Google Picasa、Macで利用可能に… なりそうか?

次の記事

調べ物が百倍楽しくなるツール、Diigo

Googleは今夜(米国時間8/2)Mac用のウェブアップローダリリースした。 これはあいかわらずWindows版しか存在しない「Picasaデスクトップ」のMac版のリリースではない。しかしやっとMacユーザーはデスクトップまたはiPhotoからオンラインの「Picasa Web Album」へ写真をアップすることができるようなった。

大半のMacユーザーにとって、これではまだFlickrや他似たようなオプションからPicasaに乗り換える理由にはならなさそう。しかし、とにかくGoogleがMacに対し今までより真剣に扱うようになってきた兆候ではある。早くPicasaのMac版フルバージョンを出してほしいものだ。

今回の新バージョンは検索チームのサイドプロジェクトで、検索チームのエンジニアTed Bonkenburgが中心になり、PicasaチームのGreg RobbinsとMike Mortonが協力した成果。

Mac版がサポートされてないという点以外にもPicasaには不満がある。一番大きいのはオンラインとデスクトップのアルバムの同期が取れないことと、オンラインの容量が250MBしかないこと。Picasaユーザーは年間25ドルの料金で6GBまでアップグレードはできるのだが。

今回のリリースはそれで結構だが、Picasa フルバージョンのMac版を作るのはGoogleにとって片手間仕事ではないはず。同期機能の実現と共にPicasaチームの最重要課題として取り組んでもらわなくては困る。

[原文へ]