Paris HiltonがYouTubeを救う?

次の記事

Salesforce、Google Adwordsと深い関係に突入

YouTubeは明日(米国時間8/22)、カスタムブランドのコマーシャルチャンネルをいくつかスタートさせる。YouTube収益化路線の最新の試みだ。奇妙なカルチャーアイコン、Paris HiltonがすでにYouTubeのトップページ(Homeページの右上コーナー)にフィーチャーされている。彼女は 火曜日のデビューアルバルのリリースにあわせてYouTubeに自らのブライベートチャンネルを開いた。FoxメディアはTV番組Prison Breakの宣伝をHiltonチャンネルに載せるため、額は不明だが、YouTube広告費を支払ったもよう。アルバムの制作はWarner Brothers。YouTubeは毎月100万ドル以上の回線コストを支払っていると報道され、一部からはこの巨大なトラフィックから収益を上げるビジネスを作り出すのは難しいのではないかと懸念されている。そこでParis Hiltonが救援にかけつけたという次第。

Warner Brothers Recordsのニューメディア責任者Robin Bechtelは今夜(米国時間8/22)Financial Timesのインタビューに答えて、Paris HiltonとYouTubeはお似合いの組み合わせだと言っている。お似合いかどうか議論してもしかたないが、YouTubeのHilton channelにはミュージックビデオ13本、Paris Hiltonの着メロのCM1本があり。カスタムデザインのブランディンがされていてのでスタンダードのYouTubeのページデザインよりずっと見栄えが良い。他のカスタムブランドチャンネルの内容は現在(今真夜中だが)まだ分からない。

YouTubeは2005年2月にスタート、Sequoia Capitalから少なくとも1150万ドルの資金を調達している。最近は毎日1億本以上のビデオを配信している(記事)とされる。CEOのChad Hurleyは、ビデオ中に挿入される広告より、カスタムブランド指向の広告に対して興味があると先週語っていたが、なるほどその戦略が今日現実として明らかになったわけだ。YouTubeはまた先週、過去2年間にリリースされたありとあらゆるミュージックビデオを配信したいと発表している。

カスタムブランドのチャンネルは著作権問題のあるコンテンツが投稿されるセクションから隔離されているだけにより高い広告料金を設定できるかもしれない。Paris Hiltonチャンネルを引きつづきウォッチするつもり。さらに何かわかればすぐに報告します。

【日本語版ひとこと】
YouTubeのパリス・ヒルトン・チャンネルはこちら
http://www.youtube.com/profile?user=ParisHilton

[原文へ]