Zillow さらに2500万ドルの資金を調達

次の記事

インスタントメッセージとグーグルへの苦言

Seattleを拠点とするZillowは、2005年にBenchmark CapitalとTechnology Crossover Venturesであわせて3200万ドルの資金調達をしていたが、今回新たに2500万ドルを集めた。今回のラウンドは新しい投資家、BostonベースのPar Capital Mananementからとのこと。バリュエーションについては公表されていない。このアナウンスメントは最近の(それも大型の)Yahooとの提携発表の直後に続く威勢のいい話。

Zillowは、基本的には不動産の売買情報と地図情報のマッシュアップ(mashup)サイトであるが、これで5700万ドルの資金を調達したことになる。118人の従業員を賄っていく以外には、この資金が何に使われるのか明らかではない。John CookがZillowについて最近の統計情報を含め詳しく書いているが、ポイントとしては、6月のユニークビジター数が210万人で、不動産系サイトでは11位にランクされているということ。

また、別のSeattle拠点のスタートアップ会社、Jobsterも大規模な資金調達を最近完了、これまでの調達額の合計が5000万ドル近いものとなった。

[原文へ]