ニュース
Sharpcast

全データをシンク(同期)!~Sharpcastの挑戦

次の記事

Browster 2.0、MySpaceを利用しやすく

MobileCrunchブログのOliverが今日、Sharpcastについて長文の記事を書いている。Sharpcastはデスクトップとウェブ、モバイルの各インターフェイスのデータを簡単に同期する写真ツール。いずれかの端末にログインするたびに全データが全インターフェイスに自動的にシンクされるので、モバイルもあたかもデスクトップのようなインターフェイスで使うことが可能だ。同社によればSharpcastの同期技術が変えるのは、写真の扱い方だけではないという。Oliverはこれを”Universal Push Synchronization Engine(共通プッシュ同期エンジン、の意)”と呼んでいるのだが、要はデータの種類を選ばないBlackberry技術のようなものらしい。

Draper Fisher JurvetsonやSelby Venture Partners、Sigma Partnersのような投資会社から$1650万のファンドを取り付けたSharpcastは、前途洋々だ。

RSSの分野を見て分かるように、複数プラットフォームを縦断的にシンクする技術の実現は口で言うほど簡単ではない。写真から一歩先に駒を進めることができたら、Sharpcastはかなり重要なテクノロジーになれるだろう。

※ Sharpcastに関する過去の日本語記事はこちら。英語記事はこちら。

[原文へ]