ニュース
XHTMLized

XHTMLizedは、ユーザーのデザインをコードに変換してくれるサービス

次の記事

フィルタリングビデオ共有サービスのMetaCafe社、1500万ドルの追加資金調達

WEBサイトのデザインはできるがCSSやXHTMLにコーディングする時間がない、資源がない、単にそういうことをやりたくない、というユーザーは、3ヶ月前に誕生したばかりのXHTMLizedサービスをチェックしてみるとよい。このサービスではユーザーから寄せられたデザインを世界各国に散らばるプログラマーに外注し、5日間でコーディングする。またXHTMLizedは単に素早くコードを書いてくれるだけでなく、「検索エンジン最適化、アクセシビリティーのノウハウ、マイクロフォーマット、ALAテクニックの利用などスマートな解決法を提供」すると宣言している。料金は1件あたり150ドルからとたいへんお手ごろで、もし出来上がったものが気に入らなければ支払いの必要はない。

XHTMLizedはFuturetrack5のDave Rosen氏、Stan Dzavoronok氏、Ilya Sabanin氏、Dmitry Sabanin氏らによって作られた。

彼らからの投稿によると、

スタートしてからもうすぐ3ヶ月になるが、 XHTMLizedは順調に成長している。満足した顧客の皆さんにたくさんの”(一休み/お得なサービス)”を提供している。それぞれデザインに応じて価格が見積もられるが、平均は149米ドルだ。ほとんどの注文は2、3日で完成しているが、XHTMLizedはどんな納期でも間に合わせることができる。XHTMLizedでは7カ国にまたがる12人のXHTML/CSS専門家がBasecamp APIツールの高度な利用を通じて共同作業を行い、サーチエンジン最適化、アクセシビリィティーについてのノウハウ、microformatやALAテクニックの利用などスマートな解決法を提供している。XHTMLizedはユーザーのデザインを元にしたブログの構築、CMSのテーマ作成やtableタグを利用した古い手法で書かれたWEBサイトのリニューアルなども行っている。

(訳注:ALA“A List Apart Magazine”という、CSS/Webデザインの世界では有名なWEB標準を使ったデザインについてのオンラインマガジン)

[原文へ]