Pornotube

YouTube に18禁のクローン登場

次の記事

質問・探索・ブックマーク:3拍子揃ったOtavo

ポルノ業界は、いつの世も”アーリーアダプター(目新しいモノがあると骨髄反射で飛びつく奴ら=根っからのスケベ)”を落としたモデルが勝つ世界だ。アダルト系も新しいウェブ機能を備えたサイトはここで何度か取り上げてきた(一番騒がれたのはHeatseekSocial Porn)。YouTubeモドキの機能を備えたPornoTube (注: 職場向きではありませ ん)はトレンドの最先端をいくサイトだ。YouTubeがポルノ厳禁のポリシーを明確に打ち出しているのに対し、PornoTubeはまさにこれとは真逆、18禁が掟だ。

PornoTubeはユーザーがアップした動画をFlashでオンデマンド配信して くれる(当ブログのスポンサーのAdobeもこれは自慢になるね、間違いない)。アップできる素材は動画、音声、写真などで、サイトのデザインは驚くほどいい。評価やコメントなどのソーシャルネットワーク機能はもちろん、動画はすべてタグ対応。Tag Cloud経由で見るのも自由、ストレート、ゲイ、なんでも来いだ。いろんなカテゴリーごとにRSSフィードも用意。サイトに埋め込んで楽しむこともできる。

サイトは無料。無料エロ動画の入手先と言えばギーク の間では随分長いことbittorentと相場が決まっているが、PornoTubeはコンピュータを持ってる人なら誰でも使えるところがすごい。似たようなコンテンツをせっせと貯めこんでいるサイトにとってはディスラプティブ(破壊的)な存在となり得るだろう。もっともPornoTubeもYouTubeと一緒で著作権がきっと頭の痛い 問題になるだろうから、そういうコンテンツは徐々に削除していかなくてはなら ないだろうけどね。

ロゴ脇の’beta’の4文字に注目。こういうのが好きな人は今すぐチェック!

[原文へ]