次の長旅の間の素敵な宿泊場所をみつけてくれるが、その旅程全体につきあってくれれば更に良いものになるだろう。その目標へ向けて、2008年の立ち上げ以来ずっと同義だった「民泊(バケーションレンタル)」から踏み出して、2017年のAirbnbにはその視野を大きく広げて欲しい。 続きを読む

  • 中国最大のオンライン旅行会社Ctripが、フライト検索会社のSkyScannerを17億4000万ドルで買収

    中国最大のオンライン旅行会社Ctripが、フライト検索会社のSkyScannerを17億4000万ドルで買収

    スコットランドを拠点とするフライト検索会社Skyscannerが、中国の大手オンライン旅行会社Ctripによって買収された。価格は14億ポンド(およそ17億4000万ドル)である。 買収は主に現金で行われ、今年の終わりまでには完了する予定だ。買収完了後も、SkyScannerはCtripとは独立して運営されることを、双方が表明している。 続きを読む

  • 今やGoogle Flightsは、フライト運賃が値上がりする日も予想して教えてくれる

    今やGoogle Flightsは、フライト運賃が値上がりする日も予想して教えてくれる

    Googleが提供する航空運賃検索のGoogle Flightsは、既に低コストのチケットを探すための様々な機能を提供しているが、今日また1つの機能を追加した:特定のフライトに対していつその価格が上がることが予想されるかを教えてくれる機能だ。これを使えばチケットが更に高くなる前に予約を行うことができる。また、同時にGoogleは、複数の選択肢のなかから最安値のチケットを購入する際に役立つその他のヒントも登場したと発表した。これに加えて、Google Hotelもアップグレードされていて、こちらもお得な取引を行いやすくすることに力を注いでい… 続きを読む

  • Peek.comが1000万ドルを調達、Yelpとのパートナーシップを通じて販路を拡大

    Peek.comが1000万ドルを調達、Yelpとのパートナーシップを通じて販路を拡大

    Peek.comは「1000億ドル規模のアクティビティ市場におけるOpenTable」になるため、エクイティファイナンスで1000万ドルを調達したと、同社の共同設立者兼CEOのRuzwana Bashirが発表した。 サンフランシスコを拠点とし、ユタ州のソルトレイクシティにも複数のオフィスを構えるPeek.comは、旅行者や地元の人に向けて、ツアーやテイスティング、レッスンといったアクティビティの検索・ブッキングサービスをオンラインとモバイル経由で提供している。 続きを読む

  • Googleマップ・アプリ、簡単に複数目標の設定が可能に―タイムラインにメモも書ける

    Googleマップ・アプリ、簡単に複数目標の設定が可能に―タイムラインにメモも書ける

    Googleマップのモバイル・アプリがウェブ版マップと同様に複数目標の設定が簡単にできるようになった。夏休みのバカンス旅行でこの待望の機能を使えばルートに好きなだけ観光スポットを追加できる。訪問するスポットの順序を入れ替えるのも簡単だ。 新機能はまずAndroidアプリに追加されるが、iOS版もそれに続く予定だ。 続きを読む

  • 社員に出張費の節約を促すRocketripが900万ドルを調達

    社員に出張費の節約を促すRocketripが900万ドルを調達

    Rocketripは、社員にギフトカードなどの報酬を提供することで出張で使う経費を削減するモチベーションを高めることができると考えている。このスタートアップは各出張につき「目標予算」を設け、削減できた分を会社と分け合うことができるようにする。 このコンセプトは初期の段階から人々を惹きつけてきた。ニューヨークに拠点を置くRocketripは、 Bessemer Venture Partnersをリード投資家に、既存投資家のCanaan Partners、Genacast Venturesから新たに900万ドルを調達した。 続きを読む

  • 宇宙観光、大きく近づく―ジェフ・ベゾスのBlue Origin、同一機体の打上げ・回収に4回連続成功

    宇宙観光、大きく近づく―ジェフ・ベゾスのBlue Origin、同一機体の打上げ・回収に4回連続成功

    Blue OriginはNew Shepardブースターと乗員カプセルの宇宙への打ち上げと安全な回収に成功した。用いられた機材は過去3回軌道飛行に成功しており、これで4回目の宇宙旅行となった。ジェフ・ベゾスのBlue Originは世界で最初に宇宙観光旅行を提供する民間企業となるという目標に向けて大きく前進した。 続きを読む

  • Airbnbが「City Hosts」プログラムを開始、旅行者に現地の体験ツアーを提供

    Airbnbが「City Hosts」プログラムを開始、旅行者に現地の体験ツアーを提供

    Airbnbは、一般的な宿泊先や印象に残るホテルに泊まるのとは違う個性的な旅行体験をゲストに提供することで有名になった。現在、Airbnbは旅行体験全体を新しくする方法を検討している。ゲストが現地の生活に触れることができる体験ツアーを専属のガイドと回るサービスだ。 続きを読む

  • 地図上のピンやメモ情報などを(旅行目的などのために)完全にカスタマイズできる便利アプリRelay

    地図上のピンやメモ情報などを(旅行目的などのために)完全にカスタマイズできる便利アプリRelay

    今の地図アプリケーションは、どこかへ行くためのナビ役とか、目当ての企業やお店を探すためなど、実用目的で使うことが多くて、“おもしろい”とか“楽しい”という要素はあまりない。そこで、このたび登場したRelayは、それを変えようとする。この単純だけどうまくできてるアプリは、ユーザーに今度の旅行のためのカスタムマップを作らせてくれるので、一枚の地図の上に行きたい場所や行くべき場所をすべて載せて、それらを視覚化できる。 たとえば、行ってみたいレストランや、美術館や劇場のような観光スポット、買い物を… 続きを読む

  • Airbnbが旅行ガイドブックとアルゴリズムによる最適な地域、宿泊先マッチング機能を実装

    Airbnbが旅行ガイドブックとアルゴリズムによる最適な地域、宿泊先マッチング機能を実装

    昨年11月、Airbnbが私有物件を貸し借りするP2Pマーケットプレイスの役割から「体験」の提供へと拡張するための検証を行っているようだとTechCrunchで報じた。この「体験」には詳細な地元のガイドや旅行先で使用できるプリペイドカードなどの施策が含まれる。現在Airbnbは拡大し続け、3万4000都市の200万物件を掲載するまでになり、新たな施策を展開しようとしている。 続きを読む

  • 旅行ブログを自動で作成してくれるPolarsteps

    旅行ブログを自動で作成してくれるPolarsteps

    旅をすることはとても楽しく、そしてわくわくする体験だ。未開のアマゾンを探検するなどは、考えてみるだけでも興奮してしまう。家族など身の回りの人も、旅するあなたのことを羨ましくてしょうがなく感じるはずだ。そして旅行時に自動的に旅行ブログを綴ってくれるPolarstepsなどを使えば、さらにまわりの人の羨望の気持ちは大きくなるのかもしれない。 続きを読む

  • 東京発のHotaruは5ガロンの同じ水を2週間使える超節水型移動式シャワー

    東京発のHotaruは5ガロンの同じ水を2週間使える超節水型移動式シャワー

    今年のSXSWは、持続可能性がトレンドで、そっち方面のスタートアップが数社登場していた。そのひとつ、Hotaruは、水を再利用する可搬式(移動式)のシャワーだ。 この東京の若きスタートアップは、Taizo Sonからエンジェル資金をもらっている(金額は非公開)。同社の折りたたみ式シャワーは複数の水タンクを使って、水を貯えたり浄化したりする。CEOで協同ファウンダーのRiki Kitagawaと協同ファウンダーのRyo Yamadaによると、シャワーに使用した水の95〜98%を回収、再利用できる、という。 続きを読む

  • トラベル情報のSkyscanner、Yahoo Japan他からの1.92億ドルでアジア進出を加速

    トラベル情報のSkyscanner、Yahoo Japan他からの1.92億ドルでアジア進出を加速

    今日(米国時間1/12)、イギリスのエジンバラに本拠を置くトラベル検索エンジンのSkyscannerは1億2800ポンド(約1億9200万ドル)のベンチャー資金を調達したことを発表した。 同社は評価額を明らかにしていないが、Financial Timesは評価額は16億ドルと推定され、めでたくユニコーン〔評価額10億ドル以上のスタートアップ〕の仲間入りをしたと報じている。 続きを読む