Zillow、APIとモバイル機能を追加

次の記事

TechCrunchスポンサーの皆さん、ありがとう!

大規模な追加投資を受け入れたばかりのZillowは、最近いくつかの新機能を発表した。ひとつめはZillow API。自社サイトへのトラフィック誘導に必死になる多くの不動産業者には喜んで使ってもらえるだろう。ふたつめはZillow モバイル機能。つまり、メール/SMSで”Zestimate”(Zillowによる不動産の価格の見積もり。Zillowとestimateの造語)を通知してくれるというわけだ。

Zillow APIはまだ開発中だが、Zillowブログでは一部の詳細が明らかにされている。YahooはすでにZillow APIを利用しているし、不動産業者向けにウェブサイトを制作する会社のテストサイトは、ここでチェックできる。

モバイル機能を利用することで、不動産の価値をメール/SMSで知ることができる。利用するには、テキストメッセージかメールで知りたい不動産のアドレスをz@labs.zillow.comに送信するだけでよい。SocketSiteに同感だ - Zillow Mobileを使えば、ディナーパーティに招待された時、ホストの家がどのくらいの価値に相当するのか、家に帰るまで待つ必要だってなくなる。もちろん、オープンハウスを訪れた際にその周囲の不動産価格をチェックするという利用法もありだ。

[原文へ]