ニュース

Google Checkoutはローコスト決済を売り手に可能にしてくれる。私にとってはどういう意味(メリット)があるだろう?

次の記事

Yahoo! Messenger Mac用 IM バージョン3.0をリリース

Google Checkout が今日(米国時間6/29)の早朝にスタートしたことで、オンラインショッピング業界を大きく変えることになるかもしれない。Google Checkoutのシステムは、ショッピングとセールスのやりとりに関する膨大な量になるであろうデータへのアクセスと引き換えに、売り手側に低い決済手数料を提供し、オンライン上の買い手と売り手の間を仲介する。買い手側にとってのはっきりした利益というのは見られない。

10 ドルのディスカウントが(キャンペーンに)参加している多くのオンラインストアに見られる。しかし、私にとって、すでに他になじみのあるシステムが存在する暮らしの中にGoogle Checkoutを新たに歓迎するには、他のサービスで既存のものを上回る機能が必要だ。

PayPalのように蓄積されたバリューシステムとちがって、 Google Checkoutは買い手にとっての同一のショッピングアイデンティティのようなものだ。買い手は、クレジットカード番号をひとつの会社(Google) にのみ教えることで、後々、買い手がオンラインショッピングした複数のオンラインストアからメールを受け取ることを制限できるということになる。私は Googleをいったいどれだけ信用するのか定かでないし、このような情報をGoogleに与えるにはもっと説得力のある機能が必要だ (私はGmail を利用している。すばらしいシステムだから)。私はオンラインストアがPayPalとGoogle Checkout両方のサービスを提供してほしいと望んでいるが、実現し得るようにはとても見えない。

Google Checkoutサイトは初期段階にある。プログラム開始時点でたった100程のオンラインストアがリストアップされているにすぎないし、プログラムのページにリダイレクトする有効なURLは少数だ。プログラムは-メディアから注目を集めてはいるが- そのページのほとんど全てを売り手の利益について述べることに費やしている。システムは売り手を米国内に限っている。多くの人々はPayPalのサービス利用可能国の数を上回る数の国々でのサービスを望んでいた。

AdWords参加者は、彼らがGoogleでの広告に費やした$1につき$10の売り上げが無料で処理される、という追加の特典を得られる。決済手数料は驚くほど低い、ざっとPayPalの基本レートの約2/3だ。

サービスの料金体系は結果的にはGoogleにとって利益のあるものかもしれないが、主要なここでのストラテジーはショッピングデータへのアクセスということかもしれない。その場合、最大の疑問に見えるのは消費者がGoogleのブランドを残り全ての世界中のデータにアクセスすることについて信用するのだけでなく、私たち自身の個人データをオンラインショッピング業者の世界からプライベートに保存する場所として見なすのかという点だ。売り手側にとっては PayPalを上回る利点がはっきりしているが、消費者が好意的に受け止めるかどうかというのが私の疑問だ。

私は自分のPayPalアカウントに一定の金額を預けておくこと、月々の購読料を自動支払いにしておくことが好きだ。いずれもGoogle Checkoutでは選択肢として可能でないようだ。私は、もし(Google CheckoutとPayPal間で)、選択肢がある場合にPayPalを利用せずにGoogle Checkoutを使うのか理由がわからない。もし、選択肢がないとしたら不快感を抱くだろう。もしかしたら、いつか、私の購買活動パターンの全てのデータが、私がMinority Report的な広告を通じて見るのに興味があるような広告をよりよくGoogleスタイルで提供するために使用されるのかもしれない。私にはわからない。

[原文へ]