音楽をドル箱に換えたいYouTubeとGoogle

次の記事

Kiko、消滅へ

MySpaceの爆発的拡大を支えた起爆剤は音楽だ。YouTubeとGoogleも遅まきながら音楽をレバレッジする方向で動き出した。YouTubeはこれまで製作された全ミュージックビデオを同社のサイトに投じ、ホームビデオ、著作権ビデオが集まる場所という位置からの脱却を図る。 EMIとワーナーが既にYouTubeとこの可能性を話し合っているようだ (Gigaom) 。

合法コンテンツが増えれば、YouTubeはかなり高いサイト広告費を要求できるだろうけど、コンテンツのライセンシング事業は月100万ドルを帯域数利用料として負担する同社にとっては大きな賭けだ。同社の話では過去1~2年以内に製作されたミュージックビデオ全てが対象になるらしいが、これはかなり高額になる可能性も。

YouTubeはSequoia Capitalから少なくとも1150万ドルの投資を受けている。CEOのChad Hurleyが昨日明らかにしたところによれば、サイトは既に“かなりの収益”を上げており、 同社としては検索主導型広告や動画クリップ連動型広告よりむしろ今はブランド主導型広告とモバイル対応エクステンションの方に注目しているという。

YouTubeのバイラルな広がりがミュージックビデオに期待できるかどうか僕には疑問。身近な作品は1度は見るけど、他の人にまで回そうとは思わないような気がする。

一方Googleが本日発表したのはAnalytics主導の音楽サービスだ。 Google Labsが提供する新サービス“Google Music Trends”は、Google TalkのユーザーがiTunesやWinamp、WMPやYahoo Music Engineで視聴する曲をトラックするGoogle Trendsの新コーナー。個別およびアグリゲートによるトラックの両方ができるオプトイン・システムで、リストと検索結果には必ず音楽購入のオプションがついてくる。Google TrendsはGoogle Notebook、Google Co-opなどと一緒に5月に始まった事業。

将来的にはおすすめ機能も導入されそうだが、GoogleがGoogle TalkからMusic Trendsを発展させ、PandoraLast.fmMyStrandsその他企業のビジネスモデルに挑戦するのは予想の範囲。今日はちょうど、Google Calendarが鳴り物入りで参入したのを受け別のカレンダー企業が1社消えている。今はまだGoogle Music Trendsから直接音楽を聴くことはできないけどね。

Google Labsの試みはスマートだが、YouTubeのミュージックビデオ戦略はリスクが大きいような。交渉も(1個か複数かは分からないが)まだ成立したわけでは全然ないしね。

[原文へ]