Adobe-Flex

Adobe、Flex 2をリリース

次の記事

ShopWiki、ユーザー投稿ビデオ獲得のため$25,000拠出

Adobe社はFlash Player9と一緒にFlex 2のプロダクトラインを明日(米国時間6/29:訳注:実際は6/27に既にリリースされている)リリースする。Flexは、FlashやAjax、または両方を活用したリッチなウェブアプリケーションを構築するための開発者用ウェブ開発環境である。Flexの主な利点は、Flashアプリケーションの開発が随分と簡単になり、またJavascriptを簡単に組み合わせ機能豊かなリッチ・ウェブアプリケーションを構築することが可能となったこと。過去にも多くの開発スィートが、リッチ・ウェブアプリケーションの開発プロセスを簡単にすると提唱してきたが、結局のところシンプルで最も柔軟性があるソリューションということで、殆どの開発者がテキストエディターとJavascriptライブラリーだけを使い続けている。

Flexは正しい方向に向かっているようで、Flashアプリケーションの構築を、または、将来的にはAjaxのフル・アプリケーション開発を支援するパワフルな環境を開発者に提供している。 IDE(統合開発環境)は、すでに非常に人気のあるオープンソースのEclipseをベースにしている。Flexはシンタックス・コンプーション(syntax completion)、統合コンパイラ、リアルタイム・デバッガーのサポートを追加することで、ウェブアプリケーションのデバッグ作業で良くある苦労を省いてくれる。

Adobe社はFlexプラットフォームにおいて新しい料金体系を採用しているが、ベーシックのFlex SDKは現在は無料。この分野(アプリ開発環境)としては、多くのオプションがあるが、一番人気があるのは、オープンソースのウェブアプリケーション開発環境であるOpenLaszloである。Flexは、既に十分素晴らしい機能を備えており、他のAdobeアプリケーションとも互換性があることから、クールなアプリを制作したいが「ActionScript」と「Javascript」の細かい詳細まで勉強する根気がないウェブアプリケーション開発者に受けるのは間違いないと思う。Adobeはウェブサイト上でFlexを使って制作されたサンプルアプリケーション開発者用のリソースを多数公開している。

Adobe社のePublishing Businessのジェネラルマネージャー(GM) Bill McCoy氏は、彼のブログにこの発表のオーバービューを公開している。また、Adobe社は、昨日(米国時間6/27)Flex開発者向けの新しいリソースサイトとしてFlex.orgも公開した。

[原文へ]