CouchSurfing 自爆して消滅へ

次の記事

Guruza、IM でエキスパートに質問

これは全くめちゃくちゃな話だ。 9万人もの登録メンバーに愛されてきた CouchSurfingは3年目を迎えたところで、データベースのクラッシュによって重要なデータとプログラムに回復不能の損傷を受け、さらにバックアップが正常に動作しないという目に遭った。運営者はサービスの再建を断念、文字通り店じまいとなった。
CouchSurfing は登録メンバーが自宅を旅行者に無料で提供するサービスだった。設立者の Casey Fenton氏は次のようなメールをすべてのユーザーに送った(どうやらその名簿だけは失われずにすんだとみえる)。

CouchSurfing メンバーの皆さん:

2日前、CouchSurfing はまったく大嵐ともいうべき経験をしました。われわれが雇ったデータベース管理者が致命的なミスを2つもしてしまいました。最初に操作ミスによってハードディスクのクラッシュが起きました。続いてインクリメンタルなバックアップからの修復が正しく行われなかったため、もっとも重要な12のデータファイルが失われました。

私はノンストップでデータの修復を試みてきました。しかしながら、たいへん言いにくいのですが、いくつかの決定的に重要な部分は回復できないことが明らかになりました。このクラッシュは新しいバックアップ方法に乗り換えている最中という、いちばん都合の悪い時期に起きました。もし1週間前、あるいは来週に起きたのなら結果は違ったものになっていたはずなのですが。重い心で事実に直面しなければならなくなりました。 皆さんがご存知のようなCouchSurfing はもはや存在しません。われわれはすばらしい2年半を過ごしました。

CouchSurfingのメンバーはよく「人生が変わった」と投稿してきます。CouchSurfingは間違いなく私の人生を変えましたし、またそのことをこれからもずっと感謝していきます。

私のビジョンは実現しました。CouchSurfing は世界中の興味ある人々にぜひとも会いたい、いろいろな文化を体験したいという私の夢から生まれました。そして私の生活となり、やがて10万人にも達してなお増えつづける家族となったのです。このコミュニティーは私が思いもよらなかったかたちで美しく花開きました。もはや問題は私が何を経験するかではなく、このコミュニティーが世界に提供する心打つ本当の貢献となったのです。 われわれは単に家のドアを開いただけなく、心を、生活を開いたのです。重要な時間を共有することによって深い、意味のあるつながりが海を大陸を文化を渡って結ばれました。CouchSurfingを通して、みなさんメンバーからは、単に旅行のしかただけでなく、世界を変える力を見せていただきました。ありがとう、 CouchSurfing、メンバーの皆さん。あなたがたは私が想像もできなかったことを見せてくれました。 皆さんの寛大さと精神は人間性に対する贈りものです。

私はこの3年間の生活をCouchSurfingに捧げてきました。私はこのサイトに文字通り最後の1セントまでつぎ込んできました。私は健康、時間、自分自身で旅行し、人に会う機会をすべて犠牲にしてきました。

いろいろな意味で自分の生活も旅行熱も棚上げにしてこのネットワークを作ってきました。グチを言っているわけではありません。それはすばらしい経験でした。考えればたいへんな経験でしたが、しかしどうやら終点に来たように思えます。

人生は絶えざる変化と発展と再生です。山火事の後で大地は再生し、嵐の後で空気は清浄化されます。CouchSurfingの喪失も、そういった定めのように思えます。このクラッシュは宇宙からの信号のようなものだったのではないでしょうか。あまりにも多くの偶然がダメージをこれほどまで大きくするような形で重なりました。そしてもっとも優秀なデータベース管理者を雇うなど私にできるだけのことをしてきたのですが、それでも被害を回復することはできなかったのです。多くの面でこれは悲しむべき出来事でしたが、同時に、ひとたびわれわれが作り出したものは死んだのではなく、われわれ一人一人の中に生きているのです。CouchSurfingはわれわれが作ったつながりの中に、われわれが生んだそ文化のなかに生きつづけます。 私たちはCouchSurfingの精神を受け継ぎ、世界に広めつづけます。われわれはこのビジョンを共有し、人々の関係を変えていく可能性を感じてきました。いま、われわれは皆この夢を葬り去ることなく、それぞれのやり方で育て、探求していく試みに乗り出す時なのです。われわれはそれぞれがCouchSurfingの炎を携えています。その炎を守り、世界を照らしていけるかどうかはわれわれにかかっています。 だから始めましょう。世界を照らしましょう。あなたならこの炎で何をしますか?

お休みなさいCouchSurfing。われわれの炎が明るく燃えんことを。

I love you、

Casey
激励や感想、ポジティブなメッセージを送る場合はこちらへ。 shunyata@couchsurfing.com

CouchSurfingは過去最高にバカげたかたちで TechCrunch DeadPool (日本語)入りをした。David Weekly氏(DeadPool入りをしたこの会社のファウンダー。彼のもうひとつのサイトは健在)がこの情報を知らせてくれた。ありがとう。

[原文へ]