ニュース
Feedburner(企業・サービス)

Feedburner、ブログNetworksをテスト

次の記事

Hubpagesローンチ、Hummer Winbladから200万ドル調達

Feedburnerは”Networks”という新サービスのテストをしているようだ。これは、RSSフィードの配信にFeedburnerを利用しているブログを特定のトピックについてグループ化したものだ。ユーザーはこのカテゴリーに属するすべてのブログをマッシュアップしたフィードを購読できる。たとえばこのフィードはベンチャーキャピタルに関するグループで(ちなみ、私もこのフィードをの購読登録したところ)、このネットワークに属するブログのすべての記事がリストされる。

Feedburnerはこれについては沈黙を保っているが、Feedburnerの投資家である、Mobius Venture CapitalのBrad Feld とUnion Square VenturesのFred Wilsonの2人がブログでこれについて書ている。

エントリー内で、Bradは、FeedburnerはいくつかのNetworkをテストしていると書いており、Fredは、裁縫、ガレージミュージック、スキューバダイビングなどが考えれられるトピックスの例として上げている。

ベンチャーキャピタル(VC)のネットワークには現在17のフィードが含まれる。リストは、ここ。ブログパブリッシャーからの観点でネットワーク加入の目的は、読者を増やすこと(ネットワークでの1人の購読者カウントは、個々のブログの購読者にもカウントされるものという想定だが)。と、それに加え、広告収入が得られるということ。Feedburnerは現在妥当なCPM単価(表示回数ベース単価)でフィード内に挿入される広告を販売している(私の経験では、セル・スルー率(販売完了率)は非常に低いのだが)。上記のリンク先のページには、ネットワーク内のブログの購読者数のトータルも載っている。ただ複数のブログで重複する購読者をダブルカウントしているのか、重複を除外した数字なのかはっきりしない。

ここでいちばん問題になるのは、あるトピックにどのブログを加えるかをどういうルールで決めるのかということである。今のところ、きちんとしたクオリティーコントロールが行われるのかも不明瞭だ。Bradはブログエントリー内で、それぞれのネットワーク(トピック)ごとに適切なブログだけが含まれるようgatekeeper(管理者)が置かれると言っている。しかしあるトピックに対して質の高いブログはどれなのか、なにか基準が設定されているようには思えない。これではまずいことになる可能性がある。もしブロガーなりネットワークコーディネータなりが、勝手な基準でグループに加えるブログを選び始めたりすると悲惨なことになる。ブログのネットワークに誰を入れて誰を入れないかをめぐっての政治的な動きには手に負えないものになり得る。これは個人的な体験からそう言える。

Feedburnerについてのこれまでの記事はここ(英語) ここ(日本語)

[原文へ]