ニュース
FileMobile

FileMobile、マルチメディア共有サービスのレベルアップ!

次の記事

Supernovaのスタートアップ12社

FileMobileはメディアファイルをオンライン上に保存、共有、作成する新しいサービス。Flashベースのサイトは9月までアルファ版だという。サイトは、ビデオ、写真、音声、ドキュメントをサポートしている。また、Flashアップローダー、電話からのメール機能、またFlashアプリケーションを通じてビデオを直接ユーザーのFilemobileアカウントに登録できる容量が用意されている。9月のベータ版以降は、音声ファイルも直接 FileMobileに登録できる予定だ。

FileMobieを支えるチームはトロントを拠点としており、もともと自己資本で設立されたが、現在は開発を継続するために、b2bの契約を進め資金を確保している。FileMobileの実際の活用例はカナダのEdgefestScene Music Festivalsで見ることができる。

アルファ版のアカウントは無料で250MBのデータ保存容量と25MBアップロードサイズ制限がある。それ以上の有料アカウントと機能は9月にリリースされる予定だ。同社はコンセプトの基本的な証明という段階を越え、消費者に直接、商業サービスを提供可能にするためにインフラを整備している。

FileMobile は主にブロガーとメディア企業の2つをターゲットにしている。ブロガーたちは幅広いブログソフトウェアに対応した自動アップロード機能を好むだろう。メディア企業は、ユーザーが制作したメディアを簡単にアップロードする方法を提供する点を好ましく思うだろう。FileMobileのシステムが、これだけ多様なタイプのメディアを簡単にアップロード、共有を可能としたのはほんとうに見事なことである。ビデオ、写真、音声それにドキュメントがひとつのシステムによってサポートされることがロジカルなことであるだけなのだが…。Multiply.comは類似の機能を提供し、記事として取り上げるのに値するもうひとつのサービスだ。

去年の11月に、Mikeが “Comparing the Flickrs of Video (ビデオ版Flickrの比較)” をポストしたとき、この比喩表現(Flickrs of Video)はうなづけるものであった。ただ、写真とビデオファイルの両方をサポートするサービスが増え続ける中で、果たしてこの比喩表現がこれからも適切なものなのかは私には分からない。FileMobileは(業界の)水準をはるかに引き上げるものとなると私は思う。今秋のアルファ版からの脱出が楽しみである。

[原文へ]